【ネタバレ】嫌われ監察官~音無一六第5話~一六が監察処分した元刑事

嫌われ監察官音無一六

2022年6月3日(金)夜8時「嫌われものの監察官/音無一六」第5話のあらすじとネタバレと感想になります。

親が離婚しそれぞれ別々で生きてきた一六(小日向文世さん)と二六(遠藤憲一さん)は、全然似ても似つかないのですが同じ親から生まれてまして一六は警察の監察官、二六はタクシーの運転手ですが、このお二人が兄妹というだけで面白い(笑)

監察官はどの会社においても嫌われ者だと思いますが、音無一六は警察内部の監察官です。嫌われ者ですが一六のような生き方は尊敬に値します。2時間ドラマは度々放送されてましたが、連ドラとは!楽しみです。

第4話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】嫌われ監察官~音無一六第4話~三条渚の監察をする一六
2022年5月27日(金)夜8時「嫌われものの監察官/音無一六」第4話のあらすじとネタバレ、感想になります。 親が離婚しそれぞれ別々で生きてきた一六(小日向文世さん)と二六(遠藤憲一さん)は、全然似ても似つかないのですが同じ親から生まれて...

スポンサーリンク

嫌われ監察官~音無一六第5話あらすじ

工場現場から木下拓造(難波圭一)の遺体が見つかる。武蔵多摩署は木下が支援していた花屋のオーナー・三好摩耶(伊藤梨沙子)を重要参考人として聴取。

その直後、ネットタレント「ファンキー刑事」として人気の川上圭太(木村昴)が捜査情報をネットで流し花屋の三好摩耶を取り調べしていることを糾弾し警察に批判が集まる。

川上は元刑事で、8年前音無一六(小日向文世)が監察処分した人物だった。川上がどこから捜査情報を得たのか、千住遼子(田中美佐子)の指示で一六は武蔵多摩署の特別監査に向かう。

殺害された木下は大金を得ていたが、何故、三好摩耶に援助していたのかは不明。そんな中、二六が摩耶の花屋でボランティアで働くことに。摩耶の母親は8年前、通り魔事件で亡くなっていた。木下が支援し母親の花屋を再度開店することができた。川上もまた花屋のお客だと分かった。

スポンサーリンク

ストーカー男の父は刑事

摩耶は事件があった日、木下が1周年記念で花屋に来店したが、記念品を渡すのを忘れて追いかけ、遺体発見近くで電車の着メロが鳴ったことを思い出し、松野刑事(村田雄浩)に伝える。

一六は8年前の通り魔事件を調べると、川上は非番だったが事件現場にいたことがわかった。贖罪の気持ちで川上は亡くなった木下拓造を通して摩耶にお金を渡していた。

二六は花屋で盗聴器を見つける。摩耶が誰かに拉致された!犯人は納品業者のドライバーの男・佐藤祐介だった。川上は摩耶を救出しようとしたが何者かに頭を殴られてしまい倒れてしまう。

松野刑事だった。佐藤祐介は松野の息子だった。摩耶に馴れ馴れしくしたことが理由で木下を殺した。松野は息子の未来のために川上を犯人にし摩耶を殺害しようとした。

一六達が到着しし救出される。

川上は摩耶に8年前、事件現場にいたがお母さんを助けられなかったことを謝罪する。摩耶は花屋を開けたことが奇跡だと伝える。もう自分達のことで苦しまないで。

スポンサーリンク

嫌われ監察官~音無一六キャスト

音無一六…小日向文世

万丈二六…遠藤憲一

四堂厘太郎…古小日向文世

七尾政和…石丸謙二郎

四堂孝文…尾美としのり

二宮満…小野武彦

千住遼子…田中美佐子

嫌われ監察官~音無一六第5話感想

警察官も1人の人間だということは忘れてはいけないですね。通り魔事件の現場にいたら人間誰もが足がすくむし、警察官だから国民を守るのが仕事だけど、でも責められないなって思いました。でも警察をやめて○チューバーとは。。。一六が免職処分にしたことで警察から離れて救われる人もいるってことですね。

四堂厘太郎は一六とやり合いましたが、やっぱり一六が正しい。反省しているからって権力を振りかざしていたら警察の信用は失墜すると思います。甘い。

第6話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】嫌われ監察官~音無一六第6話~一六が内部告発される?
2022年6月10日(金)夜8時「嫌われものの監察官/音無一六」第6話のあらすじとネタバレ、感想になります。 親が離婚しそれぞれ別々で生きてきた一六(小日向文世さん)と二六(遠藤憲一さん)は、全然似ても似つかないのですが同じ親から生まれて...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました