【この恋あたためますか?】第2話ねたばれ・感想~樹木は審査会で敗れる

この恋あたため

2020年10月27日『この恋あたためますか?』第2話のあらすじとネタバレになります。

第1話の終わりに浅羽が退職願を出してましたが、それは親会社「エクサゾン」を退職し、ココエヴリに骨を埋めることでした。でもココエヴリで結果を出したら最終的にはエクサゾンに戻るような気がします。浅羽の元恋人だと思われるスィーツ課の里保がシュークリームの企画をだし樹木のシュークリームと一騎打ちとなります。しかし結果は樹木は負けてしまいます。でも樹木は浅羽の想像以上の期待に応えたのでした。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第1話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【この恋あたためますか?】第1話ねたばれ・感想~キキかじりで運命の出会い
2020年10月20日夜10時から始まる『この恋あたためますか?』第1話のあらすじとネタバレになります。 このドラマはアイドルグループに入る夢が破れたコンビニアルバイト・井上樹木(いのうえ・きき)演じるのが森七菜です。業界最下位のコンビニ...

スポンサーリンク

この恋あたためますか?第2話あらすじとネタバレ

浅羽は退職願を提出する。「エクサゾン」を退職し、ここエヴリィに身を捧げると伝えていた。そして商品管理室の課長職をとかれた一岡が社長室付けになった。

「一番売れる」シュークリームのアイデアを提出して見事採用された樹木(森七菜)と新谷(仲野太賀)だったが、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞く。 提出したのは商品部スイーツ課の北川里保(石橋静河)。

どちらのアイデアを商品化するかを決めるため、浅羽(中村倫也)によってコンビニ店のアルバイトに戻っていた樹木は、再びココエブリィ本社に呼び出され、またコンテストが行われることを伝え、もし審査に買ったらスイーツ課に正式採用すると伝える。

樹木のシュークリームの原材料見直しが必要

樹木のシュークリームは原価率がわるかった。販売単価250円だった。消費者がシュークリームに出せるお金は160円。

北川が提案しているシュークリームは160円の目途はついている。樹木は、売値の範囲内であの味を再現する必要があった。

原材料はどんどん安い方へ提案される。樹木は同室のスーちゃんからベトナムの御菓子をもらい、この御菓子のカカオを使いたいと提案するが、商品開発部の方は全く聞き入れてくれない。

人気スィーツ店で北川は浅羽に偶然会う。北川は一岡を社長室に異動させた理由を聞く。1人カリスマがいるとみんな頼る。だから風を起こした。実際樹木がきて風向きがかわり北川も企画書をだした。

浅羽から人気スィーツ店に呼び出される新谷、新谷は樹木を連れていくと、浅羽と北川がいた。

スポンサーリンク

浅羽と北川は元恋人!?

4人で高級レストランで食事する。樹木は浅羽と北川の関係を新谷にきく。樹木はワインを飲み過ぎて新谷が自宅まで送っていく。

自宅には樹木のアルバイト先の店長や店員がきていた。新谷は樹木が元地下アイドルだと聞く。

一方、北川と浅羽は一緒に帰る。途中北川は浅羽の手をとる。

「もう何も感じないね」

北川も企画つくって通ったのは初めてだと聞かされ、樹木は余計負けられない!!と勇むが、新谷は喜ばせたい相手のために作ろう。2人は新材料でシュークリーム作りを進める。

樹木のためにチームが動く

深夜までシュークリームつくりする樹木にチーム内のメンバーはあきらめるよう伝えるが、樹木は「社長が美味しいと言ってくれた味を何時間かかっても作りたい!」と頭を下げる。

チームのメンバーがベトナムまでいって樹木が使いたいといったカカオを直接買い付けにいった。さっそくそのカカオでシュークリーム作りを始める。

そして何度も試行錯誤を続けた結果、浅羽が認めたシュークリームが実現した。

会社の近くにある松屋に浅羽がいた。北川がみかけて入ってくる。浅羽は松屋から会社をみていた。新谷と樹木がまだ頑張っているのをみていた。そして松屋の牛丼を差し入れしようとしていた。

シュークリーム審査会に負けてしまった樹木

浅羽が牛丼をもって調理室にくる。樹木は疲れて寝てしまっていた。新谷は毛布をもってきたが、浅羽は自分のジャケットをかけてあげる。

翌日、樹木は浅羽が来たことをしって喜ぶ。。。

浅羽は一岡に午後のシュークリーム審査に出るよう伝える。自分は点でしか知らない、あなたは線で知っている。

そして審査会が行われる。審査の結果

満場一致で北川のシュークリームが商品化することに決まった。

樹木は新谷に「世の中甘くないよね、、、わたしは部外者だから外に出るね。。。」そして樹木は会社をでた。

黒板には「ありがとうでした」の文字が。。。

浅羽は樹木を入社させる

エレベータには乗らずに階段で泣いている樹木

かけてもらったジャケットを返す樹木、そこには牛丼のご飯粒がついていた。

樹木がいる公園にくる浅羽

「悪くなかった。君の働きは・・・君がいたからスイーツ課はチームワークをみせた。君がいたから北川は企画をだした。君がいたからだ。」

そして「ジャケットをクリーニングしてもう一度返しにこい。」そこに社員証の登録依頼の紙があった。樹木は満面の笑みだった。

スポンサーリンク

この恋あたためますか?登場人物

相関図はこちらになります。

登場人物は下記になります。

 

この恋あたためますか?第2話感想

北川里保と樹木のシュークリームをどちらを採用するかの審査会で樹木は負けてしまいます。悔しさで階段で泣けている姿は、一生懸命何かに打ち込んだことがある人は胸打たれたと思います。とんとん拍子に何もかもうまくいくってことはないですよね。。てっきり浅羽が認めた樹木のシュークリームが選ばれると思ってましたが甘くありません。

樹木がスイーツ課に入ることで新しい風が吹きみんなが良い方向へ向かっていくというのをみて、確かにできる人が1人いるとみんなその人に頼ってしまうから、人事異動は、会社では必要なことなんだな。。。と改めて思ったりしました。

中村倫也さんが松屋の牛丼屋で座ってました。。。とてもシュールでした(笑)

【この恋あたためますか?】第3話ねたばれと感想~樹木のシュークリームが発売
2020年11月3日『この恋あたためますか?』第3話のあらすじとネタバレになります。 残念ながら樹木のシュークリームは北川里保が企画したシュークリームに負けてしまったのですが、なんと里保のシュークリームは配送テストをクリアできずに、発売さ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました