【ネタバレ】風の向こうへ駆け抜けろ後編~フィッシュアイズで桜花賞を狙う!

2021年スペシャル

2021年12月25日『風の向こうへ駆け抜けろ』後編のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、騎手、芦原瑞穂(平手友梨奈さん)のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、廃業寸前の厩舎が桜花賞に挑む!ストーリーになります。

平手さんは約2か月前から乗馬の練習を行ったそうです。プロデューサーの方から『昭和のスポ根』を久々に見たい!というオーダーを頂いたそうです。クールなイメージがありますが、どんな昭和を見せてくれるのか楽しみです。

前編のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】風の向こうへ駆け抜けろ前編~廃業寸前の厩舎を救うために!
2021年12月18日と25日夜9時から2夜に渡って放送される『風の向こうへ駆け抜けろ』前編のあらすじとネタバレと感想になります。 このドラマは、騎手、芦原瑞穂(平手友梨奈さん)のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、廃業...

スポンサーリンク

風の向こうへ駆け抜けろ前編あらすじ

緑川厩(きゅう)舎が窮地に立つ。諦めない瑞穂(平手友梨奈)の姿勢に心を動かされた光司(中村蒼)も一念発起し新たな馬を探すことに。そうして見つけたのは虐待され傷付いた馬・フィッシュアイズだった。光司と瑞穂の熱い情熱によって厩務員たちも一丸となり、フィッシュアイズの再生に取り組む。

そして能力試験の日、瑞穂は何もしなくともフレッシュアイズはパスした。緑川から何もするなと言われたからだが、瑞穂は納得しない。調教師の誠は「あなたを敵だと思ってない。あなたも信じて」筆談で伝える。

緑川は「自分の力ではなく馬の力を信じろ!それがお前に足りない。お前が馬に操られる番だ。」

そして緑川が併せ馬・ツバキオトメに騎乗しフレッシュアイズを力を引き出す。

フレッシュアイズのデビュー戦、5馬身差をつけ優勝し、それから怒涛の7連勝。

スポンサーリンク

フィッシュアイズと瑞穂は人馬一体

そして次のレースが中央競馬へ。しかし瑞穂が中央にいくことで鈴田を牛耳る馬主・月芝からの嫌がらせにあうが、緑川は地区代表馬になり、30勝し、来年の春、3歳の牝馬になったら桜花賞を狙う目標に定めた。

フィッシュアイズの勝ちが増えていき鈴田競馬場も、瑞穂の人気も絶大になっていく。

そんな中、鈴田若駒賞で瑞穂を敵対視する池田のラフプレーがあり、瑞穂は落馬してしまい入院することに。フィッシュアイズと瑞穂の関係がギクシャクしてしまうこともあったが、誠はフィッシュアイズも瑞穂と同じ想いだと伝える。

そして桜花賞のトライアルレースが決まる。3位以内に入って桜花賞本番に出ることができる。オーナーの山名は、瑞穂に勝負服を差し入れる。それは緑川がGIレース優勝したときと同じデザインだった。フィッシュアイズは見事に差し切った!桜花賞の切符を手に入れる。

そして念願の桜花賞、しかしGIの壁が厚く惨敗だった。

スポンサーリンク

風の向こうへ駆け抜けろキャスト

メインキャストの紹介です。

芦原瑞穂(平手友梨奈)

女性騎手。物心ついた頃から馬に接し、騎手学校ではトップだったが、中央競馬でデビュー後は伸び悩み。地方競馬の鈴田にやってくる。志半ばで亡くなった父をバカにした人たちを見返したいと頑張っていたが、光司たちとの出会いにより、一緒に戦う仲間の存在を知り、過去から解放され仲間の為にレースに挑む。

緑川光司(中村 蒼)

緑川厩舎の調教師。GIを制した元スタージョッキーだったが、八百長疑惑で引退しダメな連中ばかりが集まる「藻屑の漂流先」と呼ばれる厩舎を率いる調教師。瑞穂のひたむきな姿に、希望を取り戻す。

木崎 誠(通称:アンちゃん)(板垣李光人)

緑川厩舎の失声症の厩務員。端正な顔立ちの美青年。究極に愛想が悪く無口。誰よりも熱心に馬の面倒を見る。そのおかげで馬の不調を見抜くことも。瑞穂の出現で次第に自信と声を取り戻す。

徳永隆明(通称:トクちゃん)(高橋侃(なお))

川厩舎の厩務員。お調子モノで、自称緑川厩舎唯一のマトモな人間。実は他の競馬場で借金トラブルを起こし、緑川厩舎に流れ着いた。エセ関西弁でノリがよく厩舎のムードメーカー!?

スポンサーリンク

山田源治(通称:ゲンさん)(小沢仁志)

緑川厩舎の厩務員。人に言えない過去を持ち人生を諦め、いつも酒臭い酔っぱらい。老齢の牝馬ツバキオトメだけは異様に溺愛している。強面だが、根はやさし男。誠の再生に尽力を尽くす。

蟹江茂貞(通称:カニ爺)(大地康雄)

緑川厩舎の厩務員。厩舎の創設時からの古株の厩務員。耳が遠く、その為か声が必要以上にデカい。最初は、「女がワシの馬に乗るなんて縁起でもない!」と塩を撒くほどの昔ながらの人。

大泉幸正 (石井正則)

鈴田市競馬事業部の広報課職員。鈴田競馬を盛り上げ守ろうと必死、その一案として瑞穂にバラの勝負服を着せ話題作りを画策。少しズレてはいるが競馬場を守りたい気持ちは強い。

池田 満(降谷建志)

鈴田競馬場のリーディング(最多勝)ジョッキー。リーディングジョッキーでも寮暮らししかできない鈴田に見切りをつけ、妻と子供の為に、JRAに移籍しようとしている。

佐々本 貴士(奥野壮)

瑞穂と同世代のJRAスーパールーキー。中央の競馬学校では、真面目がゆえ瑞穂にキツく当たるが、地方から桜花のトライアルレースに挑んでいる瑞穂を温かく受け入れる。

スポンサーリンク

月柴久明(池内博之)

鈴田市で代々不動産業を中心に手広く事業を営む企業の三代目。鈴田を牛耳る馬主。女性好き。瑞穂にセクハラをしようとして揉めて以来、緑川厩舎を目の敵にする。

沢田奈保美(剛力彩芽)

ベルフォンテーヌの馬主。したたかで上昇志向が強い女性。ベルフォンテーヌが中央馬になることを望んでいる。女性騎手の瑞穂には冷ややか。しかし心の底では競走馬を愛している。

芦原 一樹(玉山鉄二)

瑞穂の父。生産牧場で働き、G1で活躍した馬・シーギリアを引退後も面倒見るため養老牧場を経営、誰より馬を愛し瑞穂を愛した人。一樹の馬への思いが、後に瑞穂を騎手に向かわせる。

山名隆一郎 (奥田瑛二)

鈴田の大企業・ヤマナ自動車の会長。愛馬・シーギリアが引退し、瑞穂の父・一樹が亡くなった後、競馬から身を引く。父親を亡くした瑞穂を気遣い桜の植樹に誘う。騎手になった瑞穂を陰で支えていく。

風の向こうへ駆け抜けろ後編感想

桜花賞トライアルのフィッシュアイズの後方からの差し切りに感動しました。競馬が好きな人の気持ちが少し理解できたかも。。興奮しますよね。

「レースで大事なのは、冷静に一瞬の判断をすることだ。」とドラマ中にあったセリフなのですが、これが長けているひとが結果を残していくんだなと思いました。

最後に木崎誠君が声を出してフィッシュアイズと瑞穂を応援していたのも印象に残っています。

平手友梨奈さんの騎乗姿も収録3か月前から練習していたそうですが、見事でしたよね。テレビでみる騎手そのものに見えました。

フィッシュアイズ最高でした。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました