【ネタバレ】恋する母たち第7話~杏と斉木がスピード結婚!!

恋する妻たち
『恋する母たち』は、柴門ふみ原作です。3人の母たちは息子が同じ学校に通う高校生で出会います。物語の主人公・石渡杏(いしわたり・あん)役には、木村佳乃さん。バリバリのキャリアウーマンを林優子(はやし・ゆうこ)を演じるのは、吉田羊さん。キラキラしたセレブ暮らしの主婦は仲里依紗さん。三者三様の家庭環境を持つ3人の美しい母たちには、一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みがあり、ギリギリで平穏を保っている母親たちの心の隙間に入り込む、別の男性との“恋愛”を追っていくドラマです。
 
こちらの記事は2020年12月4日『恋する母たち』第7話のあらすじとネタバレになります。

第6話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】恋する母たち第6話~斉木から突然別れを告げられる杏
『恋する母たち』は、柴門ふみ原作です。3人の母たちは息子が同じ学校に通う高校生で出会います。物語の主人公・石渡杏(いしわたり・あん)役には、木村佳乃さん。バリバリのキャリアウーマンを林優子(はやし・ゆうこ)を演じるのは、吉田羊さん。キラキラ...

また見逃した方は、こちらのParaviで視聴可能です。2週間は無料ですので、ドラマの四角関係は生でみたほうが面白いです。Paraviは他のドラマもたくさん見れます。

Paravi

 

恋する母たち第7話ねたばれ

優子は赤坂に営業の相談しながら大手の居酒屋に通い商談をまとめる。まりはお弁当屋でアルバイトを始めるがクビになり、杏の義母の会社でテレビショッピングのモデルになる。丸太郎は離婚した1回目の妻が亡くなったと、マリにプロポーズするが、マリは弱り切っている夫を今は見捨てられないから待っててほしいと伝える。

斉木は杏に会いにきて、雑誌社は退職し建築士を目指すとプロポーズし、スピード結婚する。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

恋する母たち第7話あらすじ

(木村佳乃)が、斉木(小泉孝太郎)から一方的に別れを告げられて1カ月。(藤原大祐)は、元気のない母を心配しているが、最近は父・慎吾(渋川清彦)と自分のところを行ったり来たりしていて、杏は寂しさを感じていた。
 
まり(仲里依紗)の一家は、繁樹(玉置玲央)が政治資金流用の指南役だったと週刊誌に出たことで弁護士会から懲戒処分を受け、信用も仕事もなくし、高級タワーマンションも手放した。そんなまりたちに、優子(吉田羊)は空き家になっていた林家を提供する。一瞬にしてすべてを失ったことを受け入れられずにいる繁樹をよそに、まりは生活費を稼ぐため弁当屋でパートを始める。
 

スポンサーリンク

営業に張り切る優子、赤坂に再会

千葉支店に移った優子は、新規開拓の飛び込み営業を続けていた。地元の食品卸の有力者・塚越社長(尾美としのり)のもとに1カ月通い、ようやく認められた優子。塚越に居酒屋チェーン「房総酒場」を紹介してもらうが、「房総酒場」はライバル会社であるアオシマ食品一本やり。
 
そこに優子たちコジカフーズが食い込むことができたら、塚越もコジカフーズと契約すると言われた優子。必死で「房総酒場」に通い詰め、メニューをすべて食べて、データ化して分析する。
 
そんな中、優子は会議に出席するため久々に東京の本社へ戻る。会議を終えたところを赤坂(磯村勇斗)が待っていて…。優子は「房総酒場」の戦略について相談する。その夜、優子、赤坂と杏と3人で飲みことに。一方、杏は斉木のことが忘れられずにいた。斉木に対する自分の態度を反省していることを優子に話しながら、酔いつぶれてしまう杏。優子は代わりに斉木に電話をするが…。
 
その頃、与論島で生活を始めたシゲオ(矢作兼)と大介(奥平大兼)父子。シゲオは構想中の小説のテーマを大介に話して聞かせ、大介を取材させてほしいと相談していた。
 

スポンサーリンク

丸太郎はまりにプロポーズ

まりはお客との私語が多いからクビになってしまった。繁樹もネットに出た記事が原因で転職が難しい状況だった。まりは、繁秋のライブにいくと丸太郎もきていた。

丸太郎はまりにプロポーズする。最初の奥さんが死んだ。再婚相手が危険な目にあうから再婚しなかった。まりは丸太郎と結婚したいが、弱り切っている夫を見捨てることができない。夫が立ち直ったら離婚するからそれまで待っててほしいと伝える。

まりは、杏の義母の会社のテレビショッピングのモデルになる。繁樹は、公認会計士の勉強を始めることに。

杏と斉木は結婚

房総酒場、塚越商店が、競合会社の不正が発覚し、コジカフーズに切り替わった。

杏がヨガしていると隣に斉木が。。。

斉木は雑誌社を退職し、建築士を目指す。給料は少なくなるけど俺のそばにいてほしいと杏につたえ、杏はOKする。

そして2人は結婚式をあげた。

スポンサーリンク

『恋する母たち』登場人物

相関図はこちらになります。

恋する母たち第7話感想

すごい早い展開でびっくりしました。杏と斉木は再会しいきなりプロポーズ、そして結婚式を挙げてました。やっぱり第7話からすこしずつ原作から離れてきてますので最終回まで何があるか分からないです。

第7話で印象に残ったのはまりです。丸太郎からプロポーズされたけど、いま弱り切っている夫を捨てられないと待っててほしいと伝えるシーンがあったのですが、不倫されて弁護士を懲戒処分うけてタワーマンションから追い出されて。。。となったら、見捨てて家を出たくなりますよね。丸太郎は子供も一緒に結婚しようと言っているので。だけど見捨てない。。。相当、まりはやさしいと思いました。自分のことだけ考えちゃうのが普通ですよね~。

優子は仕事一筋でがんばってますが、赤坂とまた再燃しそうな感じです。

第8話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】恋する母たち第8話~まりと杏がダブル妊娠!!まりはどっちの子?
『恋する母たち』は、柴門ふみ原作です。3人の母たちは息子が同じ学校に通う高校生で出会います。物語の主人公・石渡杏(いしわたり・あん)役には、木村佳乃さん。バリバリのキャリアウーマンを林優子(はやし・ゆうこ)を演じるのは、吉田羊さん。キラキラ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました