【ネタバレ】警視庁ゼロ係2021最終回~マリオネットの脳無し事件(後編)

警視庁ゼロ係

2021年7月2日(金)「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜Season5」最終回のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、小泉孝太郎さん演じる小早川冬彦は、“空気は読めないけど、事件は読める”エリート警視で、松下由樹さん扮する“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事の寺田寅三(とらみ)の“迷コンビ”が一番の見どころです。2人は姉弟みたいですよ。

そして2人を囲う毒舌の事務員・本条靖子役に安達祐実さん、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平役に戸塚純貴さん、ムードメーカーだが酒乱の係長・横山建夫役の片岡鶴太郎さんも引き続き出演します。本当楽しい仲間たちですよね。

そしていつも冬彦は、赤いものを身に着けているのですが、今回はなんとベビーキャロットだそうです。屋上で農園しているんです。体によさそうですね(笑)

第9話のあらすじネタバレはこちらです。

【ネタバレ】警視庁ゼロ係2021第9話~マリオネットの脳無し事件(前編)
2021年6月25日(金)「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜Season5」第9話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、小泉孝太郎さん演じる小早川冬彦は、“空気は読めないけど、事件は読める”エリート警視で、松下由樹さん扮...

見逃し配信はU-nextでみることが可能です。31日間は無償です。是非ご覧ください。

U-NEXT

スポンサーリンク

警視庁ゼロ係2021最終回あらすじ

脳が抜き取られた女性の連続殺人事件の捜査に当たっていた冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)は、舞(金澤美穂)の捜索中、保護司の松永(鼓太郎)の遺体を見つける。管理官の玲(中山美穂)は司法解剖を行った科警研の大平(長谷川朝晴)に疑いの目を向けていた。

冬彦は法医学顧問・飯塚(近藤芳正)に助言を求める。当時、解剖を担当した科警研の大平の先輩にあたる真中は自殺していた。しかし警察の資料には真中に関する資料はすべて消えていた。

そんな中、大平の遺体が見つかる。青酸カリを注射した形跡があった。その遺体現場近くで、車椅子の女性と男性ではないかと疑う。

冬彦は10年前と同じく事件を隠蔽しようとしている!!しかし刑事部長・権藤(小木茂光)は逆上してしまいゼロ係は解体となってしまった。

あと1日、ゼロ係として舞ちゃんを救おうと一致団結した。

スポンサーリンク

ゼロ係は復活する

脳無し事件の犯人は、科警研の飯塚だった。10年前、飯塚の妻は、手術が難しい脳腫瘍だった。その手術の実験台として犯行歴がある女性を誘拐し手術の練習をさせていた。しかし妻は亡くなってしまった。

そして10年後、今度は娘の綾香が同じ場所に脳腫瘍が出来てしまった。そのため、また綾香と同じ20代で犯罪歴がある女性を選び、手術の練習をさせていたが、綾香はそれに気づき、遺体がすぐ発見しやすいようにした。

さらに綾香はマリオネットの名前で小早川にメールを送っていた。小早川なら父を止めてくれると思ったからだった。

綾香は小早川にあとは託し、亡くなった。飯塚は逮捕される。

権藤は捜査ミスを隠蔽しようとしたが、保科によって不正は監察官に報告された。

保科は、小早川警視の敵ではなく守るために現場に戻ってきた。

スポンサーリンク

警視庁ゼロ係2021キャスト

小早川冬彦・・・小泉孝太郎

寺田寅三・・・松下由樹

本条靖子・・・安達祐実

太田文平・・・戸塚純貴

国仲春吉・・・加藤 茶

横山建夫・・・片岡鶴太郎

谷本敬三・・・石丸謙二郎

そしてSeason5から新しいレギュラーメンバーはこちらのお二方です。

大林 夏彦役・・・石田明(NON STYLE)/杉並中央署「なんでも相談室」に加わる新メンバー。巡査長。

中山美穂・・・保科 玲役 / 警視庁刑事部・捜査一課・管理官。

警視庁ゼロ係2021最終回感想

脳無し事件は、難しいところにできた脳腫瘍の手術をするために実験台になった遺体だったんですね~。小早川が最後に寅三にかわって、タメ語なしの説教をするのですが、まったく迫力はなく学校の先生みたいでしたが、でも、それも味わいがあってよかったです。

ゼロ係は保科によって存続できました。いつも誰かに助けてもらってますね。

警視庁ゼロ係は、鶴ちゃんとカトちゃんが出演していて、本当に豪華、貴重な刑事ドラマです。レギュラー陣みんなおもしろいし演技も上手いし、また来年戻ってきてくれることを祈ります。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました