【刑事7人・シーズン6第2話ねたばれ・感想】3つの誘拐と殺人事件の犯人は?

刑事7人

2020年8月12日(水)刑事7人シーズン6第2話のあらすじとネタバレになります。

第1話では3人の小学生が誘拐されました。そこには理不尽な死に方をした被害者が犯人扱いされ、真実が闇に葬られた事件があります。その当事者が何者かに同じ殺され方をする、という事件が続きます。第2話でその犯人は分かりました。しかし被害者遺族ともう1人黒幕がいたんです。子の黒幕は警察官でした。

第1話のネタバレ記事はこちらになります。見逃した方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

刑事7人シーズン6第2話あらすじ・ネタバレ

3人の子どもが誘拐されている。(第1話からの続き)

法務大臣・高木慎一郎(金子昇)の隠し子、教育委員会の元教育長・小林孝之(不破万作)の孫の誘拐事件が解決しないまま、3件目の誘拐事件が発生する。

さらわれたのは、過去に殺人事件の被疑者の精神鑑定を手掛けていた大学教授・木下幸二(藤田宗久)の孫。しかし、今回の現場には、前2件のように白い塗料で書き殴られた不可解な数字は残されていなかった…。

 一方、殺害された小林の解剖を手掛けた法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、胃の中からプラスチック容器に入った黒い紙を発見。そこには白いペンで数字が書かれていた。専従捜査班の天樹悠(東山紀之)らは、この数字が木下の孫を誘拐する犯行予告だったのかと、首を傾げる。

3年前の通り魔事件で無罪になった村上雅人

 2件の誘拐事件を調べると、過去に高木と小林が保身のために冤罪をでっち上げ、真相を闇に葬っていたという事実が判明。その事件の真相を公にし、真犯人を粛清する殺人事件が続いていたため、木下が過去に精神鑑定を担当した事件にも隠された真実があるのではないか…と考えた天樹は、1件の裁判記録を入手する。

これは、3年前、帰宅途中の女性・本条美和(花奈澪)が廃墟に連れ込まれ殺害された通り魔事件の記録で、それによると、木下が行った精神鑑定が採用され、被告人・村上雅人(平田雄也)が無罪になっていた。しかも、その日にちは小林の胃から出てきた数字だった――!

 一連の犯行は、遺族による復讐ではないかとにらむ水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は、通り魔事件の被害者の父・本条健一(正名僕蔵)のもとへ。しかし、前2件の被害者遺族・原田國広(阿南健治)、大河内貞夫(升毅)と同様、本条にも鉄壁のアリバイがあった…。

道上管理官に被害者遺族会のことをきく

本条に第1の事件が発生した7月1日から4日までのアリバイを確認するが、風邪で会社を休んでアリバイがなかった。

原田と大河内に本条の協力を得て、それぞれの敵を取ったのではないか?

犯人は、村上雅人の正当の裁きを求めている。木下教授は精神鑑定書を捏造したのではないか?

当時の事件関係者に道上元管理官に話を聞きにいく天樹、被害者遺族の会で3人が知り合った可能性があると助言をうける。そして1か月前に3人とも同じタイミングで退会していることがわかった。

木下教授は村上の精神鑑定所を捏造していたことを告白

木下教授はマスコミ宛てに告白文を送付した。

それは当時、村上雅人の父親から大学への補助金をカットするといわれて致し方なく捏造したというものだった。

本条と村上が行方不明に。。。。

「何故お前は美和を殺したのか教えてくれ!」

クスリをとられてから殺した。。。村上は白状した。

刺殺しようとしたところ、専従捜査班が到着した。

「精神鑑定書が嘘の虚偽だと分かった以上、罪から逃れられない」天樹は村上に伝える。

原田と大河内の身柄を抑えにいく。

原田と本条が逮捕されたが、大河内は自殺

計画はすべて大河内が考えてくれた。1件目と2件目は本条が、3件目は大河内が子供も誘拐した。

原田が加倉井政務官を殺害し、大河内が小林克之を殺害したときも本条がアリバイをつくった。

子どもたちのことは大河内に任せていたため、居場所が分からない。

原田と本条の取り調べを行っている最中、大河内が自殺した。。。

大河内遥の日記の最後に「想いは遂げられた、彼には感謝している」

彼とは誰だ?原田も本条も心当たりがない。

大河内は他殺、2人目の小林克也と何があったのか。。

何故、2件目の小林克之が2回絞め殺されたのか。そして3件目につながる日付は、小林の胃の中からみつかった。犯人にとって小林は特別だったに違いない。

堂本が大河内の解剖した結果、右目に繊維片が見つかり、爪からも見つかった。

大河内は自殺ではなく、他殺だった。

実況見分が行われた。そこには庶務係として当日現場にいた加山一彦(笠原秀幸)も立ち会った。

黒幕は加山だった

3人の被害者の詳細が書いてある0Aの資料を手に入れるために加山は自ら移送担当に名乗り上げた。

大河内の爪と瞼の裏に残っていた、繊維片は警察官の制服だった。

加山は、中学の頃、いじめにあっていた。何度いじめを訴えても無視された。当時の教育委員会で担当していたのが、小林克之だった。

加山は転校するしかなかった。被害者遺族のためは表向きで実際は自分の恨みを晴らすのが目的だった。小林克之を刺殺したのは加山だった。吊るしたのは大河内だった。

大河内は「自首してあなたのことも伝える」と言ったから殺害した。

 

天樹は「子どもたちはどこですか?」子どもたちが解放された。全員無事だった。

しかし0A資料が積まれていたトラックに書いてあった数字『18820』の謎は残ったままだった。

スポンサーリンク

刑事7人シーズン6・相関図とキャスト紹介

 

天樹悠(あまぎ・ゆう)………東山紀之

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事。
警視庁遺失物センター、捜査一課12係、機動捜査隊を経て、現職。
一見朗らかだが、かつてはふと人を食ったような態度を見せることもあった。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間まで物事を決めつけないスタイル。機捜時代は夜を徹して覆面パトカーで街を走り続け、誰よりも早く現場に駆けつけ初動捜査を指揮、被疑者を追い詰めてきた。妻子の事故死が仕組まれたものであることが判明し、己の正義感が揺らいだこともあったが、今はただ前を向いて進んでいくよう努めている。
刑事資料係で莫大な捜査資料と向き合うことで“人間犯罪ビッグデータ”へと変ぼうを遂げた。いざ事件が発生すると、資料係を飛び出し、独自に捜査を始める。その原動力は天樹の根底に眠る<比類なき正義>にほかならない。先日、老眼鏡を新調したが、誰も気づいてくれない。

海老沢芳樹(えびさわ・よしき)………田辺誠一

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班主任刑事。
環、青山の直属の上司。かつては上昇志向の塊のような男で、組織でのし上がることしか考えていなかったが、天樹らと行動を共にする中で、彼の中に眠っていた<静かなる正義>が目を覚ました。空気の読めない“天然”な一面もあるが、ふと口にしたなにげない一言が、行き詰まった捜査を一転させることも。昼あんどんな片桐に代わり、専従捜査班の陣頭指揮を執る。“チームのために”と、毎年昇進試験に挑み続けているが、いつまで経っても受からないのが目下の悩み。
昨年、孫が生まれ、若くして祖父になった。

水田環(みずた・たまき)………倉科カナ

 

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班刑事。
捜査一課12係、監察官を経て、再び刑事の世界に舞い戻ってきた。天樹とはまた違ったタイプの高い洞察力と推理力を兼ね備えている。容姿端麗だが、非常にクラシカルで職人肌な一面をもつ。あえて感情を抑制し、冷静沈着に行動。監察官時代は“スパイ”として仲間の動向を内偵するよう要請されたが、決して裏切ることはなかった。警察組織にもまれていく中で、環の<潔癖な正義>が少しずつ変化を見せ始める。完全な男社会を息苦しく思っているものの、どこかでうれしさも感じている自分に戸惑いを隠せない。婚活サイトに登録してはみたものの、個性派揃いの専従捜査班のメンバーの影響で、ほかの男性に物足りなさを感じてしまうのか…まだ一度も利用していない。

スポンサーリンク

野々村拓海(ののむら・たくみ)………白洲迅

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係 兼 専従捜査班刑事。
留置管理課を経て、現職。幼いころから刑事になるのが夢だったが、その好奇心旺盛かつ無邪気すぎる性格が災いし、一貫して内勤畑を歩んできた。専従捜査班結成に伴い、ついに刑事として歩み始めるが、強烈な個性をもつ先輩たちを前に、結果が出せない自分に歯がゆさを感じている。しかし、亡くなった母に誓った「立派な刑事になる」という約束と<純粋な正義>で、一歩ずつではあるが成長している。専従捜査班のメンバーからの無茶なコーヒーのオーダーにブツブツ文句を言っていたが、昨年ついにコーヒーソムリエの資格を取得した。

青山新(あおやま・あらた)………塚本高史

 

 

 

 

警視庁刑事部 専従捜査班刑事。

所轄刑事、捜査一課12係、交番勤務を経て、再び刑事に。警察官にならなければ犯罪者になっていたかもしれない男だが、一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を肌感覚でつかむことができる。一見ダーティーに見える捜査スタイルだが、自分なりの信念や<法に縛られない正義>をもっている。拓海の教育係になり、やんちゃだった青山も少しずつ成長していく。とはいえ、いつのまにか警察組織に染まりつつある自分に腹立たしさを感じている部分もあり…“組織には絶対組み込まれない!”という“黒さ”も忘れてはいない。親友を失うなど人知れず孤独を抱えているが、専従捜査班のメンバーの前では陽気に振る舞う。休日は昼からひとり酒…でも合コンだったとウソをつく。

片桐正敏(かたぎり・まさとし)………吉田鋼太郎

 

 

 

 

警視庁刑事部 刑事総務課刑事資料係長 兼 専従捜査班長。
捜査一課12係長、刑事総務課長、第11方面本部準備室長、運転免許センター発行係を経て現職。これまで数々の失態を犯してきたにもかかわらず現職に留まっていられるのは、上層部の弱みを握っているからだと噂されている。善悪定かならぬ人物であり、超権力主義者。専従捜査班の設立を上層部にゴリ押しした張本人。組織の上ばかりを見ているようで、実は天樹たちと同様に、<確固たる正義>をもっている。とはいえ、専従捜査班の運営は海老沢らに任せっきりで、気が向いた時にだけフラッと姿を見せる。プライベートは謎に包まれているが、自宅には帰らずビジネスホテルを泊まり歩いていることは周知の事実。離婚協議中なのは明らかだが、誰もそのことに触れない(むしろ興味ナシ…)。

堂本俊太郎(どうもと・しゅんたろう)………北大路欣也

 

 

 

 

 

東都大学医学部法医学教授。天樹の義父。

警察の依頼を受け、事件性の高い遺体の司法解剖を行う。生涯現役を誓い、世界的権威として法医学界をけん引している。50年近く“法医”という厳しい世界に身を置いているが、その根底にあるのは<不屈の正義>。その信念は70歳を超えても衰えることを知らない。事件現場に赴くことはなく、大学の解剖室でひたすら被害者の声なき声を聞く。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、時として堂本の見立てが捜査方針を180度変えることも。ただし、法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのは刑事」と、警察とは明確に一線を設けている。
今でも亡き妻の残したレシピを大事に持っていて、気が向くと天樹らに手料理を振る舞う。

刑事7人シーズン6・第2話感想

「真実が一つ」真実が捻じ曲げられて本当の犯人が見つからず大切な人が殺されてしまった被害者遺族によるものでした。ただ警察官も正義を裏切ってました。

ストーリーの最後に、天城たちを写真をとっている人がいました。あと第1話で0A資料がとられたときのトラックに書いてあった番号が何だったのか。。。まだこのことは解決してません。

天樹に関係がある事件なのでしょうか。。。

劇中に道上元管理官(田中哲史さん)が出てきて、警察官は退官し、子供が好きだからと保育士?的なことをしてました。天城のことをすごくかっている感じでしたが、でもなんか気になります。この方天樹を苦しめそうな気がするのですが、、、(笑)

第3話のあらすじはこちらになります。

 ‎

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました