【キワドい2人-K2-池袋署刑事課第1話~ネタバレ・感想】この2人って?

キワドい2人

2020年9月11日『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』のあらすじとネタバレになります。

人情派の生真面目な刑事・神崎隆一を演じるのは、山田涼介さん、そして、ルール無用、事件解決のためなら手段を選ばない、直感派の破天荒刑事・黒木賢司役に田中圭さんの2人ばバディを組む刑事ドラマになります。

なんと2人は異母兄弟のようです。最後に黒木が神崎の家に引っ越してきます。父親は椎名桔平さんが演じてます。

山田涼介さんのキラキラ純粋系の新米刑事で、人は話せばわかると本気で思っていて、ヤサグレているけど仕事はできる系のベテラン刑事の田中圭さんは性根は腐ってませんが、面倒くさいのが嫌いな2人のバディドラマですが、おもしろくなりそうです。

スポンサーリンク

キワドい2人・第1話あらすじ・ネタバレ

池袋署の刑事課強行犯係に配属されたキャリア刑事の神崎隆一(山田涼介)。神崎の初出勤日、相棒となる先輩刑事の黒木賢司(田中圭)は無断欠勤をしており、強行犯係の係長・末長(八嶋智人)から行方の分からない黒木を探しだすよう命じられる。

黒木の前夜の動向を調べるとガールズバーを訪れており、店員の女性・萱島麻衣と店を後にしているが、その後の足取りがまったくつかめない。そんな矢先、神崎は急ブレーキをかけたであろうタイヤ跡のそばで血の付いた黒木の警察手帳を見つける。さらに、強行犯係には行方をくらましていた黒木から「誘拐事件に巻き込まれた」と電話が入る。

麻衣がまた連れ去られてしまった

麻衣の携帯からGPS情報でかけつけた神崎、しかしすでにビルは火の手が迫っていた。そしてガスが漏れ始めてしまった。「毒をもって毒を制す」重曹と何かを混ぜ火を消した。神崎と黒木が話している間、麻衣がまた連れ去られてしまった。

ドルフィンの麻衣が、ストーカーに追われているため黒木にボディガードを頼む。その日に3人の誘拐犯に拉致されてしまった。麻衣は萱島建設の娘だった。

スポンサーリンク

麻衣は家に帰ってきていた

末永は、神崎に黒木とバディを組むように伝える。黒木は結果を重視、神崎はその行程も大事にすると2人はかみ合わない。

黒木と神崎は萱島家へ向かう。3時間前、萱島家に犯人から電話があり、身代金5000万円の要求があった。しかし麻衣は自宅に帰ってきた。

あの麻衣は一体誰??半年前に麻衣は鞄ごと盗まれていた。そこには学生証があり、その学生証でガールズバーに勤めたに違いない。

また犯人から電話があり今日の17時に池袋の西口に持ってこい。

萱島社長に身代金を持っていくように黒木と神崎は頼みにいくが断わられる。

彩乃の父親は足が動かなかった

半グレの小野田がガールズバーの店の前にいた。食中毒で経営が危ない状況だった。また麻衣になりすましていたのは氏原綾乃17歳だった。家族は父親1人だけ。

氏原の父親に会いにいく2人

父親は工事現場の足場から落ちて手術したが足が動かなくなってしまい、会社をクビになってしまった。彩乃は弁護士になるのが夢だったが、、、自分が働けなくなってしまったため彩乃は高校を中退していた。

麻衣は救出されるが、、、、

外国人労働者の勤務時間超過を元に、萱島社長に協力を依頼する黒木

17時の約束の時間になった。萱島社長が5000万円用意して待ち合わせ場所にいった。しかし犯人は警察に筒抜けだということが分かっていた。

喫茶店のテーブルの下に次の行く先が書いてあるメモがあった。萱島社長が喫茶店のトイレの窓から飛び降りて向かったところはサンシャイン池袋水族館だった。

ようやく黒木と神崎が犯人のいる場所へ向かったが、麻衣が水槽のなかに落とされてしまう。黒木が助けにいく。そして金づちの神崎も助けにいく。

麻衣は助けられる。

スポンサーリンク

麻衣は父親の手術のために自作自演の誘拐だった

氏原達夫、麻衣の父親は萱島建設に勤めていた。彩乃は自ら誘拐事件を企てていた。家出後、偶然萱島麻衣をみかけた。そしてカバンをとって逃げた。学生証がありそれでガールズバーに勤めた。

小野田はうららって子を誘拐しようとしていたが、彩乃は自ら萱島建設の社長からお金をとる計画を持ち出した。

萱島社長は思ったより悪い人じゃないって分かった。お父さんのこともなんとかしてくれる(強引)

彩乃は父親から入試のときにもらった男物の時計をつけていた。神崎も同じく父親から譲り受けた時計をしていた。彩乃はガールズバーで働いていたのも誘拐事件おこしたのも父親の手術のためだった。

神崎に説得され彩乃は罪をつぐなって父親の傍にいると約束した。

この会話を黒木に呼ばれた父親はすべて話を聞いていた。

黒木は神崎家の秘密を知っている

神崎から父親は蕎麦屋だったが、元は刑事で、警察署に勤めていたと聞いた黒崎。神崎は4歳のころ頭を打ってそのころの記憶ないと笑いながら話すが。。。

そして黒木が神崎の父親に会いに行く。

2人は話したあと、賢三に「俺はあんたを許さねえぞ。」

 

黒木は神崎家に引っ越してくる。

「おれさ、昔ここに住んでいたんだよ。俺、おまえの兄貴だったわ。俺たちは腹違いの兄弟なんだよ、おれの父親も神崎賢三だ。」といって父親と写っている写真をみせる。

 

よろしくな弟。。。

スポンサーリンク

キワドい2人・相関図・キャスト

公式が発表している相関図です。

キャスト紹介

メインキャストの紹介です。

神崎隆一(26)山田涼介

池袋署刑事課・強行犯係の新人刑事。人情派で生真面目、正義感が強く、ときにお節介がすぎてしまうことも。人間の悪い部分よりも良い部分を信じたいと思っている。「承知しました!行ってきます!」が口癖。

黒木賢司(35)田中圭

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。超破天荒だが、直観力と洞察力はピカイチで、検挙率No.1。普段は飄々としているように見えるが、誰かを守るためなら自らを犠牲にすることも厭わない。

神崎賢造(61)椎名桔平

神崎と黒木の父。元警察官で、退職した現在は長野県に移住し、手打ち蕎麦屋「おやじのそば」を営んでいる。

謎の女  関水渚

黒木が通う池袋のガールズバー店員。神崎の初出勤日に誘拐事件に巻き込まれるがその事件には裏があり…。以降、神崎と黒木の事件捜査に深く関係することになる。

木村ともこ(40)江口のりこ

池袋署刑事課・強行犯係の女刑事。強行犯係の頼れる姉貴的な存在。洞察力が鋭く、些細な変化にもすぐ気が付くが、無駄な詮索はしない主義。

諸星一朗(24)ジェシー(SixTONES)

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。交番勤務から即刑事課に配属された優秀な若手。冷静に物事を見ることができ、飲み込みと対応能力が早い。

末長光一(50)八嶋智人

池袋署刑事課・強行犯係の統括係長。神崎と黒木のバディに振り回されながらも2人に期待している。2人が何か不穏なことをし始めると、冷や汗が止まらなくなる。

石館美空(24)奥山かずさ

池袋署刑事課・強行犯係の刑事。池袋署一の高い女子力で、玉の輿を狙っている。記録係として刑事課に席を置いているが、仕事よりも婚活に力を入れがち。

キワドい2人・第1話感想

2人はすごい走ってました。。池袋中、それにしてもサンシャイン通りとか池袋西口とか知っている場所なのでそこに田中圭さんと山田涼介さんが走っているのはなんだか不思議な感じ。。。

八嶋智人さんと江口のりこさんも同じ池袋署で、この2人がまた個性的な演技でドラマを楽しくしていると思いました。テンポがいいですね。明るい感じで話が進んでいきます。

最後に黒崎(田中圭さん)が神崎(山田涼介さん)に俺たち腹違いの兄弟だというのですが、予想ですが、黒崎は離婚した妻との間に生まれた神崎賢三の本当の息子で、神崎は、4歳のときに事件に巻き込まれ、そのときに何らかの理由で賢三が引き取って育てたのではないでしょうか?

ということは黒崎と神崎は血はつながっていない。。ことになりますが。黒崎が神崎家で住んだことも納得がいくかなって思ったりして。でも2人とも父親が刑事だったのをみて、刑事になったのかな。。。と思った次第です。

次回第2話のあらすじはこちらです。

【キワドい2人-K2-池袋署刑事課第2話ネタバレ・感想】池袋に猿が出没
2020年9月18日『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』の第2話のあらすじとネタバレになります。 神崎と黒木の2人暮らしが始まったようです。2人は、真逆のようで、目玉焼きにしょう?ソース?おトイレは座る?立つ?冷房は28度より下...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました