【ネタバレ】記憶捜査2】第6話~令和最悪のバス事故は殺人事件!?

記憶捜査2

『記憶捜査2』は、ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路おにづかいちろ(北大路欣也さん)は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用され、部下の遠山咲とおやまさき(上白石萌音)と神啓太郎じんけいたろう(風間俊介)とも捜査していきます。鬼塚は、自分では捜査しませんが、刑事で培った新宿の土地勘をつかって昭和、平成、令和の時空を超えた事件を解決していきます。

こちらの記事は、2020年11月27日記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~第6話のあらすじとネタバレになります。12月4日が最終回となり、令和最悪のバス事故は今回が前編、来週が後編です。

第5話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】記憶捜査2】第5話~車いすの鬼塚がスタンガンで襲われる!!
『記憶捜査2』は、ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路おにづかいちろ(北大路欣也さん)は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用され、部下の遠山咲とおやまさき(上白石萌音)と神啓太郎じんけいたろう(風間俊介)とも捜査していきます。鬼塚は...

記憶捜査2は全話、U-nextで見ることができます。31日間無料で見られますので見逃した方はこちらから確認してください。

通常バナー

スポンサーリンク

記憶捜査2第6話ネタバレ

被害者11人を出すバス転落事故が発生した。運転していた志田は12年前にも居眠り運転で捕まっていた。ドライブレコーダーをみた鬼塚は殺人事件ではないかと推測するが、そんな最中、志田は病院の屋上から自殺を図る。

バス会社の過重労働が疑われ、水之江社長が任意同行するが、12年前の事故以来、ホワイトだった。運転手の未熟な運転操作だとして石場弁護が水之江の弁護につく。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

記憶捜査2第6話あらすじ

新宿行きの夜行バスの乗客11名が死亡する令和最悪の事故が起きた。鬼塚一路(北大路欣也)は運転手「志田茂(佐戸井けん太」の名前を聞き、12年前に過重労働の末、居眠り事故を起こしていた事を思い出す。ドライブレコーダーには、左に急カーブし、ガードレールにぶつかっている様子が映っていた。鬼塚は運転操作に慣れてない第三者による事故ではないかと疑う。

居眠り運転が疑われる中、鬼塚は「誰かがハンドルを操作したのでは」と殺人事件の可能性が大きい見立てる。

スポンサーリンク

12人目の客は誰!?

水之江社長(宮川一朗太)には全勝の石場弁護士(釈由美子)がつくことになった。過重労働はなく志田運転手の技能不足による事故だと記者会見で発表した。現在のいけうち観光はホワイト企業であり過重労働を訴える人は誰もいなかった。

鬼塚は今回の事件は単なる事故ではなく殺人事件だと神に伝える。さらにバスのチケット購入履歴から被害者は11人だったが、12人目の客がいたことが分かった。バス内のドライブレコーダーにほんの一瞬映った映像で、1人立ち上がった人物がいた。水之江社長はその画像をみて顔色がかわったのを鬼塚は見逃さなかった。

運転手が自殺を図る

志田の意識が戻った。運転中に突然、客が殴りかかってきたと証言するが、しかし顔が分からない。医師によると事故の前日から記憶が曖昧になっている。

志田の妻がテレビで客が襲ってきたことを発言してしまった。それにより被害者家族は乗客の責任するなんてと責めた。

そんな矢先、志田が病院の屋上から飛び降りようと

水之江が社長になってから過重労働なんてなかった!!自分が人殺しなんだ!と言って飛び降りてしまった。

スポンサーリンク

記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~登場人物

まずはレギュラー陣です。

鬼塚一路(北大路 欣也)

定年間際の事件で負傷し、車椅子生活となる。昇任試験より現場主義を貫き、数々の事件を解決してきた功労から、定年後に新宿東署刑事課司法係長として再任用された。

神 啓太郎(風間 俊介)

新宿東署の刑事官として配属されてきたキャリア。元警視庁捜査一課の管理官。功労者である鬼塚の下で捜査の現場を学んで来る目的で配属された。

遠山咲(上白石 萌音)

鬼塚の部下として、新宿西署地域課地域総務係から配属された。刑事志望の為、捜査の熱意は誰よりもあり、司法係の内勤業務よりも事件の捜査をしたがる。

東奏多(平岡祐太)

新宿東署・新署長として京都府警から配属されたキャリア。
司法係である鬼塚らが捜査に踏み込むことを嫌う。

栗田史郎(石黒 賢)

新宿東署刑事課・捜査一係長・警部補。
鬼塚とは旧知の仲で、刑事時代の彼の腕を認めているが、内勤になった今でも、細かい案件や事件性無しで処理したい案件などにこだわる鬼塚を多少面倒だと思っている節もある。
いつも飄々としており、ムードメーカー的存在。

木地本淳子(余 貴美子)

新宿東署刑事課・鑑識係長・警部補
鬼塚とは旧知の仲であり、彼の捜査の腕や勘を認めて一目置いている。
鬼塚が捜査する案件には積極的に協力し、遺体や現場の状況など事件のヒントになる情報を随時伝えている。

スポンサーリンク

記憶捜査2第6話・感想

鬼塚を嫌う東署長ですが、自分の人事をかけて、小山田管理官の命令に従っているのですが、この令和のバス事故でどんな利権が絡んでいるのかはまだ見えてきません。小山田管理官はまだ電話だけの登場ですが、来週の最終回はいよいよ姿を現すようです。

運転手を襲ってきた人物は一体誰なのか??12人目の客に違いないですが、死体は見つかってません。どうやってバスから脱出したのか・・・犯人は一体誰かですが、今回の第6話では出てきません。

あっという間に記憶捜査2も最終回です。あらすじはこちらになります。

【ネタバレ】記憶捜査2】第7話~令和最悪のバス事故の犯人は女性か!?
『記憶捜査2』は、ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路おにづかいちろ(北大路欣也さん)は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用され、部下の遠山咲とおやまさき(上白石萌音)と神啓太郎じんけいたろう(風間俊介)とも捜査していきます。鬼塚は...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました