【科捜研の女・第31話感想】誘拐犯がピンク色の草木染めを目指していた理由は?

科捜研の女

2020年2月20日(木)「科捜研の女」第31話のネタバレになります。

今回は、草木染めに注目したドラマでした。劇中、東ちづるさんが染め物の職人さんを演じてましたが、雪花しぼり、波紋模様、筋しぼり、渦巻きしぼり、たくさん紹介してくれてました。染め物は色も模様も無限というセリフがあって、染め物にまったく知識がなかったので『ほぇーーーっ』と感心してしまいました色出すのって大変なんですね。

また桜染め(ピンク色の染め物)は、咲く前の冬の枝を使うそうです。それは、びっくりしましたー。草木染のピンクのスカーフでも今年買おうかなって思ってしまいました(笑)

下記は第30話のネタバレ記事になります。もし見逃していた方がいましたらどうぞ。

スポンサーリンク

科捜研の女第31話あらすじ・ねたばれ

 川べりで身元不明男性の刺殺体が見つかった。臨場した榊マリコ(沢口靖子)らはポケットから大量の10円硬貨を発見する。

 遺体の発見現場には、被害者の指紋が付着した“紫色の手ぬぐい”と、「事件現場」と書かれた“地図”が残されており、犯人による警察への挑戦とも考えられた。

解剖中、肝臓に病変も見つかった。斜め上から刺されており、下足痕はたくさんあったが、被害者の靴と一致しなかったため、別な場所で殺された。

“紫色の手ぬぐい”は、ブドウの皮で作られていた。

 遺体の身元は、19年前に失踪した草木染めの染色家・後藤秀春(春田純一)と分かり、半年ほど前から公園で寝起きしていたことも判明。

被害者後藤は、ポケットに大量の10円玉

妻から、捜索願いがでていた。元請けから仕事を切られ自暴自棄になっていたとのこと。この19年間の間に一度も連絡はなく、とっくに死んだ人だと思っていた。

 ホームレス仲間に聞き取りを行う土門薫(内藤剛志)蒲原勇樹(石井一彰)

そんな中、ニーチェ(越村友一)と呼ばれる哲学者然としたホームレスが、独自に捜査をすると土門らに宣言した。

NPOの慈善団体の関係者が、後藤が、神社でお賽銭を盗もうとしていたのを目撃されており、確認したが言葉を濁すばかりで。ポケットにあった10円玉はお賽銭を盗んだのか?

 地図を解析し、“事件現場”の山小屋を突き止めた科捜研メンバーたち。しかしそこに犯行をうかがわせる痕跡は全くなかった。

スポンサーリンク

事件現場に”紫色のてぬぐいを持つ”川上夏夫が映っていた

 一方、現場検証を撮影した映像の中に“紫色の手ぬぐい”を持つ川上夏夫(赤楚衛二)が映りこんでいるのを発見。

 川上が経営する古着ショップに赴き、本人に事情を聴くが、殺人には無関係で、手ぬぐいも何者かが店に送りつけてきたものだと主張する。

しかも19年前、8歳の時に2人組の男に誘拐されたと告白!断片的な記憶を取り戻し、警察に訴えたが取り合ってもらえず、今回の事件を利用して記憶を頼りに書いた事件現場の地図を現場に残したと言うのだが、その様な事件記録は残っていなかった。

川上は送られてきた手ぬぐいをみていたら、不思議な感覚になり昔のことを思い出したと言った。当時、父親は誘拐されたなんて嘘をつくな!と信じてもらえなかった。親が離婚し父親とはそれから疎遠状態。

川上から預かった防犯ブザー、手ぬぐいから後藤の指紋

誘拐時に使った防犯ブザーから被害者の後藤の指紋がでた。また手ぬぐいが送られてきた封筒にも後藤の指紋があった。

後藤の解剖中に見つかった肝臓の病変は、悪性腫瘍であり、余命いくばくもなかった。そのため過去の罪をつぐなうために川上に封筒を送ったと考えられた。

妻に誘拐事件に見覚えがないか確認すると、「19年前、妻に大金を渡したが株で儲けたと言っていた。後藤はすぐに家を出た。」

後藤は10円玉とお酢でピンク色の草木染めを目指してた

かげやま繊維はかつて伝統工芸で作った服を取り扱っていたが、川上社長になってから外国の大量に切り替え、当時の生産職人を切り捨てた。その1人が後藤だった。

お賽銭を盗んだ大量の10円玉は、なぜ10円玉だけだったのか?マリコが疑問に思っていると、ニーチェが科捜研にきた。

後藤は古い10円玉ばかりを欲しかったため、お賽銭箱から取り出し、両替をしていたのだ。小学生が50枚の10円と500円玉を両替していたを見たと告げた。

マリコは再び後藤の妻のもとへ。草木染めは、植物の色が出たあと、煮だし作業をし、色落ちしないため、媒染作業をする。そこでヒントを得る。

後藤の段ボールハウスからお酢がみつかった。後藤は古い10円玉とお酢をつかって、酸化銅が酢酸銅になる。本格的な草木止めには媒染作業が必要なためその代わりにしたのだった。

スポンサーリンク

川上夏夫は誘拐の一部始終を思い出す

地図にあった山小屋にいく川上夏夫、葡萄をたべている親子をみて、思い出す。

後藤が、葡萄から紫色の染め物をしてくれた。夏夫は「ピンク色がいい!僕はピンクが好きなの。かわいいものが大好き。でもねパパには内緒なんだ。」

そして2人で落ち葉を拾ってピンク色を試そうとしたが、思うような色ができず、いつか君にあげる。

「好きなものは好きでいればいいんだ。」と夏夫がピンクが好きなことを認めてあげる。

後藤は、川上夏生との約束を果たそうとした。しかしピンクができず紫色の手ぬぐいを封筒で送ったが、どうしたもあきらめきれず再度落ち葉染めにチャレンジしようとした。それが、10円玉とお酢をつかった銅媒染で桜色にチャンレジしようとした。

科捜研のメンバーは、後藤がニーチェに送った草木染の枯れ葉の場所にいく。捜索するとそこに10円玉が落ちていた。そして血痕が見つかる。ここが犯行現場だった。

夏夫の父親が後藤を刺殺

誘拐金の身代金は、かぐやま繊維の社長(夏夫の父親)が1億以上の脱税をしていた。その脱税を手伝っていたのが総務部にいた今村だった。今村は株で大損していた。

社長は脱税のお金があることを公にしたくないから、誘拐に応じると思い、職人でお金に困っていた後藤と手を組んで誘拐をしていた。

後藤が亡くなった現場には、血液ともに羊毛生地の一部が見つかった。それが川上社長のものだった。

後藤は、忽然と俺の前に現れ、過去の誘拐を謝罪をした。そこで夏生君との約束を果たしたいと話していた。しかし誘拐を息子に黙っていた川上社長は、夏夫に誘拐のことを知られたくなかった。

息子の監禁現場をみたいと言って、後藤を呼び出し刺殺させた。しかし自分の血液が残ってしまったため、死体遺棄場所を変えた。

しかし川上社長は、伝統工芸を復活していた。夏生が地球の反対側までいって古い職人の服を探していると聞いて俺は間違っていたんだ。と。

夏夫は、「親父は、やっと気づいてくれたんだ。」

スポンサーリンク

科捜研の女・第31話ゲスト

 

 

 

 

 

後藤秀春(春田純一)

 

 

 

 

 

川上夏夫(赤楚衛二)

 

 

 

 

ニーチェ(越村友一)

まとめ・感想

19年前に誘拐された男の子夏夫が、中身は女の子っぽく、ピンクやレースが好きだったのに父親から抑え込まれていたんですよね。だけど誘拐犯の後藤に「好き物は好きなままでいいんだ」と言われて、夏夫の抑えていた気持ちが咲かせたという話があり、そこが感動しました。

夏夫が好きなピンク色の染め物にチャレンジしようとした矢先に殺されてしまいましたが。。。最後ピンクの染め物みたかったです。

後藤さんは、冬の枝で春の色を出そうとしなかったのは、草木の未来をとる資格はない。と言っていた場面も感動しました。自分は罪を犯したからですよね。。

今回の話はハートフルな人間らしい場面がたくさんあって感動しました。

あと謎のニーチェが出現しました。。。ホームレス仲間っぽいのですが、謎解きしてました。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました