科捜研の女Season20第1話ネタバレと感想~ゲスト・大久保佳代子さん

科捜研の女

2020年10月22日(木)season20第1話のあらすじとネタバレになります。

半年ぶりの科捜研の女ですが、なんだかレベルアップしたような気がします。。土門(内藤剛志さん)の取り調べやマリコとの絡みも多くてSeason19では少なかったのでなんだか嬉しかったです。やはり見応えありますね。

1年契約の非常勤講師・星名瑠璃は自分の恋人のために10年前の罪をかぶって自首するのですが、その恋人の男は、2人もの女性を殺害していたんです。

10年前の事件をマリコと科捜研メンバーは科学で証明します!詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

科捜研の女20第1話あらすじとネタバレ

「10年前に人を殺しました。逮捕してください」――京都府警に地味な雰囲気の女が自首してきた。土門薫刑事(内藤剛志)蒲原勇樹刑事(石井一彰)が事情を聴いたところ、その女、星名瑠璃(大久保佳代子)は10年前、非常勤講師として勤めていた女子高の生徒・河合範子(里吉うたの)を、山岳部の登山練習中に滑落死させてしまったと話す。

未解決事件扱いのため捜査資料は残っていた。

10年後に自首してきた星名瑠璃

 きっかけは当時、反抗的だった範子を思わず平手打ちしてしまったこと。瑠璃は、体罰を校長に告発すると脅す範子を制止したい一心で彼女を追いかけたところ、滑落させてしまったと告白。殺意は否認した。当時であれば罰金で済んだかもしれない。

なぜ今になって自首したのかと問う土門に対し、当時は恐怖のあまり打ち明けることはできなかったが、教師としての道も開けずパッとしない毎日を送るうち、人生を諦観して出頭したと心情を吐露する。さらには、自分は女優みたいな名前を持ちながら、人生で一度もスポットライトを浴びたことがないと、ネガティブなつぶやきをもらす…。

スポンサーリンク

10年前の鑑識を行うマリコ

 藤倉甚一刑事部長(金田明夫)から、彼女の供述を科学で裏づけてくれと要請された榊マリコ(沢口靖子)ら京都府警科捜研のメンバーは、10年前の鑑識試料を鑑定。

被害者の腕時計に、犯人のものらしき血液が付着していたことを突き止める。

だが、照合のため瑠璃にDNAの提出を求めたところ、彼女は突如、被害者の血痕がついたザイルを山中に埋めたと言い出し、それさえ見つかれば自分が範子を殺害した証になると主張しはじめる。

荒谷岳の無人カメラに瑠璃は自分が映っているはずだといわれ科捜研は調べるがビデオ数が多いため時間がかかっていた。それに対して瑠璃はとても焦っている様子だった。

土門は事件関係者に話をきく

 一方、土門は当時の担任教師・渡辺順吾(池下重大)、山岳部の顧問だった井ノ口聖子(あめくみちこ)、範子とコンビを組んでいた部活仲間・野田由香(高田夏帆)らに事情を聴くが、瑠璃が自首したことを聞いた彼らはそれぞれ異なる反応を示す。

渡辺は星名瑠璃に久しぶりに会っていて自首することを知っていた。

井ノ口は、星名の写真をみても一瞬誰だか分からなかったが、必ず彼女を逮捕してください!と強く伝える。

部活仲間・野田由香は、どこに自首したんですか?と変わった質問をした。

スポンサーリンク

荒谷岳で現場検証する科捜研

証拠品となるザイルの捜索のため、そして範子が身に着けていた“カラビナ”の状態を確認するため、マリコは事件現場となった岸壁に赴き、自ら宙づりになってみる。

野田由香と河合範子ザイルで相手がいなくなったのに暫く気づかないのはおかしい。

瑠璃の供述通りザイルは見つかったが、わざわざ袋に入っていた。10年前に埋められたものではないが、10年前のザイルには間違えなかった。このザイルから被害者以外のDNAがでた。そのDNAが瑠璃とマッチしなければ逮捕できない。

瑠璃は罪状ロンダリングを狙っているのか?

瑠璃は「時間がない」ひたすらマリコに責める。土門はもしこの事件が、重過失致死であれば、公訴時効は10年、明後日の10時に消滅する。

重過失致死で早く逮捕されることで、あとで殺人罪(時効なし)裁かれないようにする罪状ロンダリングを狙ったのではないか!

この事件はこのままにしておけば迷宮入りだったのに、なぜ星名瑠璃は罪状ロンダリングまでしようとしたのか?

時計、ザイルから出た血液は星名瑠璃のものではなかった。

スポンサーリンク

白骨化された女性の頭蓋骨が見つかる

30歳から35歳の頭蓋骨だった。そこには陥没された痕があった。そして時計、ザイルから出た血液のDNAと一致した。

瑠璃は10月12日の3日前、自首する前にザイルを埋めにいったことがわかった。その姿が防犯カメラに映っていたのは渡辺先生と瑠璃だった。その姿を野田由香をみていた。

範子は、星名瑠璃をとても慕っていた。殺害するなんて信じられない。範子が亡くなった日、星名先生に今日こそ本当のことを言うと由香に言っていた。何を言うつもりだったのか?

由香は、範子が死んだ理由は私。ザイルパートナーは命綱の相棒なのに、その命綱を外したんです。私が範子を殺した。。。と自分を責める

渡辺先生の身代わりをした瑠璃

遺骨と合致する行方不明者がいた。名前は佐々木栄子

それは当時の担任教師・渡辺順吾が付き合っていた人妻だった。言い争いになり殺害してしまった。その死体を埋めているところを山で自主練していた河合範子にみられてしまった。

翌日、彼女が1人になったタイミングで殺害した。ザイルに捕まっていたが転落してしまった。渡辺はそのザイルを大事に保管していただのだった。

瑠璃は山岳部が練習している荒谷岳に行ったが、河合さんには会えなかった。彼女の話をきちんと聞いていれば殺されることはなかった。。。。

渡辺とは昨年偶然あったと瑠璃は行ったが、それは渡辺がわざと偶然装って会いにいった。そして2人は付き合った。瑠璃から結婚を迫ったため河合範子を誤って転落させてしまった。

瑠璃は自分は渡辺と結婚するために身代わりで罪を被ろうとした。

星名瑠璃は、生徒から人気の先生だったらしい。

マリコは「スポットライトはきっと浴びているのは気づかないのかもしれないわね。」

スポンサーリンク

科捜研の女20相関図とキャスト紹介

まずは相関図です。ほぼシーズン19と変わらないです。

スポンサーリンク

科捜研の女20メインキャスト

科捜研の女のレギュラー陣の紹介です。

榊マリコ(さかき・まりこ)…… 沢口靖子

京都府警科学捜査研究所、通称“科捜研”の法医研究員。科捜研の名物研究員として知られている。科学捜査には信念とプライドを持っているが、若い頃のように科学を過信することなく、真理は科学を扱う人間にかかっていることも学習している。独身だが、実は一度結婚していたことがある。土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼しあっている。

土門薫(どもん・かおる)…… 内藤剛志

京都府警捜査一課の刑事(警部補)。一匹狼的な性格で、団体行動が苦手。直情的に突っ走ることが多い。上からの指示を待たずにマリコと捜査に走り、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別。かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

風丘早月(かざおか・さつき)…… 若村麻由美

洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。マリコとは同世代ということもあり、仕事以外でも何かと相談に乗っている。
性格も私生活もマリコとは正反対だが、仕事に関しては、よいパートナーシップで結ばれている。

宇佐見裕也(うさみ・ゆうや)…… 風間トオル

科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格、採用された。
以前は国立航空科学研究所の技官として、航空及び空港テロに備えた爆発物および化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富。マリコのよきアドバイザー。

藤倉甚一(ふじくら・じんいち)…… 金田明夫

京都府警刑事部長(警視)。以前は鑑識畑ひと筋、筋金入りの現場第一主義の鑑識員だった。
頑固で、曲がったことが嫌い。人に媚びたり、愛嬌を振りまいたりなどは絶対にしない。
以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入するマリコの行動を厳しく非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

日野和正(ひの・かずまさ)…… 斉藤暁

科捜研所長。文書鑑定担当(筆跡、印影、写真複製物等によって印字された文字の識別。偽造通貨鑑定等)。もともと警視庁科捜研にいたが、京都府警からの要請で異動してきた。そのため、妻子は東京在住で京都に単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

橋口呂太(はしぐち・ろた)…… 渡部秀

科捜研の物理担当(銃器鑑定、機械・建造物の破損。交通事故解析など)。
天真爛漫で愛嬌がありオシャレ。敬語が使えず、誰に対しても“タメ口”を利くなど、社会常識に欠ける部分もあり、日野所長や亜美にしばしばたしなめられる。その一方で、マリコに“ムチャぶり”された大量の鑑定を睡魔と戦いながら、徹夜でやり遂げる根性もある。

涌田亜美(わくた・あみ)…… 山本ひかる

科捜研の映像データ担当。童顔で飾り気のない風貌で、気がつくと毎日同じ服を着ていたり、平気で科捜研に泊り込んだりと、まったく女性らしさを感じさせないキャラクター。性格は天然を通り越しており、空気の読めないタイプ。だが、見た目の頼りなさとは裏腹にデジタルスキルは高く、映像関連のデータ分析や解析能力も並はずれている。

佐伯志信(さえき・しのぶ)…… 西田健

京都府警本部長。事なかれ主義で、波風を立てることをよしとしない。何よりも警察の面子にこだわり、その徹底ぶりがコミカルに見えることすらある。

蒲原勇樹(かんばら・ゆうき)…… 石井一彰

京都府警捜査一課で土門と行動を共にする若手刑事(巡査部長)。かつては組織犯罪対策課におり、強引な捜査手法で知られる落合佐妃子警部補に心酔していたが、マリコや土門と捜査を共にするうち、真の正義について考えるようになった。刑事としては優秀でクールでとっつきにくいタイプだが、子どものいたずらに引っかかってしまうなど素直な一面も。

科捜研の女20第1話感想

大久保佳代子さん演じる星名瑠璃は芸能人のような名前ですが、スポットライトを浴びたことがないと自分を卑下していて、でも本人は気づかなかったけど人から好かれていた。自分が好きになった恋人のために罪を被る女性。。。

なんだか自分を大事にできない人ってやっぱり褒められたことがないんですよね。今回の星名瑠璃も承認欲求の塊だったのかもしれないです。なかなか自分がほしい言葉ってもらえるときにもらえるとは限らないですからね。

なんだか可哀そうになってしまった話でした。

なんか科捜研の女20は、全盛期の面白さが復活したような手ごたえを感じました(上から目線ですみません)とても見ごたえがありますよ!!

次回第2話のあらすじはこちらになります。

科捜研の女Season20第2話ネタバレと感想~マリコと土門がハロウィン仮装!?
2020年10月29日(木)科捜研の女『season20』第2話のあらすじとネタバレになります。 今回は”だじゃれ”で場を和ませるとても良い中年のおじさん(村田雄浩さん)の上司が殺害される事件でした。横領の罪を被せられたことが動機で中年の...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました