【ケイジとケンジ・最終回感想】真島検事(東出)はよく頑張った!!

ケイジとケンジ
の2020年3月19日(木)「ケイジとケンジ」最終回放送予定のあらすじ、ネタバレ・ゲストの紹介す。
本日がケイジとケンジの最終回でした。第8話で児童虐待していたのは半グレ集団のリーダー久我山だった。そのリーダーを捕まえようと桜木署は動いてましたが、同じ半グレ集団の1人が死んでしまってました。その殺人を主導したのも久我山だった。
ストーリー的にはこれで終わりなんです。
 
ドラマが始まったときは真島も豪太も新米ケンジと新米ケイジでしたが、9話ではすっかり落ち着いた感じの一人前のケイジとケンジになっていたというのが納めどころのようです。
 
ドラマの最後に樫村と大貫所長が、真島に「お前はよくがんばった」というセリフがあるのですが、なんとなく不倫パッシングを受けながら、最後までドラマをやり切ったことを「よく頑張った」とねぎらったような気がしました。
 
確かに東出さんは散々叩かれましたが、最後まで真島検事をやり切りましたよね。途中から不倫沙汰になった東出さん自身とオーバーラップするようなセリフなどもあって、内心ちょっとかわいそうじゃないの?って思ってましたが、本当よく逃げ出さずやり切ったのはすごい覚悟だったと思います。
 
東出さんだけではなく、桐谷健太さんや比嘉愛未さんの演技や、柳葉敏郎さんと風間杜夫さんのひょうきんなところとか、面白かったですよね。
 
あと数年たったらぜひSeason2を!!その時には真島検事も豪太も引き続き正義の味方であり、東出さんのプライベートなところも落ち着いていて、何の後ろめたさがないバディをみたいです。
本当お疲れ様でした。
 
最終回は第8話(3月5日放送)から微妙につながっています。もし見逃した方がいらっしゃいましたら下記は第8話のネタバレです。最終回の犯人となる久我山勝也をどうやって捕まえることができるでしょうかね。楽しみです。

スポンサーリンク

ケイジとケンジ第9話あらすじ

横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 

遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。

これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。

その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

第一発見者の清原から、3人組の男だった。と証言を得た。死因は脳挫傷、

現場に居合わせたグループは内輪揉めあった。

被害者は、八尾弘樹(36歳)

沢登から八尾の情報をきく

まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。

なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーは、桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だった。

ベイシャークスはBayzというぼったくりのバーを経営していた。しかし殺された八尾はそのバーの店長でお金を横領していた。

久我山は児童虐待、仲間は風営法で送検

久我山勝也や、甲斐と椿の3人が送検された。しかしまだ八尾を殺した物証がみつからない。

豪太は再度、段田を取り調べした。

段田は、「最初は八尾がリーダーだったが、店をもってから久我山がリーダーとなり、ベイシャークスが過激になった。怖かったから抜け出せなかった。椿さんは俺に気をかけてくれショッチュウ、電話をくれた」

しかし豪太は椿の通話履歴に段田はいなかったと伝えると、段田は「椿さんはスマホ2台持ち、もう1つは1台を一緒に住んでいた女性に預けていた」

そして検察で、同じときに、3人(久我山、甲斐、椿)の取り調べが始まる。

久我山は児童虐待で傷害罪、残りの2人は風営法で起訴する

そして、「もう一つあります」

検事が「八尾弘樹さんの殺害された事件のことを3人につたえる」

真島は久我山鏡子に椿が撮った動画を見せる。久我山が八尾を殺した一部始終が録画されていた。

久我山は「金を稼ぐやつが一番偉いんだ!」、全く反省してない。

桜木署が警察庁長官賞を授与

半グレ集団を壊滅したことで桜木署が警察庁長官賞を授与された。桜木署は横浜の平和を守った。

警察、検察、派出所の田口、関係部署すべて揃って長官賞を祝った。

「真島検事は本当にがんばったぞ」樫村、大貫署長ともに認める。

おわり

スポンサーリンク

ケイジとケンジ・ゲスト紹介

 

 

 

 

久我山勝也(桐山漣)

最終回まとめ・感想

ストーリーは最終回にしては、チープな内容でしたが、東出さんがなんかかっこよく見えました。劇中にミナミも言ってました。。。1人前の検事になったという役柄を演じたのかもしれませんが、落ち着いた感じでかっこよかったです。杏さんは見る目ありますね!!やっぱり東出さんはモテますよ。だけど不倫はダメです。早く杏さんと突破口を見つけてほしいです。

すごい状況のなかでドラマを最後まで続けたことが、どれだけ苦しかったかと思います。

やっぱり最後まで「お疲れさまでした」の一言に限ります。

このドラマで桐谷さん、比嘉愛未さんがとってもすばらしい役者だと知りました。

是非またこの3人組を見たいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました