妻夫木聡主演『危険なビーナス』第1話ねたばれと感想~謎の美女が吉高由里子

危険なビーナス

2020年10月11日(日)夜9時放送の『危険なビーナス』第1話のあらすじとネタバレになります。

矢神家の家系図と親戚の関係が複雑すぎて慣れるまで時間がかかりそうです(笑)

明人は誰かに拉致されたのか、自ら失踪したのかまだ分からないですが、楓は純粋そうに見えますが、30億の遺産を継ぐと明人の代わりに宣言するなんて。。。すごい肝っ玉が据わった女性のようです。伯朗は頼りない感じですが、父親が画家で最後に描いた絵が見当たらないのも気になります。まだ第1話ですがきになることがたくさんあります。1話ずつ、色々分かってきますかね。

スポンサーリンク

『危険なビーナス』第1話あらすじ・ネタバレ

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

伯朗は楓と共に矢神家へ

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。楓は元CAで明人とは飛行機の中で知り合っていた。結婚式の写真を伯朗に見せるが、明人とはまだ籍を入れてなかった。

矢神家に到着すると、そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。30億円の遺産を管理しているのは波江だ。伯朗の父親(義理)の妹だった。伯朗の母親は他界している。伯朗の義父は寝たきりの状態で付き添っているのは波江と牧雄(伯朗の腹違いの弟)だった。

目を覚ました義父は伯朗に「(明人に)背負わなくていい」と耳打ちする。遺産のことか?

スポンサーリンク

伯朗の母親が亡くなった家の写真の中に鍵が・・・

波江は入籍してない以上、楓に面倒は見させない。次回の親族会の集まりで紹介するとのこと。その会では遺産相続のことを話すため伯朗もくるように伝える。伯朗の母親の遺品もあるから来るべきだといわれ渋々承諾する。

楓は家を探索しているとある扉の前で牧雄と出くわす。その扉の向こうは遺品がある。牧雄は「自分のものだーーー。」一体扉の中に何があるのか?

伯朗は、後妻で入った母とこの家に来たとき矢神家の者から遺産狙いだと陰口をたたかれて暮らしてきた。二度と矢神家に踏み入れたくなかった伯朗。

明人の家にいく、楓と伯朗

そこに写真があった。ある家の写真だった。それは伯朗の母親が住んでした家であり、母がお風呂で頭をうって亡くなっていた家だった。

伯朗がその写真立てを振るとカタカタが音がなり、中を開けると鍵がはいっていた。

明人と伯朗の母方の親戚・兼岩家へ行く

翌日、楓と伯朗は、亡くなった母の妹(叔母)の兼岩家へ行く。そこには伯朗の亡くなった父親が描いた絵があった。父は画家だった。伯朗は父が亡くなる直前に描いた絵を探すがそこにはなかった。叔母は母親が矢神家に持って行ったじゃないかと伝える。

楓は3日前、明人は兼岩家に電話したと言うが、叔父は家にいたが全く気付かなかったとのこと。それは楓が兼岩夫妻のアリバイを確認するためだった。

伯朗は楓に「君が明人を誘拐したのではないか?父親の遺産が目的ではないか、君のほうがよっぽど怪しい」と言ってしまう。楓は「私は明人を愛してます」と涙をうるませながら伯朗に伝える。

この後、楓は再度、兼岩家に訪れ、明人がいないこと、またアリバイを確認したことを謝罪していた。

スポンサーリンク

明人は遺産をすべて相続すると伝える

翌日、親戚の集まりに伯朗は行かなかった。楓は矢神家にいく。そこには親戚が全員集まっていた。波江は親戚を紹介する。

波江は父・康之介の遺言状を読み上げる。

1、遺産は矢神明人に遺贈する

明人が受け継いだ遺産は、父親が一旦預かっていた。

楓は明人の意向を伝える。

矢神家に残るすべての遺産を相続する。16年前に親戚に支払われた一部の金融(お金)の支払いについても精査する。

親戚はみな激怒する。

伯朗は楓を助けに矢神家へ向かう

楓に何者かが、メモを渡す。楓は伯朗に電話する。「自分の身に何かがおきたら明人を探してほしいと伝える。」明人は伯朗は信頼できると言っていたそうだ。また何日間がいて自分もそう思ったことを伝える。伯朗は矢神家へ向かう。

楓はメモにあった部屋に到着すると、、、

階段が下に続いている地下室の部屋だった。

楓が何者かに閉じ込められていた。伯朗が助けにきた。

遺品が納められている部屋の前に集まる親戚

伯朗「あなた達が信用しなくても、楓さんは明人の妻で、僕の妹です。傷つける人は許さない」

牧雄は、「遺産以上に価値があるものがこの中にある!」波江に伝えるが今日は扉をあけない。

楓が伯朗を呼びだした。自分を閉じ込めたのは牧雄、これから会う。

しかし牧雄は待ち合わせ場所のエスカレーターから転落し怪我してしまう。

 

スポンサーリンク

『危険なビーナス』相関図と家系図

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

家系図

家系図があるドラマです。

スポンサーリンク

メイン登場人物紹介

公式の発表です。

手島 伯朗(妻夫木聡)

池田動物病院の院長代理として勤務する獣医。5歳の時に父親が亡くなり、その後母親が矢神家の御曹司と再婚。矢神家の一員となったが、矢神の血を引く弟とは異なり、連れ子である伯朗は一族の中で肩身の狭い思いをして生きてきた。そのため、矢神家から姓を抜き、一族とも縁を切る選択をした。
正義感が強く真面目な性格だが、美女にはめっぽう弱い。突然現れた「弟の妻」にも翻弄され、次第に謎の美女の魅力に惹かれていく。

矢神 楓(吉高由里子)

伯朗の弟・明人の妻だと名乗る謎の女。ある日突然、伯朗の前に現れる。明るく聡明な女性だが、どこかミステリアスな雰囲気を放つ。キャビンアテンダントとして働いていた時に海外で明人と出会い、結婚。それ以降は仕事を辞めて、IT関連の仕事をしている明人の仕事を手伝っていた。明人の父が危篤だと聞き、結婚の報告も兼ねて一緒に日本へ帰国する。その直後に明人が失踪し、義理の兄にあたる伯朗に一緒に捜して欲しいと願い出る。

矢神 勇磨(ディーン・フジオカ)

矢神家の養子。商売の才覚があり、都内に複数のダイニングレストランを経営している。連れ子として矢神家にやって来た伯朗を昔から見下していて、事あるごとに挑発してくる嫌味な男。明人を捜すために伯朗と共に矢神家を訪れた楓のことを気に入り、明人の妻であることを知りながら強引にアプローチをする。

矢神 明人(染谷将太)

伯朗の母と再婚相手との間にできた伯朗の異父弟。矢神家の現当主の血を引く唯一の存在で、30億ともいわれる遺産を相続する権利を持つ。幼いころから優秀で後継ぎとして大きな期待をかけられていたが、人工知能の研究に没頭し、今はアメリカで人工知能を生かしたIT関連の仕事をしている。そこで偶然知り合った楓と結婚。現当主である父・康治が危篤と知りアメリカから帰国するが、その直後に失踪する。

スポンサーリンク

蔭山 元美(中村アン)

池田動物病院で伯朗の助手を務める動物看護師。一見クールな雰囲気だが、どんな動物にも愛される能力を持つ。常に冷静で、伯朗を陰ながら支えている有能な助手。観察眼も優れていて、時に伯朗に鋭い指摘をすることも。

矢神 禎子(斉藤由貴)

伯朗と明人の母。伯朗の実父の死後、矢神家の御曹司・康治と再婚し、明人を出産した。名家「矢神家」に入ったことで、親戚づきあいに苦悩するが、そんな中でも家族を大切にしようとした芯の強い女性。16年前、伯朗が大学生の時に、事故死した。

『危険なビーナス』第1話感想

伯朗の母親役である禎子を演じているのが斎藤由貴さん、もう亡くなっている役ですが、この方が出ているドラマって謎が多くて悲しいのが多いように思いますが、今回もそのようです。

楓は明人の本当の妻なのか??怪しいですよね。なんとなくマルサの女とか。。。国家が絡んでいたりして(笑)伯朗も獣医というのが、遺産相続に関係なさげでそこがまたいいですね。

矢神家の面々はみんな怪しい人ばかりですが、これから本性がでてくるかと思います。どんなことを抱えているのか。。。でもこのドラマは殺人とかが起きるわけではなさそうです。複雑なお家騒動ってとこでしょうか。。。

次回第2話のあらすじはこちらになります。

妻夫木聡主演『危険なビーナス』第2話ねたばれと感想~牧雄を襲ったのは誰!?
2020年10月18日(日)夜9時放送の『危険なビーナス』第2話のあらすじとネタバレになります。 第1話で牧雄がエスカレーターから転落してしまいます。だれが後ろからおしたのか?第2話では犯人は分かりませんでした。勇磨(ディーンフジオカさん...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました