【ネタバレ】刑事7人2022最終回~路敏の秘められた過去

刑事7人

2022年9月14日(水)『刑事7人』最終回のあらすじとネタバレ、感想になります。

このドラマは東山紀之さん演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気シリーズです。2015年からスタートし今回がシーズン8です。

天樹をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)の7人のバランスがとても良かったのですが、今回のシーズン8では、新専従捜査班に 東大卒のキャリア組の新人、いわゆる《Z世代》のエリートが坂下路敏ろびん(小瀧望)が新メンバーになり、水田(倉科カナ)がアメリカFBIへいくことになり専従班から抜けてしまいました。寂しいですね。

第8話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】刑事7人2022第8話~《死の人狼ゲーム》の行方
2022年8月31日(水)『刑事7人』第8話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは東山紀之さん演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気シリーズです。2015年...

スポンサーリンク

刑事7人2022最終回あらすじ

人気のない路地裏。坂下路敏(小瀧望)が、怪しげな男・小室(鷲尾英彰)に現金を渡している。小室は金を数え、不敵に笑うのだった…。

一方、新専従捜査班に、交番勤務の巡査部長・山岸正武(鶴見辰吾)が撃たれたという知らせが入る。現場に捜査一課長と一課の面々が現れる。なんと、遺体から検出された銃弾は、警視庁が採用している銃と同型の可能性が高く、警官が警官を殺害したのだろうか?

その後の捜査一課の調べで、犯行に使用された銃弾が、12年前に起こった八王子警察官殺害事件において射殺された警察官が使用していたものと一致。継続して捜査にあたっている東八王子署の小清水祐人(弓削智久)によると、スーパーでの万引きが見つかった当時高校生の古市潤(赤木 耀)が、連行中に逃走を図り、警官の銃を奪って発砲し射殺したとみられているという。

整形を施して逃亡しているという説もあったが、現在まで捕まっておらず、今回の凶器がその時使用されたものだとすると、姿を隠してきた古市による犯行なのだろうか? そんな中、12年前の未解決事件にもつながる、警察官が殺害された大きな事件にもかかわらず、路敏は定時に帰ってしまう。その姿を、天樹はいぶかしげに見つめるのだった…。

スポンサーリンク

犯人は交通課の刑事

後日、天樹と野々村拓海(白洲迅)は、山岸が殺害された現場で、清掃員の土井和彦(遠山俊也)に聞き込みをしていた。土井によると、1カ月ほどの前に山岸は年配のホームレスと揉めていたという。また、後輩の元警官の話によると、山岸は勤務態度が悪く、金の無心をされたこともあったそうだが、彼が腐ってしまったのは、逃走中の古市に職務質問したものの取り逃がしたことが原因だと語る。さらに、古市から金銭を受け取り、わざと見逃したというウワサもあったという。

そして、相変わらず定時で帰ってしまう路敏を、ついに天樹が尾行。路敏は山岸と面識があった。お金がなく山岸が紹介してくれた金貸し屋から借りて大学に行くことができた。路敏にとっては恩人だった。

3年前、古市は母親に「警察は信じるな」と電話してきた。

古市は顔をかえて清掃員になっていた。自分が本当のことを話しても誰も信じてくれなかったが山岸だけは信じてくれた。だがその後また逃亡生活が続き、12年後また会うことができた。古市は12年前の八王子警察官殺害事件で想い出したことがありそのことを山岸に伝えていた。

真犯人は交通課の刑事・小清水裕人警部補だった。小清水は違反切符を切らない代わりに金銭を要求していた。それに気づいた山岸は小清水を追及したが銃で撃たれて死んでしまった。

 

 

スポンサーリンク

刑事7人2022キャスト紹介

公式の発表です。

天樹 悠(あまぎ・ゆう) 東山紀之

警視庁刑事部新専従捜査班刑事。
過去シリーズで警視庁遺失物センター、機動捜査隊、SATに所属。一見朗らかだが、ふと人を食ったような態度を見せることもある。捜査能力は非常に高く、ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間まで物事を決めつけないスタイル。2005年の妻子を失くした事故が仕組まれたものであると判明し、その真相に己の正義感が揺らぐが、現在はただ前を向いて進もうと努めている。資料の僅かな違和感を見逃さず、その原動力は天樹の根底に眠る《比類なき正義》に他ならない。

海老沢芳樹(えびさわ・よしき) 田辺誠一

警視庁刑事部新専従捜査班刑事。
かつては上昇志向の塊のような排他的な男で、組織でのし上がることしか考えていなかった。しかし、専従捜査班のメンバーとして行動を共にするうちに、彼の中に眠っていた《静かなる正義》が目を覚ます。空気の読めない“天然”な一面も見せるが、時折彼が発した何気ない一言が、行き詰まった捜査を一転させることも。大家族を養うため、毎年受け続ける昇任試験に10年連続不合格の不名誉な記録を達成してしまったが、そのことは本人納得済み。

水田 環(みずた・たまき) 倉科カナ

警視庁刑事部新専従捜査班刑事。
捜査一課、監察官、暴力団対策課を歴任してきた。監察官として数々の不祥事を摘発し、警視庁の組織浄化の功労者となる。天樹とはまた違うタイプの高い洞察力と推理力を持つ。容姿端麗で、非常にクラシカルで職人肌な一面も。その言動は感情をあえて抑制し、冷静沈着。しかし、警察組織に揉まれていく中で、頑なな環の《潔癖な正義》は少しずつ変化を見せ始めている。

坂下路敏(さかした・ろびん) 小瀧 望(ジャニーズWEST)

新専従捜査班、新任刑事。階級は警部補。
専従捜査班をエリート集団と認め、自ら希望して配属されてきたキャリア組。専従捜査班の面々、先輩たちを尊敬しているが、コスパ重視のやり方は崩したくない。集中したいときは、シェアボックスの個室に籠る習性がある。捜査会議にシェアボックスからリモートで参加する事も。サボっているわけではなく、あくまでも効率重視の結果である。路敏の《新しい正義》は、新専従捜査班を波乱に巻き込むことに。捜査時にはSNSで情報収集し、堂本教授との初めての挨拶もリモートで済ませようとする。
 

スポンサーリンク

野々村拓海(ののむら・たくみ) 白洲 迅

警視庁刑事部新専従捜査班刑事。
幼い頃より刑事になるのが夢だったが、その好奇心旺盛かつ無邪気すぎる性格が災いし、表舞台に立つことはなく、一貫して内勤畑を歩んできた。専従捜査班結成に伴い、刑事として歩み始めることになるが、強烈な個性を放つ先輩刑事たちを前に、結果が出せない自分に歯がゆさを感じている。しかし、拓海が本来持つ《純粋な正義感》が、刑事として彼を成長させている。新人として入ってきた路敏のことも純粋に可愛い後輩として世話をする。お酒に弱く、青山からアルハラを受けているが、本人はまったく気にしていない。

青山 新(あおやま・あらた) 塚本高史

警視庁刑事部新専従捜査班刑事。
所轄刑事、捜査一課、交番勤務を経験。警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない危ない男。一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を肌感覚で掴むことができ、自分なりの信念《法に縛られない正義》を持つ。拓海の“子守り”を担当したことで、やんちゃだった青山を少しずつ大人に成長させた。水田環との共同生活をし始め、異性として意識している(?)が、環の本心は測りかねている。

片桐正敏(かたぎり・まさとし) 吉田鋼太郎

警視庁刑事部新専従捜査班班長。
捜査一課12係長、刑事総務課長、第11方面本部準備室長、運転免許センター発行係などを歴任。これまで数々の大失態を犯してきたにもかかわらず警視庁に留まっていられるのは、上層部の弱みを握ったからだと噂されている。一見、組織の上ばかり見ているように思えるが、実は天樹たちと同様《確固たる正義》を持っている。プライベートは謎に包まれているが、離婚をした妻との間にできた年頃の娘を溺愛している。

堂本俊太郎(どうもと・しゅんたろう) 北大路欣也

東都大学医学部名誉教授。天樹の義父。
警視庁の依頼を受け、事件性の高い遺体の司法解剖を行っていた。現在も自ら解剖を行いながら、世界的権威として法医学界を牽引している。半世紀近く“法医”という厳しい世界に身を置いているが、その根底にあるのは《不屈の正義》。ただし、あくまでも法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのはあくまで刑事」と明確に一線を設けている。

 

刑事7人2022最終回感想

警察官が違反切符を切らないかわりに金銭を要求する・・・現実の世界ではないことを祈ります。。鶴見辰悟さんは老けないですね~。

刑事7人2022年は水田(倉科カナさん)が離脱し、イマドキの路敏が入り、男だらけの刑事7人になりましたが、それぞれ個性が強いので飽きないで見ることができました。

路敏も毎回空気読めない話し方ばっかりしていてかわいくないな。。。って思いましたが、だんだん打ち解けていくのをみて、天樹達は路敏をまったく悪く思わず懐あつく接しているのをみて、やっぱり人はコミュニケーションが大事だなって改めて思いました。

でもやっぱり女性がいたほうがいいかなって思います。次のシーズンでは期待したいですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました