【ネタバレ】ドラマ言霊荘第6話~死んだ方がマシ・・・言霊がまた現実に!?

言霊荘

2021年11月13日(土)夜23時『言霊荘』第6話のあらすじとネタバレになります。

―口は呪いの元―
発した言葉がすべて現実に…!? マンションの住人女性たちが《言霊》の力に苛まれていく――前代未聞の禁断のホラードラマが開幕します。夏は終わったのに、、怪談話はその後寝れなくなりそうな・・・でも見たいです。

主人公は、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う底辺ViewTuber・歌川言葉(コトハ)を演じるのは西野七瀬さん、テレ朝ドラマ初出演にして初主演です。
 友人の紹介で女性限定マンション「レディスコート葉鳥」の7号室へ移り住んだことをきっかけに、マンション内で発した言葉が現実になるという怪奇現象に巻き込まれ、《言霊》に翻弄されていくことに…!

第5話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】ドラマ言霊荘第5話~直接対決!呪縛霊の除霊は成功するか?
2021年11月6日(土)夜23時『言霊荘』第4話のあらすじとネタバレになります。 ―口は呪いの元― 発した言葉がすべて現実に…!? マンションの住人女性たちが《言霊》の力に苛まれていく――前代未聞の禁断のホラードラマが開幕します。夏は...

スポンサーリンク

ドラマ言霊荘・第6話あらすじ

岩戸志麻(斉藤由貴)の除霊によって《言霊》の呪いを封じ込め、歌川言葉=コトハ(西野七瀬)たち住人女性はアパートに平和が戻ったと安堵する。そんな中、阿木紗香(三吉彩花)亡き後、空室となっていた1号室に女子大生の城崎雪乃(秋田汐梨)が越してくる。コトハたちと挨拶を交わしていると、ミスキャンパスの出場を控えていた雪乃に、ライバルの子が病気で辞退することになったと連絡が入る。

前日の夜、アパートの部屋で願っていたことが現実になったと喜ぶ雪乃に、コトハたちは一抹の不安がよぎる。雪乃は大金持ちになることが夢で、セレブと知り合いになるために絶対にミスキャンに優勝すると意気込み、「大金をつかめない人生なんて死んだ方がマシ」と言い切る。

そんなコトハたちの心配をよそに、雪乃は見事ミスキャンで優勝する。さらに、雪乃は次々と口にした夢を叶えていき、IT社長から1千万円ぐらいプレゼントされて有頂天に。その一方で住人女性たちには、発したことが現実になるという現象が立て続けに起こる…! 

スポンサーリンク

雪乃が非業の死を遂げる

《言霊》の呪いは封印したはずなのに、なぜ…!? やがてコトハの不安は現実となり、再び動き出した《言霊》の呪いが。

雪乃は管理人室を3回ノックした。コトハも3回ノックを3度繰り返した。そのノックが偶然封印が解けてしまった可能性がある。

そんな中、雪乃にIT社長から送られてきたお金は、港区で発生した誘拐事件の身代金だった。彼に電話するがつながらない。

雪乃は刑事の目を盗んで外へ出る。

管理室前で怯える。外に出ようとしたとき足をつかまれ、風見鶏の矢が首が刺さって死んでしまった。

雪乃は「大金がつかめなかったら死んだほうがまし」をつぶやいていた、これが言霊になり現実になってしまった。

スポンサーリンク

言霊荘相関図

スポンサーリンク

ドラマ言霊荘キャスト

メインキャストの紹介です。公式ホームページからです。

歌川言葉〈コトハ〉(うたがわ・ことは) 西野七瀬

25歳。底辺ViewTuber。言葉の力を信じ、人々の幸せを願う、夢見がちで天真爛漫な天然女子。「前向きな言葉は幸せを運びます」「夢や願いを言葉にし続ければいつか必ず叶います」「ポジティブな言葉で幸運を引き寄せましょう」と無駄に明るく、『歌川コトハの引き寄せチャンネル』を通して啓蒙活動を続けているが、世間には響いていない。怖がりのくせに、好奇心旺盛。友人・紗香の紹介でレディスコート葉鳥の新たな住人となるが、やがて《言霊》の坩堝の渦中へと身を投じることに…。

中目零至〈レイシ〉(なかめ・れいし) 永山絢斗

30歳。自称、霊能者。嘘八百を並べて、祖母がイタコであることを売り文句に、霊感商法でぼろ儲けを目論むサイテー男子。だが、悪人になり切れない人の良さから、霊感商法でも成功は程遠く、他に取り柄もない。ひょんなことからコトハと知り合いになり、レディスコート葉鳥の怪奇現象に巻き込まれていく。自身には霊視能力などなく嘘だが、祖母がイタコというのは実話。

岩戸志麻〈トシマ〉(いわと・しま) 斉藤由貴

46歳。レイシの叔母で、普段は神社に勤めている女性宮司。弓道が得意。除霊師としての一面があり、コトハとレイシがレディスコート葉鳥の除霊を依頼するが、「霊の実態が判らなければ除霊は出来ない」「危険手当100万円」と突き放す。やがてコトハとレイシが言霊の真相に迫るや、除霊に立ち上がる。しかし、彼女にどれほどの除霊能力があるかは、誰も知らない。
 

スポンサーリンク

阿木紗香(あぎ・さやか)〈1号室〉 三吉彩花

25歳。作詞家。コトハの友人で、コトハをレディスコート葉鳥に招き入れる。なかなか売れなかったが、『歌川コトハの引き寄せチャンネル』を見て前向きに夢を語るうち、作詞曲が大ヒットする。

丸山栞(まるやま・しおり)〈2号室〉 中村ゆりか

26歳。東京都議会議員の私設秘書。自身も次期都議会選への出馬を目論み、その先には国政進出まで視野に入れる野心家。記者に自分の過ちや不正を追及されても、「記憶にありません」と強気に言い逃れる。

小宮山綾子(こみやま・あやこ)〈3号室〉 堀田真由

24歳。フリーアナウンサー。インターネット報道番組のワンコーナーを担当。フリーという弱い立場につけこまれ、報道局長から事実と反するニュースを読むよう指示され、葛藤する。

菊川麻美(きくかわ・あさみ)〈4号室〉 森田望智

29歳。医師。勉学一筋の真面目な人生だったが、初めて思いを寄せる男性が現れる。その男性は重い肝臓疾患を患っており、「どんな事をしてでも彼を助けたい」とレディスコート内で嘆く。
 

スポンサーリンク

林原早紀(はやしばら・さき)〈5号室〉 石井杏奈

24歳。小学校教師。普段は生徒想いの慎ましい女性に見えて、その姿とは裏腹の欲望が、あることをキッカケに剥き出しになる。

渡邊瞳(わたなべ・ひとみ)〈6号室〉 内田理央

31歳。雑誌編集者。聡明で博識。レディスコート葉鳥の謎に悩むコトハを気遣って、親身に相談に乗る。コトハとレイシは彼女を頼りにするが、やがて不可解な行動が目立ち始める。

蝶野繭(ちょうの・まゆ) 内藤理沙

30歳。巫女。神社で宮司を務める志麻の元で働く。

ドラマ言霊荘第6話感想

宝くじ買ったら、あたりますように!あたりますように!と何回も祈って(言霊)ましたが、一度もあたったことなんてありません。雪乃が12億当たった!?というシーン、もし現実にそんな場面があったら、おもいっきり大声あげてしまうと思います。夢のまた夢ですけど。

管理人室に霊がいるようですね。本当に怖い。。。封印が解かれてしまってまた寮に住む女性達が恐怖に怯えていきます。

コトハも何気に今回のシーズンから本気で怖がっているように思います。果たして除霊は上手くいくのでしょうか。

第7話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】ドラマ言霊荘第7話~人気作家の霊が言霊の正体!?
2021年11月20日(土)夜23時『言霊荘』第7話のあらすじとネタバレになります。 ―口は呪いの元― 発した言葉がすべて現実に…!? マンションの住人女性たちが《言霊》の力に苛まれていく――前代未聞の禁断のホラードラマが開幕します。夏...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました