【ケイジとケンジ・第5話感想】東出さんの自爆セリフがまた出る!

2020年冬ドラマ
2020年2月13日(木)「ケイジとケンジ」第5話のネタバレと感想になります。
 
今日も出ました、東出さんの自爆セリフ「堅実で穏やかな温かい家庭をもちたい」
樫村含めた検事4人でのディーナーの場面です。
このセリフは役どころの真島検事なら言っても違和感がないセリフですが、明らかに東出さんのスキャンダルを意識したセリフのように思いました。
あと東出さんの出番が4話までに比べて少なかったですね。。。この5話あたりの撮影あたりにスキャンダルが発生したのですかね。
 
今回の放送では示談金を受け取って、起訴を取り下げるか、それとも戦うかが焦点でしたね。
 
でも、最後の真島検事(東出)の逆転劇は見事でしたよ。
 
詳しくはネタバレ記事をご覧ください。
 
下記は第4話のネタバレです。見逃した方はどうぞ。

スポンサーリンク

ケイジとケンジ第4話あらすじ(ネタバレ)

横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。

ミスをしないためには「冒険しない、ミスをしない」豪太に諭す

“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。

すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(みなとよしかず)(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。

思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。

誤認逮捕してしまった豪太と目黒

 だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! 

しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。

あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

目黒は、豪太が誤認逮捕したと責任をなすりつける

ひょうたんから駒、3年前の障害事件の犯人は源(みなもと)?

 ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 

実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。大逆転のチャンスを得た豪太らは、源をいったん釈放した直後に、3年前の傷害事件で再度引っ張ることに。

バーの店員が大ケガさせられた事件だった。

だが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧し、まずは、釈放させる。

警察の外を出た瞬間、再び3年前の障害事件で源(みなもと)を逮捕する桜木署。

取り調べをする豪太

被害者が2階から投げ飛ばされれ大けがした。コップに残っていた犯人の指紋が源(みなもと)と合致した。

被害者は下半身不随に。弁護士が示談交渉する

部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。

源は神田川(弁護士)に俺がやったというが、伊勢谷が勝手に飛び降りたという。

神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進めていた。

しかし伊勢谷は示談交渉には応じない!と伝える。そして犯人の顔を確認すると確かに突き飛ばしたのは源だった。

送検される源だったが、完全黙秘だった。

伊勢谷は2000万円で示談に応じてしまう。

事件があったバーにいく豪太と目黒。伊勢谷はバスケのプロになるはずだったのにあの事件が発生した。同僚の大村君が一部始終見ていた。

神田川弁護士が、真島検事のもとへ行き、伊勢谷が2000万円で示談に応じたことを伝える。

そして、2つの事実を伝える。

①大村は伊勢谷から20万円借りていた。お金を借りていた人に良い証言はするはず。

②伊勢谷が入院した病院は保険金詐欺で家宅捜査をうけていた。

被害者が許しているのだから、裁判所お寛大な判決になるはず。これ以上の取り調べは必要なと神田川が伝える。

伊勢谷は、実刑にならないなら、目先の現実に目を向けたと真島に伝えた。

示談に応ぜず傷害罪で起訴へ

実況見分をする豪太と目黒。やはり簡単に自ら飛び降りるとは考えられない状況だった。

源が過去同じような事件を発生してないか調べる目黒。源はたびたび事件を起こしており、川崎界隈で出入り禁止になっていた。幾度か同じことが発生しているなら、実刑にできる可能性がある。

真島は神田川弁護士のもとへ

伊勢谷は最終的に示談に応じないことを伝える。神田川はショックを受ける。

そして、民事で戦うようだと伝える。

伊勢谷はBリーグのチームで入る予定だった。10年プロで働いたとして2億円はくだらないはず。民事の弁護士は東堂先生(民事のレジェンド)が担当すると伝えた。

2000万円で示談にしようと思っていた神田川だったが、なんと10倍跳ね上がってしまった。

真島検事の勝利。。

スポンサーリンク

ケイジとケンジ・ゲスト紹介

 

 

 

 

 

伊勢谷徹(池岡亮介)

 

 

 

 

 

 

向谷孝太郎(荒川浩平)

 

 

 

 

 

神田川博史(堀井新太)

 

 

 

 

 

源義和(深水元基)

まとめ・感想

何かの事故になって半身不随になってしまったら・・・・ショックなんてものじゃないですね。人生が思いっきり変わってしまいます。示談に応じる?やっぱり被害者は目先のお金で決めてしまいそうになりますが、その10倍を民事で訴求することになりました。

検事は民事について薦めてはいけないというルールがあるなんて知らなかったですが、民事も弱者の味方なのですね。

だけどやっぱり東出の出番が4話までより、少なくなってましたね~。そのように感じましたがが、でもやっぱり最後は検事が起訴するかどうか決めるので、その大事なときは出てきてますので、やっぱり降板しないのも大事な役どころなのですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました