【「緊急取調室」特別編・あらすじ・ネタバレ】3人の”ゆき”の攻防

単発スペシャル

2020年5月31日(日)よる9:00~11:04に放送されます「緊急取調室」特別編のあらすじ、ネタバレを紹介します。

3人の”ゆき”とは、今回は、天海祐希さんと松下由樹さん・斉藤由貴さんの女同士の息詰まる攻防戦になるようです。3人とも強そう・・・、強かったです。松下由樹の演技に脱帽です。本当すごい役者さんです。斎藤由貴さんも悪女役多いのですが、お顔がかわいらしいので今回の役のように裏表がある役はハマりますよね。最後は天海祐希さん、一番最後のシーンが印象的です。(くわしくは感想で)
 
「緊急取調室」は2014年、2017年、2019年に連ドラで放送されてます。天海祐希さん演じる刑・真壁有希子が、左遷先の「警視庁捜査一課 緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)で一癖も二癖もある犯人たちと取り調べを通して心理戦による駆け引きが行われる刑事ドラマです。
 
”善さん”こと大杉漣さん、久しぶりに拝見しました。なんか寂しくなりましたが、やっぱり存在感ありましたよ。
 
今回は3人の”ゆき”さんの攻防・・・真壁有希子はどうやって落とすのか楽しみです!
 

スポンサーリンク

 

「緊急取調室」特別編・あらすじ

取り調べの可視化を実施している特別取調室を取材するため、報道番組のキャスター・三沢早苗(斉藤由貴)が警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)にやって来た。可視化の必要性や、正々堂々と戦う覚悟を熱弁するキントリの紅一点刑事・真壁有希子(天海祐希)に、キャリアウーマンの早苗はすっかり共感。「いい友達になれそう」と、声高らかに固い握手を交わし合う。

仮出所した聖美が1週間前に死亡した殺人を自供

 その翌日のことだ。キントリはある被疑者の取り調べ要請を受ける。その被疑者とは前日の朝、女子刑務所から仮釈放されたばかりの元美容師・矢島聖美(松下由樹)。親友の紹介で付き合い始めた恋人を殺した罪で6年も服役し、ようやく解放されたにもかかわらず、なんと仮釈放からわずか3時間15分後に「人を殺した」と言って自首してきたのだ。

実際、供述通りの場所から、聖美の指紋や皮膚が付着した凶器と、男性の遺体も発見された。ところが不可解なことに、遺体の死亡推定時期は約1週間前――どう考えても、刑務所に収監中だった聖美には遂行不可能な犯罪だったのだ!

1回目の取り調べがはじまる

取り調べを担当する有希子は事実を究明しようとするが、聖美は“嘘の自白”を突き通すと同時に、疑ってかかる有希子を挑発。

1人でカレーを食べていたら被害者に声をかけられた。男と話すのが久しぶりだったので付いていったら、刑務所で貯めたお金をとられそうになり、殺してしまったと自供する。挙げ句、洗いざらい話す条件として、あろうことか取り調べのテレビ中継を提示してくる。だが、有希子はこれを断固拒否し取引には応じないと伝えるが、、、感情的になる

スポンサーリンク

出所してから3時間の足取りを調べる

自供を覆す証拠をつかむため、キントリの面々は仮出所後3時間の足取りや、事件背景の裏取りに走り回る。刑務所では模範囚で人格者だった。

矢島は、高校生の親友の紹介で知り合った男性を殺害してしまった。有希子は聖美が出頭時に所持していた高校時代の卒業アルバムに着目し、母校を訪ねる。清美の親友がキャスターの早苗だった。6年前、早苗は清美に向けてメッセージを残していた。「これからも彼女の友達であることに変わりはありません」だから聖美はアルバムを大事に持っていたのか。

聖美が恋人を殺してしまった事件を起こしたのは早苗の結婚式場だった

一方、ホストクラブに勤めていた1週間前に殺された植村は”自分の女”がもうすぐシャバに戻ってくると言っていた。

聖美は2人目の殺人を自供する

「新宿のニュークラウンビルに人が埋まってます。」聖美は自分が殺したと伝えるが、すでに遺骨は白骨化しており、殺害から半年から1年経過していた。被害者は今田賢人であり、聖美は収監中だった。

梶山は、取り調べの中継をやらせてもらえないか提案する。

第2回聴収はインターネットで公開

 

「なぜ嘘をつくのですか」有希子は聞くが「嘘はついてません、現に言ったとおり死体が見つかっている」と聖美は自分が殺したと言い張る。

取り調べの中継が始まった途端、早苗が行方不明になった。早苗は母校にいた。

中継をみていたタクシーの運転手が、中町田公園まで聖美を乗せたと目撃情報があった。わずかな報奨金なのにタクシーに3万円を使い、タクシーの運転手に1万円のお見舞い金までわたしていた。すぐに自首するつもりだったのか。

スポンサーリンク

聖美は刑務所にいた2人の受刑者の罪を被る

坂口みどりはの娘は死んだ植村に覚せい剤の運び屋をやらされていた。娘のかばんに凶器のナイロン紐をつけ、それを聖美は殺害現場に捨てに行った。

新田桂子は、ホスト今田と交際しており、会社お金を横領し多額のお金を貢いでいた。若い女性と浮気していた今田に新田は近くのビルに呼び出し殺害した。自分も死のうとしたができず、自宅マンションを放火した。

聖美は2人の罪を被った。

第3回取調開始・聖美の目的は何?

人間は割りに合わないことはしない。聖美は2人の罪を被ることに何がメリットなのか?

聖美「私復讐がしたかったの。6年前、溝田を殺してない。」

溝田と付き合ってなんかいない、付き合っていたのは早苗だった。結婚式当日、夫に知られたくなった早苗は聖美を立会人にして別れ話をしていたときに溝田は転落してしまった。

私が恵まれない女だから。早苗は「失うものは何もないじゃない!もしここで私のことを助けてくれたら、友人として一生大事にする。これまで付き合ってきてあげたじゃない!」

聖美は罪を被れば早苗の弱みを握れる。高いところから引きづり落としてやる。

あなたの大切な6年を無駄にするなんて。愚かなことをしたのは分かってます。友達だけは私の財産だって、心から信じていたから。。。

「丸ハダカにしてくれて、楽になりました。」

大どんでん返し・聖美は溝田と付き合っていた

矢島聖美の最後は簡単すぎた。有希子は、もう一度、聖美の自供を確認する。

聖美の自供は真に迫りすぎている。嘘をついていたのが嘘だったら。。。。有希子は聖美を丸ハダカになんてしてなかったことに気づく。

早苗は逮捕される。「早苗ありがとう、心から感謝してます」と早苗から手紙がくるたびに追い詰められた。早苗は溝田が落下するところを見てなかった。

早苗の夢は「有名になること」聖美の夢は「好きな人ができたら屋久島へ行って一緒に星がみたい」

聖美は海辺の近くで美容院を開業しようとしていた。

聖美は本当は溝田と付き合っていた。溝田の遺品に屋久島の写真があった。2008年10月16日、溝田と聖美は付き合っていた。早苗も2人の関係はしらなかった。溝田の本命は早苗だったため、聖美は溝田から付き合っていることを誰にもいうなと口止めされていた。冤罪ではなく本当に殺害していた。

仮釈放中に問題を起こしたら刑務所に戻って残りの刑期を務めなければならない。

不幸な役を引き受けてきたって言っていたけど、みんなに愛されていた。有希子は、あなたがこれからの人生を復讐で生きていくなんて悔してたまらないと泣く。

あなたに本当の自首をしてほしいから。

「私の友達になってくれる?」

スポンサーリンク

「緊急取調室」特別編・キャスト刑務所では模範囚で人格者だった。

<レギュラー陣>

  • 真壁有希子 ・・・・ 天海祐希
  • 梶山勝利 ・・・・ 田中 哲司
  • 渡辺鉄次 ・・・・ 速水もこみち
  • 監物大二郎 ・・・・ 鈴木浩介
  • 菱本 進 ・・・・ でんでん
  • 中田善次郎 ・・・・ 大杉 漣
  • 小石川春夫 ・・・・ 小日向文世

<ゲスト>

  • 矢島聖美 ・・・・ 松下由樹
  • 三沢早苗 ・・・・ 斉藤由貴

スポンサーリンク

「緊急取調室」特別編・感想

聖美はずっと自分に自信をもてない女性だったのかな。。色々な人に利用されてすごい傷ついて生きてきた女性が復讐に転じる役を松下由樹さんが見事に演じてました。すごいな。。。

最後大どんでん返しがあって、また刑務所にもどされると分かったとき、聖美(松下由樹さん)は有希子(天海祐希さん)の髪の毛をばっさりを切ってしまうのがすごい迫力でした。でも有希子は微動だにせず、聖美の人生に寄り添って泣いてしまうところに感動しました。

女優3人の良いところがたくさん見れたドラマでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました