【ネタバレ】科捜研の女21第14話~臓器移植ともに記憶も移植!?

科捜研の女21

2022年3月10日(木)『科捜研の女』シーズン21第14話のあらすじとネタバレ、感想になります。

第1話では、渡辺いっけいさん演じるマリコの元夫・倉橋拓也が登場しマリコを自らが室長を務める警察庁“刑事指導連絡室”に引き抜こうとしましたが、マリコはいままでとおりです。(異動されたら番組が終わってしまうし)。

第2話以降も《マリコのラーメン大食い選手権!?》《マリコ、ピアニストに挑戦!?》《マリコが土門の靴磨き!》など、いまだかつて見たことのないマリコの姿がドラマを盛り上げるそうです。楽しそう。。。。
 
第13話のあらすじとネタバレはこちらです。
 
https://arafifblues.com/kasokennoona20_13_20220303/
 
視聴率の推移はこちらです。
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
12.8% 10.7% 10.0% 9.9% 10.3% 9,2% 9.8% 10.1% 10.1% 8.3%
第11話 第12話 第13話              
11.6% 10.3% 9.5%              

スポンサーリンク

科捜研の女21第14話あらすじ

橋口呂太(渡部秀)が知り合いの少年の元に、亡くなった父親の記憶を受け継いだという男が現れたと話す。呂太に懇願され、榊マリコ(沢口靖子)は、その少年に会いに公園へと向かう。

少年の父親は、大学准教授の賀茂井健治。一ヵ月前にとある境内の階段から転落死したが、「臓器提供意思表示カード」を所持していたためドナーとなることになった。公園についたマリコらが目にしたのは、少年・賀茂井大翔(潤浩)に一人の中年男性・笠城覚士(橋本じゅん)が親しげに話しかける様子で、彼こそが賀茂井から臓器を提供してもらったレシピエント(移植を受けた人)だという。

笠城は、「お父さんから腎臓をもらった時に、一緒にお父さんの記憶ももらった」と語り、「お父さんは殺された」と謎の発言を残して去ってゆく…。

マリコらは賀茂井の研究室に向かう。彼の大学での研究内容は“セルメモリー(細胞記憶)”で、記憶は生物の細胞そのものに蓄えられるというもの。その研究室では白衣姿の研究員・高平理香子(柳美稀)がマリコにセルメモリー研究の有用性、人間の記憶の神秘性を熱く語るが、マリコは彼女にドナーの臓器を移植した相手に記憶が移ることはありえますか?と尋ねるが否定される。

スポンサーリンク

殺害したのは女性研究員

マリコらはその足で賀茂井宅に向かい、彼の妻である恵美(遊井亮子)から事故当日の賀茂井のコートを入手。鑑定すると、本人と妻以外の指紋が検出された。

そして賀茂井准教授の研究に出資していたベンチャーキャピタル兒玉が殺害された。その被害者の指紋が、賀茂井のコートについていた指紋と一致した。

笠城覚士は前歴があった。「私の中には賀茂井健治さんがいる」というが、そこに風丘が健康観察でお腹をみると移植痕はなかった。観念して遺体を見つけたときお金を盗ったことを自供する。賀茂井は死ぬ間際に「突き落とされた」と・・・・

笠城の衣類から手術用のゴム手袋の粉が見つかった。それは賀茂井の服から見つかった粉と同じだった。その手袋をつけた犯人に突き落とされた。

犯人は高平理香子、兒玉の会社からの研究費を兒玉からの誘いで着服していた。それを賀茂井に見つかり、理香子は突き落とした。さらにその現場をみていた兒玉からお金を強請られ、殺害した。

賀茂井は死に間際、笠城にスケボーのチャンピオン大会のチケットを託した。息子の夢をかねようとしていた。

スポンサーリンク

科捜研の女21相関図

キャストの役どころの紹介はこちらのサイトをご覧ください。

【相関図】科捜研の女2021年版~キャスト紹介
2021年10月14日(木)夜8時から『科捜研の女』シーズン21がスタートします。2021年版の相関図とキャストと役どころの紹介です。 9月に初の映画が公開されて間もないですが勢いに乗って新シーズンです。新しい秘密兵器とかあるのか、マリコ...

スポンサーリンク

科捜研の女21第14話感想

マリコの風丘先生になりきって、お土産を科捜研にもってきたり、「マリコさんには鑑定書」の妄想シーンがあったのですが、すごい違和感でした(笑)やっぱりマリコさんはマリコにしかなれないです。マリコも風丘先生も唯一無二だなって思いました。

心臓を移植したら、嗜好が変わったという話は聞いたことがありますが、不思議ですね。細胞が記憶しているってことあるのかな。人間は神秘ですね。

第15話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】科捜研の女21第15話~犬の言葉を科学で解明!?
2022年3月17日(木)『科捜研の女』シーズン21第15話のあらすじとネタバレ、感想になります。 第1話では、渡辺いっけいさん演じるマリコの元夫・倉橋拓也が登場しマリコを自らが室長を務める警察庁“刑事指導連絡室”に引き抜こうとしましたが...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました