【テレ東・機捜235ドラマ・ネタバレ・感想】縞さん(中村梅雀)さすが!

単発スペシャル

2020年4月24日夜7時57分から放送されます。今野敏サスペンス 機捜235のあらすじとネタバレになります

機動捜査隊といえば、テレビ朝日のMIU404もその機動捜査隊をモデルにしてますよね。劇中に縞長が、「機動捜査隊は走る交番」という言っていたのですが、本当にそうだと思います。

機動捜査隊、通称・機捜は警視庁刑事部直轄の執行部隊であり、覆面パトカーで街を密行し、通報があれば真っ先に駆け付けるのが職務です。すごい仕事ですね。

そのパトカーの屋根の部分にサインといわれる機動捜査隊のチーム番号があり、今回の主役・縞長省一役の中村梅雀さんと若手隊員・高丸卓也を演じる平岡祐太さんの番号は、235になります。

中村梅雀さんが演じる縞長省一は、定年まじかで、一方若手の高丸卓也は捜査一課にいきたいと思っており、見かけは、とっても温度差がありますが、縞長はすごいやり手だったのです。指名手配犯は1000人の顔は覚えているし合気道5段で腕も立つし。始まりはぎくしゃくしてましたが、終わるころにはとっても良いバディでした。さすが中村梅雀さん!!見かけはトロそうだけど、やり手の役がぴったりです。

今回の2時間ドラマも見応えたっぷりでした!!

スポンサーリンク

機捜235・あらすじ・ネタバレ

警視庁第二機動捜査隊の高丸卓也(平岡祐太)は怪我をした相棒の代わりに定年間際の男・縞長(しまなが)省一(中村梅雀)とバディを組むことになった。

2人で機捜235に乗り込み街を巡回していると、男女がもみ合っているという通報が。

現場に急行すると春日徹(吉岡睦雄)が富岡理香(階戸瑠李)の腕を掴み口論していた。そこに理香の担当弁護士・榎本睦美(釈由美子)が駆けつける。理香は元上司・春日をセクハラで訴えていた。

高架下で指名手配犯の志田信夫の死体がみつかる

春日を制服警官に引き渡すと、今度は渋谷の高架下で男の遺体が見つかったと通報が。

現場に駆け付けた高丸は近くの飲食店の店主・鈴木剛(金井勇太)に聞き込みを行う。一方の縞長は遺体の顔を見て、常習窃盗で指名手配されている志田信夫(芦川誠)であると見抜く。

志田の自宅を家宅捜索すると、睦美の法律事務所に盗みに入った痕跡を見つける。睦美に事情を聞くが、何も盗まれたものはないという。睦美を複雑な思いで見つめる縞長。

縞長は元見当たり捜査班の凄腕刑事

また、密行中に縞長は指名手配犯の木下満も見つけて現行犯逮捕した。

縞長は元見当たり捜査班で指名手配犯の顔を記憶して逮捕する部署に10年いたのだ。動きまわる機動捜査隊とは違ってじっと現れるのを待つのみ。1000人は顔を覚えている。

お年寄りのおばあちゃんが道に迷っていた。自宅に連れていくと、おばあちゃんから落とし物を拾ったカバンを渡される。

20年前に睦美の父親が殺害される事件があった

縞長は高丸に、20年前、強盗放火殺人事件があったことを伝える。榎本社長は、後頭部を強打したことによる脳挫傷で死亡、工場は放火された。

被疑者は従業員の松尾和也。殺害当日、松尾は気が荒く榎本社長に盾をつき、合鍵をもったまま事務所から出ていったため疑われた。しかし逃走中に車に跳ねられ即死、被疑者死亡のまま送検した。

榎本社長の義理の娘だった睦美。母親は再婚から5年後になくなっていた。火事に気付いて119番したのは娘の睦美だった。

天童管理官と縞長は蒲田中央署の同僚で榎本社長殺人事件を追っていた。

スポンサーリンク

容疑者は志田の窃盗仲間である安斎

師岡係長の指揮下で高丸と縞長は応援に入る。殺害された志田の窃盗仲間の安斎隆二、最近志田と喧嘩別れしたが、重要参考人として踏み込む。

裏庭から逃げようとする人物がいるが、縞永はわざと逃がす。「あいつは安斎じゃない。」

そこに女装した安斎竜二が階段から降りてきた。縞長が捕らえ現行犯逮捕する。縞長は、合気道5段の腕前だった。しかし安斎は何故今日警察がくることを知っていたんだ?情報が警察から流れているのか?

しかし安斎は志田の死亡推定は関内で盗みをしていたアリバイがあった。

榎本弁護士事務所から情報が盗まれていた

榎本睦美はキャビネットに入っていた富岡理香の裁判資料の順番がずれており、情報が盗まれたことに気づく。

安斎と一緒に暮らしていた芦田綾香が勤めているスナックに、熊井刑事、縞長、高丸が聞き込みにくる。綾香は志田は別な人ときており、その人がくると2人でこっそり話していたと証言する。スナックの防犯カメラを確認するとその男はセクハラで訴えられていた春日だった。

防犯カメラの確認から戻ると熊井が芦田綾香に「おまえまだ安斎とキレてなかったのか?あんな男はやめておけって。」と親密そうに話しているところを縞長は見逃さなかった。

睦美は警察に情報が盗まれたことを届け出る

睦美は、富岡理香に関する裁判の情報、原告の個人情報が盗まれたことを届け出る。春日の勤めていた会社とは示談が成立しており、春日は解雇処分になる。

志田が撮っていた社員に見覚えがないか質問されるが、睦美の目には別なものが目に入る。それはロレックスの時計だった。しかし睦美はなんでもないと答えて足早に警察署を跡にした。

スポンサーリンク

志田が持っていたセカンドバックに見おぼえが!

密行中に保護したおばあちゃんが、セカンドバックを拾っていたが、そのバックを持った志田が防犯カメラに写っていた。拾った場所をおばあちゃんに聞くと「つるまき医院の裏で拾った。」

しかしその医院近くの防犯カメラを確認しても志田の姿どころか、おばあちゃんの姿も見つからなかった。記憶が曖昧?ボケてしまっているのか?

所轄の熊井刑事は芦田綾香のことを疑われた。熊井は少年課にいたころ綾香をなんどか補導しており懇意になり情報を漏洩したのではないかと。春日徹の追跡からはずされる。

春日徹が富岡理香を拉致

春日徹はセクハラした富岡理香を拉致する。

「ずっと俺を見つめていたじゃないか!全部なくしたお前のせいで。」しかし機動捜査隊によって春日の車を地下駐車場に追い詰め現行犯逮捕する。

春日は志田に150万円払い裁判資料を盗んでもらった。パソコンに残っていた資料をみると意外な写真が残っていた。

それは志田の殺害現場近くの飲食店のお店で店主と家族、榎本睦美が映っている写真だった。何故この写真がここにあるのか?

縞長は、高丸に「たったいま自分たちが掴んだ事実ですよ、調べましょう。」

志田の持っていた時計は睦美の父親のものだった

飲食店に聞き込みにいくと志田が殺害された日、榎本睦美は夜11時まで食事をしていたことがわかった。

熊井刑事は志田の持ち物になった時計の購入者が榎本雄一郎だと管理官に報告。20年前に盗んでいたのだ。この時計をみて睦美は顔色を変えたが何も言わなかったのは何故だ?縞長は疑問に思う。

熊井は管理官に「芦田綾香は3回補導しました。そのたびに母親が泣きながら迎えにきてその母親のためになんとか更生させたいそのために指導した。それだけです。」と報告し管理官は信じることにした。

榎本睦美と志田の交友関係を洗い出すことに。

スポンサーリンク

榎本睦美が姿を消した

斉田(柄本社長の工場から独立した)に、志田のことをきくが知らない顔だった。昔の連絡帳があるはずだから確認するとの事。

高丸と縞長はまたおばあちゃんにあう。区役所をさがしているというが、その場所から10年前に区役所は移転していた。そこでこの間証言したつのまき医院も移転していたことに気づく。移転するまえの住所で再度防犯カメラを確認すると志田のセカンドバックをもっていた男が映っていた。

そのころ榎本睦美が姿を消したと連絡が入る。

工場で働いていた斉田より、事件関係者の連絡先一覧をもらい、城西金属加工に過去働いて人の中に事件関係者がいたことがわかった。

志田を殺害したのは飲食店の店主鈴木だった

睦美の車をNシステムで追い、縞長と高丸は、榎本睦美と飲食店の店主・鈴木剛がいる場所を見つけた。

睦美は「志田を殺害したのは私です」というが、縞長は、「防犯カメラに写っていた犯人と耳が違う。耳で個人特定できるんですよ。志田信夫を殺害したのはあなたですね。」と鈴木を見る。

鈴木は自供する。「志田と窃盗を繰り返しており鑑別所を出てから1年、柄本社長の工場で1年働いていた。真面目に工場で働いていた。娘も奥さんも優しくしてくれた。しかし社長は奥さんが亡くなってから人が変わった。志田を手引きし城西金属加工に盗みにはいった」

そこで現金と社長の時計を盗ったが、そこに「やめて」という声が。。睦美だった。

榎本社長は睦美の首を絞めようとしているところに止めに入った鈴木だが榎本社長が反撃してきたため、スパナで頭を殴った。睦美に「逃げて、10分したら消防署に電話して。」そして火をつけて逃げた。それが20年前の真実。

それからまもなくして松尾和也のことを知った。警察は別の人を犯人だとして事件を終わらせた。睦美と鈴木は一生の秘密にしようとした。大きな過ちを犯してしまった。

志田は睦美の事務所に忍び込んだときに睦美と鈴木が成功しているのをみて近づいてきた。志田は鈴木を脅した。

鈴木は「失いたくなかった。家族や今の店を。。」睦美もすべて自分の責任だと「ずっと脅えてました。昔の私みたいに苦しんでいる人を救いたくて弁護士になりました。」

縞長は「私たちがその真相を突き止めていればこの事件は発生しなかった。」自分たち警察にも非があると伝える。

「もう一度歩きだしてください。今までよりずっとつらい道かもしれませんけど」

高丸は鈴木を逮捕

目当たり犯で優秀な縞長を所長に推薦したのは天童管理官だった。

そして芦田綾香に安斎が疑われていることを話したのは東都新聞の記者だった。

高丸は縞長になぜずっと巡査部長なのか質問すると「試験が苦手なんです」

昇格試験を受けなかったから

高丸の相棒で入院していた梅原は復帰するが異動になった。高丸の相棒はしばらく縞さん!になった。

スポンサーリンク

機捜235・出演者

 

 

 

 

高丸卓也(平岡祐太)

 

 

 

 

縞長省一(中村梅雀)

 

 

 

 

 

榎本睦美(釈由美子)

 

 

 

 

鈴木剛(金井勇太)

 

 

 

 

志田信夫(芦川誠)

 

 

 

 

天童隆一(榎木孝明)

スポンサーリンク

 

機捜235・感想

機捜は、捜査一課の登竜門でありなんですね。劇中そのように縞さんが言ってました。捜査一課って警察では花形なんですね。それにしても中村梅雀さんこと縞長という刑事はあっぱれでした。決して自分ではでしゃばらず、手柄はすべて若い高丸に譲ります。こういうシーン大好きなんですよね。一歩引く人。。だけど優秀だからできるんです。

見当たり捜査班ってよくテレビでリアルに取材されてますよね。そこで確かに駅で見張っている本物の刑事が言ってました。「目を覚える」って。

今日の劇中にも「時が変われば人相はかわるが、目だけは変えられない。目を覚える。」と縞さんは言ってました。でも目だけで何万人?もいる人から見抜くなんてすごいですよね。想像つきません。職人です。だから悪いことはできないんですよね。

この2人のバディはまたみたいですね。縞さんの活躍と高丸が成長していく姿はこれからも見たいです。

テレビ東京は毎週月曜と金曜日に2時間ドラマ放映してますよね。それも新作ばかり。1週間に2本ってすごい!まだまだ最新版が続きます。

来週月曜日は信濃のコロンボですよ。なんと中村梅雀さんから伊藤淳史さんに交代なんです!

あらすじはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました