妻夫木聡主演『危険なビーナス』第2話ねたばれと感想~牧雄を襲ったのは誰!?

危険なビーナス

2020年10月18日(日)夜9時放送の『危険なビーナス』第2話のあらすじとネタバレになります。

第1話で牧雄がエスカレーターから転落してしまいます。だれが後ろからおしたのか?第2話では犯人は分かりませんでした。勇磨(ディーンフジオカさん)は、第2話のメインパーソンでした。遺産をすべて自分のものにするために明人の嫁である楓(吉高由里子さん)の正体を調べようとします。伯朗がそれを阻止して成功したかとみせかけて、すべて勇磨の思惑通りでした。手にヒラで踊らされている感がすごかったです。

第1話のあらすじとネタバレはこちらをご覧をください。

妻夫木聡主演『危険なビーナス』第1話ねたばれと感想~謎の美女が吉高由里子
2020年10月11日(日)夜9時放送の『危険なビーナス』第1話のあらすじとネタバレになります。 矢神家の家系図と親戚の関係が複雑すぎて慣れるまで時間がかかりそうです(笑) 明人は誰かに拉致されたのか、自ら失踪したのかまだ分からないです...

スポンサーリンク

『危険なビーナス』第2話あらすじ

伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が待っていた牧雄(池内万作)は、すぐ近くのエスカレーターの下で倒れていた。救急隊員が応急処置をするなか、伯朗たちは矢神家へと急ぐ。遺産に関する情報を握る牧雄が、矢神家の誰かに口封じのためにエスカレーターの上から突き落とされたと楓は考えたのだ。だとすれば、今屋敷にいない人物か、帰宅したばかりの人物が怪しい。

2人が屋敷に到着すると、当主の妹・波恵(戸田恵子)とその異母妹・祥子(安蘭けい)、祥子の夫で医師の隆司(田口浩正)、看護師の杏梨(福田麻貴)は在宅していた。外出中でアリバイがないのは養子の勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)。さらに、車で戻ったばかりの使用人兼執事の君津(結木滉星)も怪しい…。

牧雄を突き落とした犯人は誰か?

しかし、転落直前に連絡を取っていた楓の番号が牧雄のスマホに残っていたことから、楓にも疑いの目が向けられてしまう。

勇磨は伯朗を自分の経営するレストランに呼び出す。楓は本当に牧雄の事件と関係ないのか確認するためだった。楓はあのとき、伯朗の傍にずっと一緒だったわけではなかった。明人(染谷将太)はどこかに監禁されているかすでに殺されているのではないか?楓の正体を暴ために彼女のスマホを盗んで自分に渡してほしいと頼まれる。

そんな楓を弁護しつつ、一方で伯朗は、牧雄の転落事故にも動揺を見せることなく冷静に犯人捜しをする楓に違和感を覚える。

スポンサーリンク

勇磨が伯朗に近づく

楓は牧雄が入院している病院へいくが、まだ意識不明だった。病院には警察関係者がきていたが、波恵は、矢神家として事故として穏便にしようとしていた。

伯朗は、勇磨が犯人ではないか?と自分の考えを楓に伝える。勇磨は幼少期のころから明人に対して幸之助の遺産がすべて手に入ることに大変嫉妬していた。

楓は勇磨に話を聞きたいと言い出す。伯朗とともに勇磨のレストランを訪ねる。明人が帰ってくるまで自分がパイプ役になると楓に申し出る。楓がレストランの厨房に見学に行っている間に優磨は楓のスマホをみようとする。しかし伯朗はそれを阻止する。

楓はCAだったらしいが、優磨は知り合いに聞いたが楓を知っている者はいなかった。

楓の目的は勇磨が乗っている車にGPSをつけることだった。明人は勇磨によって拉致されているかもしれない。

牧雄は事故死にされた

牧雄の転落は警察で事故で処理されることになった。また牧雄は意識が戻ることは難しい状況だとわかった。

そんな中、伯朗いる動物病院に支倉百合華が訪ねてきた。「明人はいつ戻ってくるのか?」あの人は明君の恋人ではない。あんな軽い女性を明人が好きになるわけない。だが伯朗は明人の行方はしらない。

GPSから勇磨の行動履歴がわかったと楓から伯朗に連絡が入る。

勇磨は江戸川区にある団地によく行っていた。あとをつけ部屋に入る伯朗だが、勇磨にバレてしまう。

スポンサーリンク

勇磨は楓に自分に協力するよう伝える

「俺のことをつけてきたのか?」優磨は、康之助と愛人の間に生まれた息子だ。実はお前よりよっぽど貧乏人だった。

勇磨「俺は戦って今の自分を手にいれた。たまに原点となるこの団地に戻ってくる。なんでこの場所わかったんだ?GPSか?お前の考えではなく楓だな?普通じゃない証拠だ。彼女の正体を調べてはっきりさせようじゃないか。彼女に騙されているのに気づくのが怖いじゃないか?もし彼女が明人の嫁でなければ自分のものにできるかもしれない。。。本当のお前は負け犬なんかじゃないよな?伯朗?」

優磨は楓のスマホを盗むことにした。そして勇馬に引き渡す。楓の正体が他分かったら必ずおしえるようにと。。。

伯朗に指示して盗ませました。あなたは裏切られたことになります。あなたが明人の妻ではないと分かりましたよ。

「私をどうするつもり?」

勇磨は、「矢神家にばらせばもっとひどい仕打ちを受けるかもしれない。あなたが私に協力すれば、あなたが明人の妻だと認めさせましょう。勇磨は自分が遺産をすべて譲りうけたい、そのために明人に遺産をビジネスパートナーの勇磨にすべて譲ると言ってほしいんです。」

勇磨はすべてを把握している

勇磨はこれは矢神家への復讐だと伝える。協力を要請するが、、、、楓は「そのスマホは自分のではない。話に乘ったフリして勇磨の本心を探ろうとした。」

伯朗は勇磨に「はじめてお前に勝ったよ」

勇磨は明人は失踪したことは知らなかった。楓は伯朗にスマホを差し出して自分のことがわかると渡すが伯朗は断る。

 

しかし勇磨はGPSの存在を気づいていた。そして団地も嘘だった。勇磨は幼い頃から贅沢な暮らしをしていた。伯朗は団地に入ってきたときまっさきに奥の部屋を開けようとした。それは伯朗と楓は誰かを探している。それは明人だ・・・・。

楓は何者かに階段の上から落とされる。。。。

スポンサーリンク

『危険なビーナス』相関図と家系図

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

家系図

家系図があるドラマです。

スポンサーリンク

メイン登場人物紹介

公式の発表です。

手島 伯朗(妻夫木聡)

池田動物病院の院長代理として勤務する獣医。5歳の時に父親が亡くなり、その後母親が矢神家の御曹司と再婚。矢神家の一員となったが、矢神の血を引く弟とは異なり、連れ子である伯朗は一族の中で肩身の狭い思いをして生きてきた。そのため、矢神家から姓を抜き、一族とも縁を切る選択をした。
正義感が強く真面目な性格だが、美女にはめっぽう弱い。突然現れた「弟の妻」にも翻弄され、次第に謎の美女の魅力に惹かれていく。

矢神 楓(吉高由里子)

伯朗の弟・明人の妻だと名乗る謎の女。ある日突然、伯朗の前に現れる。明るく聡明な女性だが、どこかミステリアスな雰囲気を放つ。キャビンアテンダントとして働いていた時に海外で明人と出会い、結婚。それ以降は仕事を辞めて、IT関連の仕事をしている明人の仕事を手伝っていた。明人の父が危篤だと聞き、結婚の報告も兼ねて一緒に日本へ帰国する。その直後に明人が失踪し、義理の兄にあたる伯朗に一緒に捜して欲しいと願い出る。

矢神 勇磨(ディーン・フジオカ)

矢神家の養子。商売の才覚があり、都内に複数のダイニングレストランを経営している。連れ子として矢神家にやって来た伯朗を昔から見下していて、事あるごとに挑発してくる嫌味な男。明人を捜すために伯朗と共に矢神家を訪れた楓のことを気に入り、明人の妻であることを知りながら強引にアプローチをする。

矢神 明人(染谷将太)

伯朗の母と再婚相手との間にできた伯朗の異父弟。矢神家の現当主の血を引く唯一の存在で、30億ともいわれる遺産を相続する権利を持つ。幼いころから優秀で後継ぎとして大きな期待をかけられていたが、人工知能の研究に没頭し、今はアメリカで人工知能を生かしたIT関連の仕事をしている。そこで偶然知り合った楓と結婚。現当主である父・康治が危篤と知りアメリカから帰国するが、その直後に失踪する。

スポンサーリンク

蔭山 元美(中村アン)

池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ。常に冷静で、伯朗を陰ながら支えている有能な助手。観察眼も優れていて、時に伯朗に鋭い指摘をすることも。

矢神 禎子(斉藤由貴)

伯朗と明人の母。伯朗の実父の死後、矢神家の御曹司・康治と再婚し、明人を出産した。名家「矢神家」に入ったことで、親戚づきあいに苦悩するが、そんな中でも家族を大切にしようとした芯の強い女性。16年前、伯朗が大学生の時に、事故死した。

 

『危険なビーナス』第2話感想

楓は本当に明人の妻なのか??もちろん伯朗は信じてますが、でもやっぱり妻じゃないように感じますね。まだ第2話ですけど。明人は行方不明になってますが、きっと何かの犯罪まがいに巻き込まれてしまったように思うんです。明人は楓と恋人同志だったかもしれないですね。。。でも妻では、ないと思います(笑)また楓は政府関連の仕事をしているように思うのですが、、、飛躍しすちですかね。

まだ矢神家のことが理解できてませんが、明人さんに早くお会いしたいです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました