記憶捜査2新宿東署事件ファイル第1話ねたばれ感想~戻ってきた鬼塚と咲

記憶捜査2

2020年10月23日夜8時から記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~第1話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

このドラマは北大路欣也さんが演じる鬼塚は、犯人を追って格闘している最中、腰椎損傷の重傷を負ってしまい両足の機能を失ってしまい車いすでの生活となり、内勤の刑事課司法係になりますが、人並み外れた土地勘があり、自分の足で捜査はできなくなっても「昭和」「平成」で培った経験で街のイメージを詳細に記憶しているため、その記憶をもって部下の咲(上白石萌音さん)と刑事官の啓太郎(風間俊介さん)に捜査指示を出しながら一緒に捜査をするというドラマです。

前回は2019年1月から全7話で放送されましたが、その続編になります。超ベテランの元刑事の鬼塚(北大路欣也さん)と刑事ではないけど部下の咲(上白石萌音さん)の絶妙のコンビネーションがよくて、そこに上司の神(風間俊介さん)が、管理官で偉いのに2人と協力し合い、たまに認知票の入力手伝ったりと、家族的な感じがよいです。ストーリーも質が高いです。

スポンサーリンク

記憶捜査2新宿東署事件ファイル第1話あらすじ・ネタバレ

公式の発表になります。

ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用された。ある日、『新宿植物園』で男性の死体が発見される。死体の身元は所持品から、「松本勇吾」という男性であることが判明。鬼塚は、その名前に聞き覚えがあり、不意にパソコンに向かい認知票(※)の検索を始める。すると、被害者は1か月前にバイク盗難により被害届を出していたことに気づく。
認知票によって明らかになった盗難事件と今回の殺人事件…。この二つの事件には何か関連性があるのか・・・?鬼塚は刑事官の神啓太郎(風間俊介)、部下の遠山咲(上白石萌音)と共に捜査を始める。だが、新署長としてやってきた東奏多(平岡祐太)は司法係である鬼塚らが捜査に踏み入ることが気に食わず、鬼塚らと捜査を進める啓太郎とも捜査方針を巡って対立する。鬼塚の人並外れた新宿の土地勘と詳細な記憶により、捜査は少しずつ進展し、バイクを盗んだのは、令和になり多発した“改元詐欺”に関わる詐欺グループであることが発覚する。次第に事件の謎が明らかになっていく中、最後に待っていた“悲しい真実”とは一体…?
※認知票(刑法犯認知情報票)…被害届を受理した警察署が作成し、警視庁に送信する書類

スポンサーリンク

記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~登場人物

まずはレギュラー陣です。

鬼塚一路(北大路 欣也)

定年間際の事件で負傷し、車椅子生活となる。昇任試験より現場主義を貫き、数々の事件を解決してきた功労から、定年後に新宿東署刑事課司法係長として再任用された。

神 啓太郎(風間 俊介)

新宿東署の刑事官として配属されてきたキャリア。元警視庁捜査一課の管理官。功労者である鬼塚の下で捜査の現場を学んで来る目的で配属された。

遠山咲(上白石 萌音)

鬼塚の部下として、新宿西署地域課地域総務係から配属された。刑事志望の為、捜査の熱意は誰よりもあり、司法係の内勤業務よりも事件の捜査をしたがる。

東奏多(平岡祐太)

新宿東署・新署長として京都府警から配属されたキャリア。
司法係である鬼塚らが捜査に踏み込むことを嫌う。

栗田史郎(石黒 賢)

新宿東署刑事課・捜査一係長・警部補。
鬼塚とは旧知の仲で、刑事時代の彼の腕を認めているが、内勤になった今でも、細かい案件や事件性無しで処理したい案件などにこだわる鬼塚を多少面倒だと思っている節もある。
いつも飄々としており、ムードメーカー的存在。

木地本淳子(余 貴美子)

新宿東署刑事課・鑑識係長・警部補
鬼塚とは旧知の仲であり、彼の捜査の腕や勘を認めて一目置いている。
鬼塚が捜査する案件には積極的に協力し、遺体や現場の状況など事件のヒントになる情報を随時伝えている。

スポンサーリンク

記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~第1話・感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました