【ネタバレ】#家族募集します第1話~SNSで子育てをシェアーしよう!

#家族募集します

2021年7月9日(金)夜10時スタート『#家族募集します』第1話のあらすじとネタバレになります。

オリジナルストーリーの『#家族募集します』は、主人公の赤城俊平(重岡大毅)は3か月前にシングルファーザーになり、5歳のひとり息子の子育てに苦戦中、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)がお節介な思いつきでSNSに投稿した「#家族募集します」をきっかけに、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー・桃田礼(木村文乃)と、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)と出会い、大人4人+子ども3人でひとつ屋根の下で暮らすことになります。

性格も価値観もバラバラな7人がどのようにして“家族”になっていくかを描きます。

見逃し配信はPraviになります。2週間は無料です。

Paravi

視聴率の推移はこちらです。

第1話                  
7.7%                  

スポンサーリンク

#家族募集します第1話・あらすじとネタバレ

主人公の赤城俊平(重岡大毅)の妻は、絵本作家で3か月前に海外にいき事故で亡くなってしまい、シングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

そんな中、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が…。かけてきたのは、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)だった。礼は小学校の先生で急遽学校に行かねばならず、雫を1時間預かることになった。

どのように接すればわからず、蒼介は俊平に助けを求めて、俊平は陽と一緒ににじやへ。陽が雫と一緒に遊んでくれた。礼が迎えにくる。俊平と蒼介は、助けてくれる隣人はいないか?聞くが人には頼りたくないと拒絶される。

スポンサーリンク

俊介は辛い気持ちを吐き出す

ある日、陽がひどく反抗的だった。俊介がママの言葉をだしたら、泣き出してしまう。蒼介のお店へいくと礼と雫もきていた。4人で1枚のお好み焼きを食べる。

蒼介は、2人は似た者同士、無理している、たまには苦しい気持ちを吐き出せばいい。そういう蒼介に礼はやさしさの自己満足だというが、でもいいたいことを言えなかったことを俊介も礼も認める。

俊介はこの3か月苦しかったことを声に出して吐き出す。陽に「ママはどこへ行ったの?」と泣きながら聞かれ、「トリプルグリーンになる」と言って出ていった。という嘘をつき続けている。陽h目を輝かせているのがつらい・・・・。いつか本当のことを言わないといけないのかな。。。号泣する蒼介と俊介、礼も泣いている。

一緒に泣いて一緒に笑って、みんなでシェアするのが家族だよね。蒼介は再度礼に一緒に暮らそうと伝えるが、断られる・・・だが、また苦しくなったらここで会いましょうと約束する。

そして、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)も6歳の息子・大地(三浦綺羅)と共に転がり込んできた。

スポンサーリンク

#家族募集します相関図とキャスト

相関図はこちらです。

スポンサーリンク

赤城 俊平(あかぎ しゅんぺい)(28)重岡 大毅

小さな絵本出版社「エッグプラント」の社員で、男手一つで5歳の息子・陽を育てているシングルファーザー。ある事情で3か月前にシングルになったばかりで、「陽の前では笑顔でいる」という誓いを立て、明るく子育てをすることに努めているが、正義感の強さと子どもへの愛情の深さゆえに辛さや心細さを一人で抱え込んでしまうことも。偶然再会した幼馴染の蒼介がSNSに投稿した「#家族募集します」という突飛な募集に巻き込まれ、ひとつ屋根の下で一風変わった同居生活を始めることになる。

桃田 礼(ももた れい)(29) 木村文乃

小学校の教師。女手一つで 5歳の娘・雫を育てているシングルマザー。シングルであることを言い訳にしたくないという思いが強く、親にも誰にも頼らず自分一人で子育てを完璧にこなすと決めている。職業柄、雫よりもクラスの児童たちと過ごす時間が多いことに漠然としたジレンマを抱えているが、雫との時間は「長さより質」だと自分に言い聞かせながら、子育てに仕事に孤軍奮闘している。

小山内宗介(おさないそうすけ)(31) 仲野 太賀

お好み焼き屋「にじや」に住み込みで働いている店員で、俊平の学童時代の幼馴染。独身。お節介だが、面倒見がよく憎めない兄貴肌で、人情味溢れる性格。行動力があることが長所でも短所でもあり、思いついたらすぐ行動に移さないと気がすまない。俊平やみんなの相談に乗って力になろうと奮闘するが、ありがた迷惑であることも多く、物事を引っ掻き回してややこしくしてしまうタイプ。「#家族募集します」とSNSに投稿した張本人。

横瀬めいく(よこせめいく)(27) 岸井 ゆきの

シンガーソングライター志望。女手一つで6歳の息子・大地を育てているシングルマザー。バイトを転々としながら、夢である音楽活動を続けている。マイペースで、物事をはっきり言い過ぎる性格。極度のめんどくさがりだからやらないだけで、自称「やればできる子」。「#家族募集します」というSNS投稿を見て大地と共に「にじや」に転がり込んでくる。自由奔放な性格から、礼や蒼介と対立することもしばしば。

スポンサーリンク

赤城陽(あかぎはる)(5) 佐藤遥灯

俊平の息子。パパとママには甘えん坊の内弁慶で人見知り。パパの自作の戦隊モノ『トリプルファイブ』の絵を描くのが大好き。

桃田 雫(ももた しずく)(5)宮崎 莉里沙

礼の娘。ママに甘えたいけれど幼心に甘えてはいけない気配も感じていて、ママの顔色を見て行動する。

横瀬 大地(よこせ だいち)(6)三浦 綺羅

めいくの息子。ゲームがあれば黙ってママの帰りを待っていられる。周囲には自立しているそぶりを見せるが、本当はママが大好きで、歌のうまいママが自慢。

野田 銀治(のだ ぎんじ)石橋 蓮司

古びた店舗兼住居のお好み焼き屋「にじや」の店主。蒼介の申し出から、「#家族募集します」の受け入れ先として2階の空きフロアを提供。面倒見はいいが多くを語らず、俊平たちを静かに見守るみんなのおじいちゃん的存在。

スポンサーリンク

中里 隆志(なかざと たかし)金子 大地

礼と同じ小学校で働く後輩教師。学校での仕事を完璧にこなす礼を尊敬し、密かに憧れているが、まだイマイチ頼りない。礼が一人で子育てしていることには、全く気づいていない。

枕崎 由多加(まくらざき ゆたか)小松 和重

俊平の勤める出版社「エッグプラント」の社長で、俊平のよき理解者。子育てと仕事の両立に奮闘する俊平のことを常に気にかけている。

伊野 三鈴(いの みすず)丸山 礼

出版社「エッグプラント」に勤める、俊平の後輩社員。シングルファーザーとなった俊平の分の仕事をカバーしようと奮闘中だが、まだまだ半人前。明るい性格で、場を和ませるのが得意なムードメーカー。

#家族募集します第1話感想

蒼介の存在が大きいですね。鈍感だけど一生懸命なところが仲野 太賀さんにぴったりなイメージ。むかしは親がいなかったら、となりの家に預けるというのは、ありましたね。だけど、いまは隣に誰が住んでいるのか分からない。災害があったときは助け合いたいな。。

俊介の泣きながらの告白というか吐き出しはもらい泣きしました。自分を甘やかさないために弱気なことは言わない。。。実直なところは日本人ならではのような気がします。

でも礼も、苦しいはずなのに、頑なに一緒に暮らすのは拒否してますが、まだ時間がかかるのかな。。

小さい子は無条件でかわいい。見ているだけで癒されます。

2話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ感想】#家族募集します第2話~めいく(岸井ゆきの)が失踪!?
2021年7月16日(金)『#家族募集します』第2話のあらすじとネタバレになります。 オリジナルストーリーの『#家族募集します』は、主人公の赤城俊平(重岡大毅)は3か月前にシングルファーザーになり、5歳のひとり息子の子育てに苦戦中、幼馴染...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました