【キワドい2人-K2-池袋署刑事課・第3話ネタバレ・感想】アポ電強盗の犯人はピエロ

キワドい2人

2020年9月25日『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』の第3話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

神崎(山田涼介さん)は、犯人と警察官は一期一会だともっと相手のことを理解するべきだ!と黒木(田中圭さん)は全く違う考えで正反対な2人ですが、でもだんだん黒木が神崎の言動に心が揺すぶられているのが分かります。美しい話ばかりではないと思いますが、でも犯人を知ることで本当の理由がわかると色々変わってくるのかもしれないですね。詳しい内容はネタバレ記事をご覧ください。

第2話のあらすじはこちらになります。

【キワドい2人-K2-池袋署刑事課第2話ネタバレ・感想】池袋に猿が出没
2020年9月18日『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』の第2話のあらすじとネタバレになります。 神崎と黒木の2人暮らしが始まったようです。2人は、真逆のようで、目玉焼きにしょう?ソース?おトイレは座る?立つ?冷房は28度より下...

スポンサーリンク

キワドい2人・第3話あらすじ・ネタバレ

池袋署管内で老人を狙ったアポ電強盗が発生した。犯人から暴行を受けた被害者が、薄れゆく意識の中で聞いていた次の犯行予告を手掛かりに、神崎隆一(山田涼介)や黒木賢司(田中圭)らは捜査を開始する。

アポ電強盗の首謀者はピエロのお面をかぶっていて、金庫に500万円あると電話のとき話したが、実際50万円しかなかったため、仲間からナイフで切られていた。その血が被害者宅に残っていた。

近所の聞き込みをする神崎と黒木、牧野米店に立ち寄り、から揚げをごちそうになる。孫の龍之介と祖母が仲良く暮らしていた。

被害者全員が社交ダンスクラブに入っていた

今月中に新しいアポ電強盗を計画している犯人たち。そのうちの1人がタクシーのドライブレコーダーに映っていた。前科があり見張ることに。。

そして被害者全員が同じ社交ダンスクラブに通っていたことが判明。そこで、神崎らは犯人の手がかりを探るべく、社交ダンスクラブに潜入することにした。

そのクラブには脇という事務員がいた。背がたかくやせ型、白いスニーカーを履いており、ピエロの様相と似ていた。

黒木はそこであるチラシを目にした。なんと社交ダンスの前の会長が、から揚げをごちそうになった牧野のおばあちゃんだった。その孫の龍之介も犯人の様相に似ている。

ダンスクラブの老人から怪しい電話がかかってきたことがわかり、録音していた。犯人の声が録音されていた。背景音に、鳥の声が聞こえた。

スポンサーリンク

容疑者は2人、脇と龍之介だったが・・・

牧野米店に向かうと、おばあちゃんが泣きじゃくっていた。認知症だった。龍之介のアリバイをきくが定かではない。しかし龍之介が発した言葉で黒木は怪しむ。。神崎は気づいてない。

脇は金回りが最近よく赤のベンツに乗っていた。またアリバイがないため、末永は脇に絞ろうとしたが。。。

黒木はピエロが残した血液と牧野龍之介のグローブから検出されたDNAを調べると、一致しなかった。。。。。一致率は限りなく0%だった。

神崎は安堵するが、黒木はやっぱり引っかかていた。

ピエロらしき人に神崎は見覚えがあった

翌日、ピエロの仲間だった1人を張り込んでいると仲間3人が集まってきた。もう1人ピエロがくるのを待っている。

しかしピエロが到着する前に老人が絡まれ神崎が助けに入ったため、急遽全員確保することに。。。

ピエロらしき人をみかける神崎・・・・すぐに牧野米店に電話するが、おばあちゃんがでる。電話の向こうで精米機の音と鳥の声が聞こえた。これは社交ダンスクラブのおじいちゃん宅にかかってきた電話の背景音とそっくりだった。

龍之介はお店に戻りお金をとって逃げようとした。そこに神崎と黒木がきた。

スポンサーリンク

認知症のおばあちゃんと一緒に住んでいたのはピエロだった

龍之介の本名は、鴻上健也、おばあちゃんが認知症だった。本当の龍之介と両親は同じ交通事故で亡くなっていた。黒木はグローブが逆だったこと、自分の親が交通事故で亡くなったのに、他人事のように話すことに違和感を感じていた。

鴻上健也はおばあちゃんを盾にとる。

神崎は鴻上健也を説得する。鴻上は牧野のおばあちゃんを最初から狙っていたわけではなかった。たまたま逃げた家が牧野家で、しかしおばあちゃんが認知症で自分を龍之介だと思ってしまいそのまま棲みついてしまった。から揚げがうまかった。。。

神崎は鴻上に罪を償うように伝える。

神崎と黒木は2人でキャッチボール~~

22年前の事件を1人で調べる末長

一方、黒木と神崎が兄弟だという衝撃の事実を耳にしてしまった末長光一(八嶋智人)は、2人が関わったという22年前の事件を調べ始める。副署長(六角精児)に話を聞くが、君がクビを突っ込むような話ではないと一蹴される。

当時の捜査資料を探すが、ファイルの中身は空っぽ。。。ますます怪しむことに

末永は当時のテレビニュースを手に入れる。

犯人は、井原達也、警察の発砲を受け死亡。

犯人の子どもと警察関係者の子どもがそこにいた。。。。

2人は兄妹ではない??

スポンサーリンク

キワドい2人・相関図・キャスト

公式が発表している相関図です。

キャスト紹介

メインキャストの紹介です。

神崎隆一(26)山田涼介

池袋署刑事課・強行犯係の新人刑事。人情派で生真面目、正義感が強く、ときにお節介がすぎてしまうことも。人間の悪い部分よりも良い部分を信じたいと思っている。「承知しました!行ってきます!」が口癖。

黒木賢司(35)田中圭

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。超破天荒だが、直観力と洞察力はピカイチで、検挙率No.1。普段は飄々としているように見えるが、誰かを守るためなら自らを犠牲にすることも厭わない。

神崎賢造(61)椎名桔平

神崎と黒木の父。元警察官で、退職した現在は長野県に移住し、手打ち蕎麦屋「おやじのそば」を営んでいる。

謎の女  関水渚

黒木が通う池袋のガールズバー店員。神崎の初出勤日に誘拐事件に巻き込まれるがその事件には裏があり…。以降、神崎と黒木の事件捜査に深く関係することになる。

木村ともこ(40)江口のりこ

池袋署刑事課・強行犯係の女刑事。強行犯係の頼れる姉貴的な存在。洞察力が鋭く、些細な変化にもすぐ気が付くが、無駄な詮索はしない主義。

諸星一朗(24)ジェシー(SixTONES)

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。交番勤務から即刑事課に配属された優秀な若手。冷静に物事を見ることができ、飲み込みと対応能力が早い。

末長光一(50)八嶋智人

池袋署刑事課・強行犯係の統括係長。神崎と黒木のバディに振り回されながらも2人に期待している。2人が何か不穏なことをし始めると、冷や汗が止まらなくなる。

石館美空(24)奥山かずさ

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。池袋署一の高い女子力で、玉の輿を狙っている。記録係として刑事課に席を置いているが、仕事よりも婚活に力を入れがち。

キワドい2人・第3話・感想

アポ電強盗って昨年9万件もあったそうです。家に電話がかかってきて、家にあるお金を確認して強盗に入るなんて、怖いですね。でも老人が狙われるのはもちろん家にずっといて固定電話もあって体力的にも弱いからだと思いますが、家でテレビのニュースとか見てない人が騙されてしまうのかな。。本当怖いですね。オレオレ詐欺の発展型なんて、、恐ろしい。

神崎と黒木は異母兄弟ではなさそうですね。22年前の事件で、殺害された犯人の子どもが神崎か黒木か?どちらかだと思います。神崎の方かもしれませんね。とても純粋なところが逆に暗い過去とのギャップがありそうで。。。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

【キワドい2人-K2-池袋署刑事課・第4話ネタバレ・感想】高校生が行方不明に!なぜ?
2020年10月2日『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』の第4話のあらすじとネタバレになります。 このキワどい2人は今回で4回目ですが、異母兄弟の黒木(田中圭)が神崎(山田涼介)がバディを組み、事件を解決していきます。4回とも事...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました