【刑事7人・シーズン6第3話ねたばれ・感想】潜入捜査で犯人逮捕!!

刑事7人

2020年8月19日(水)刑事7人シーズン6第3話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

水田(倉科カナさん)のOL姿がとてもかわいかった。。。の印象が強かったです。(詳しくはネタバレ記事をご覧ください)

それにしても第1話、2話で数字(日付)に隠された犯行動機があり、まだ1回目で見つかった数字「18820]の謎がまだ分かってません。何かの犯行を表しているのだと思いますが、まったく分からないです。

第2話のネタバレ記事はこちらになります。

スポンサーリンク

刑事7人シーズン6第3話あらすじ・ネタバレ

偽造パスポートを所持した男の遺体が見つかった。天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班の調べにより、男の本名が山田和彦(酒井貴浩)で、殺害前日に複数国を経由してリオデジャネイロに行く航空券を購入していたことがわかる。その複雑な経路に加え、年間20回以上もの渡航歴などから、山田は密輸組織に関係していて、高飛びしようとしていたのではないか、という疑惑が浮上する。

「18820」の日付に反応する天樹

 野々村拓海(白洲迅)とともに、山田の勤務先であるバイオマス発電の研究所に向かった天樹は、そこで目にした集合写真の日付に引っかかる。捜査資料「ゼロA」が強奪されたトラックに書き殴られていた数字「18820」だったのだ――! さらに、その写真に写っている女性に見覚えがある天樹…。

研究所の所長・中西由紀夫(冨家規政)から、その女性は研究所を支援しているNPO法人「WIND」の秘書・田中玲子だと教えられるが、その後記憶をたどった天樹は、3年前に退官した所轄の刑事・室井沙織(佐藤寛子)と断言。

退官2日後に田中玲子と名前を変え、「WIND」に入社していることや、その後突然行われ失敗に終わった研究所への家宅捜索は、公安の任務で潜入捜査した沙織が入手した情報によるものではないかと考えた天樹は、それならば自分たちが表立って動くと任務に影響が出るかもしれない…と危惧するが、「18820」の謎をとくために捜査を始める。

スポンサーリンク

潜入捜査が始まる

正面突破できないのなら裏から…水田環(倉科カナ)の提案で、研究所に青山新(塚本高史)が、「WIND」に環が、そして研究所に出入りのある海運会社に拓海が潜入することに!

「WIND」に潜入した環は、沙織がフランス支局長を務めているという情報を入手。さらに、代表・釜本久志(篠井英介)の部屋に盗聴器を設置しようと試みるが、疑いの目を向けられてしまう。

また、青山は研究所に突然立ち入り禁止エリアができたことに疑問を感じる。

姿を消した沙織

 一方、沙織の実家を訪れた天樹、入国管理局に問い合わせた海老沢芳樹(田辺誠一)の調べにより、沙織が出国した記録はなく、研究所への家宅捜索と時を同じくして母への連絡も2年途絶えていることが判明する。

姿を消した沙織、失敗に終わった家宅捜索――環らが潜入捜査を続ける中で、沙織が「WIND」に寝返り、山田の殺害にも関与している可能性が浮上する。

 そんな折、拓海が潜入中の海運会社が研究所に発電の材料を届ける日に、「WIND」の釜本も視察に訪れることが発覚。関係者が一堂に会することを知った天樹らは、その日にある仕掛けをすることを決意する。

スポンサーリンク

沙織は亡くなっていた

WINDの立ち入り禁止エリアに何が隠されているかを探すことに。堂本に依頼し身元不明の遺体から室井沙織を探してほしいと依頼する。

沙織は無縁仏となって亡くなっていた。

WINDSを辞めた社員に会う天樹

その社員によると2年前、沙織は何者かに物を渡し「もうできません」と言っていた。それが沙織をみた最後だった。母親への連絡が途絶えたのも2年前で符号している。

天樹は沙織は殺されている可能性がある。

助成金を騙しとるのが目的

WINDSは助成金狙いで電気料を水増ししている可能性があった。3日後、再生可能エネルギー会議が行われる。そこで新しい基準が決められれば、不正したことがバレてしまう。

研究所の立ち入り禁止エリアに何があるのか、調べるために、研究所を一時的に停電にした。時間制限は3分、水田、拓海、青山は合流し立ち入り禁止エリアに向かったが、部屋には何もなかった。

光雲の社長が自ら何かを運んでいた。その荷物を研究所の中西に渡していた。

天樹はWINDの狙いはテロかもしれない、新基準で審査が行われたら通らない可能性がある。

スポンサーリンク

青山が囮になり、犯人を確保

中西に見つかってしまう青山

目を覚ますと釜本がいた。警察だとバレていた。

沙織を殺したことを認める。そして青山を殺害しようとするが、天城が現れた。

再生エネルギーの会議は予定とおり明後日、しかしWINDSには明日午後だと罠をかけた。そしてわざと青山は拉致された。

釜本はその罠にはまってしまいすべてを話してしまった。

もちろんそすべて録音されていた。

釜本を逮捕。

スポンサーリンク

刑事7人シーズン6・相関図とキャスト紹介

 

天樹悠(あまぎ・ゆう)………東山紀之

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事。
警視庁遺失物センター、捜査一課12係、機動捜査隊を経て、現職。
一見朗らかだが、かつてはふと人を食ったような態度を見せることもあった。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間まで物事を決めつけないスタイル。機捜時代は夜を徹して覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く現場に駆けつけ初動捜査を指揮、被疑者を追い詰めてきた。妻子の事故死が仕組まれたものであることが判明し、己の正義感が揺らいだこともあったが、今はただ前を向いて進んでいくよう努めている。
刑事資料係で莫大な捜査資料と向き合うことで“人間犯罪ビッグデータ”へと変ぼうを遂げた。いざ事件が発生すると、資料係を飛び出し、独自に捜査を始める。その原動力は天樹の根底に眠る<比類なき正義>にほかならない。先日、老眼鏡を新調したが、誰も気づいてくれない。

海老沢芳樹(えびさわ・よしき)………田辺誠一

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班主任刑事。
環、青山の直属の上司。かつては上昇志向の塊のような男で、組織でのし上がることしか考えていなかったが、天樹らと行動を共にする中で、彼の中に眠っていた<静かなる正義>が目を覚ました。空気の読めない“天然”な一面もあるが、ふと口にしたなにげない一言が、行き詰まった捜査を一転させることも。昼あんどんな片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執る。“チームのために”と、毎年昇進試験に挑み続けているが、いつまで経っても受からないのが目下の悩み。
昨年、孫が生まれ、若くして祖父になった。

水田環(みずた・たまき)………倉科カナ

 

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班刑事。
捜査一課12係、監察官を経て、再び刑事の世界に舞い戻ってきた。天樹とはまた違ったタイプの高い洞察力と推理力を兼ね備えている。容姿端麗だが、非常にクラシカルで職人肌な一面をもつ。あえて感情を抑制し、冷静沈着に行動。監察官時代は“スパイ”として仲間の動向を内偵するよう要請されたが、決して裏切ることはなかった。警察組織にもまれていく中で、環の<潔癖な正義>が少しずつ変化を見せ始める。完全な男社会を息苦しく思っているものの、どこかでうれしさも感じている自分に戸惑いを隠せない。婚活サイトに登録してはみたものの、個性派揃いの専従捜査班のメンバーの影響で、ほかの男性に物足りなさを感じてしまうのか…まだ一度も利用していない。

スポンサーリンク

野々村拓海(ののむら・たくみ)………白洲迅

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事。
留置管理課を経て、現職。幼いころから刑事になるのが夢だったが、その好奇心旺盛かつ無邪気すぎる性格が災いし、一貫して内勤畑を歩んできた。専従捜査班結成に伴い、ついに刑事として歩み始めるが、強烈な個性をもつ先輩たちを前に、結果が出せない自分に歯がゆさを感じている。しかし、亡くなった母に誓った「立派な刑事になる」という約束と<純粋な正義>で、一歩ずつではあるが成長している。専従捜査班のメンバーからの無茶なコーヒーのオーダーにブツブツ文句を言っていたが、昨年ついにコーヒーソムリエの資格を取得した。

青山新(あおやま・あらた)………塚本高史

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班刑事。

所轄刑事、捜査一課12係、交番勤務を経て、再び刑事に。警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男だが、一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を肌感覚でつかむことができる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、自分なりの信念や<法に縛られない正義>をもっている。拓海の教育係になり、やんちゃだった青山も少しずつ成長していく。とはいえ、いつのまにか警察組織に染まりつつある自分に腹立たしさを感じている部分もあり…“組織には絶対組み込まれない!”という“黒さ”も忘れてはいない。親友を失うなど人知れず孤独を抱えているが、専従捜査班のメンバーの前では陽気に振る舞う。休日は昼からひとり酒…でも合コンだったとウソをつく。

片桐正敏(かたぎり・まさとし)………吉田鋼太郎

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係長 兼 専従捜査班長。
捜査一課12係長、刑事総務課長、第11方面本部準備室長、運転免許センター発行係を経て現職。これまで数々の失態を犯してきたにもかかわらず現職に留まっていられるのは、上層部の弱みを握っているからだと噂されている。善悪定かならぬ人物であり、超権力主義者。専従捜査班の設立を上層部にゴリ押しした張本人。組織の上ばかりを見ているようで、実は天樹たちと同様に、<確固たる正義>をもっている。とはいえ、専従捜査班の運営は海老沢らに任せっきりで、気が向いた時にだけフラッと姿を見せる。プライベートは謎に包まれているが、自宅には帰らずビジネスホテルを泊まり歩いていることは周知の事実。離婚協議中なのは明らかだが、誰もそのことに触れない(むしろ興味ナシ…)。

堂本俊太郎(どうもと・しゅんたろう)………北大路欣也

 

 

 

 

 

東都大学医学部法医学教授。天樹の義父。

警察の依頼を受け、事件性の高い遺体の司法解剖を行う。生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界をけん引している。50年近く“法医”という厳しい世界に身を置いているが、その根底にあるのは<不屈の正義>。その信念は70歳を超えても衰えることを知らない。事件現場に赴くことはなく、大学の解剖室でひたすら被害者の声なき声を聞く。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、時として堂本の見立てが捜査方針を180度変えることも。ただし、法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのは刑事」と、警察とは明確に一線を設けている。
今でも亡き妻の残したレシピを大事に持っていて、気が向くと天樹らに手料理を振る舞う。

刑事7人シーズン6・第3話感想

潜入捜査ってバレないか。。ハラハラしますよね。青山が一番心配でした(笑)

それにしても水田環(倉科カナさん)のOL姿がかわいすぎます。。。眼鏡がすごいマッチしてました。

今日は片桐がでてきませんでしたね。。出張かな。。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました