【ドラマ・私の家政夫ナギサさん・第8話・ねたばれ感想】メイは逆プロポーズ!

家政夫のナギサさん

2020年8月25日(火)第8話のあらすじとネタバレになります。

ナギサさんの顔芸も豊富になってきました。。。田所がメイに告白したときのびっくりした顔がとてもかわいかったです。(ネタバレに写真あり)

そして、びっくりしました。いきなりメイはナギサさんに逆プロポーズします。それがすっごいかわいくて。。ナギサさんは本社に異動になるので今日が最後だと伝えるとメイはナギサさんがいなくなった生活が考えられないため、逆プロポーズしてしまうんです。そのパニックぶりが超かわいかったです。

第7話のあらすじネタバレはこちらになります。見逃したかたは是非ご覧ください。

【ドラマ・私の家政夫ナギサさん・第7話・ねたばれ感想】ナギサさんの過去とは!?
2020年8月18日(火)第7話のあらすじとネタバレになります。 第6話である女性に会ってから腑抜けになってしまったナギサさんにメイがごはんを作ったのですがそれがウナギフライ、そしてマムシドリンク、たしかにウナギフライ丼をみたのは初めて。...

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん第8話あらすじ・ネタバレ

メイ(多部未華子)とナギサさん(大森南朋)の親密な様子を目撃した田所(瀬戸康史)は、二人が親子ではないと確信。ナギサさんに核心を突く問いを投げかける。すると、ナギサさんは田所を伴い、メイの部屋へ…。

ナギサさんの表情から状況を察したメイも観念して、田所にナギサは家政夫だと伝える。

「ナギサさんは特別なんです!私にとってはスーパー家政夫さんなんです」

何故隠していたのかの問いに対して、「家事ができないことを知られたくなかった、田所の前ではできる女で見られたかった」と伝える。

田所は改めてメイに「相原さんのことが好きです。自分と向き合ってほしい、本気なんです」と告白する。

ナギサさんはちょっと動揺??する。

スポンサーリンク

メイは田所と肥後への気持ちと向き合う

 

肥後先生の食事の約束が明日、親友の薫に話を聞いてもらうためにメイは自宅に呼ぶ。家政夫のナギサさんがいることを告白し、一緒にナギサさんの手料理をいただく。

薫はメイに「大の大人が告白するのは覚悟がいること、肥後先生、田所と向き合いなさい」と伝える。メイは人を好きになるのがよく分からない・・・と言うが。ナギサさんは「そうやってたくさん悩んでいるってことが田所さんと向き合っている証拠です。私は掃除の整理整頓はしますが、メイさんの気持ちを整理することはメイさんしかできません」

薫は、ナギサさんに「メイのことはどう思っているのですか?」と聞くがナギサさんは「私は家政夫ですので」そんなの関係ありません!と言われてしまうナギサさん

メイはとうとう肥後先生にお付き合いできないことを伝える。「いま向き合いたい人がいるんです」と伝える。

メイは経験がない症例を調べる

そんな中、天保山製薬ではこれまで経験したことのない症例の問題が発生。鍋島先生の知り合いが天保山製薬の子宮内膜症のホルモン剤を投与しているが効き目がないという話を聞いた。その原因を調べるメイたち。

メイは一つ可能性を見つけた。HAE(罹患率は低い)ではないか?過去に子宮内膜症と診断されたケースがあった。しかしHAEを治療する薬は自社にない。

メイは田所に相談を持ち掛ける。田所の会社にはHAEの治療薬があるため、ドクターを紹介してほしいと伝える。

土曜日にそのドクターに会いにいく田所とメイ

そして紹介した患者がHAEだと確定診断がでて田所の会社の薬が投与されることになった。

スポンサーリンク

田所の秘密は・・・メイと同じ

田所とメイが土曜日にドクターに会いに行った後、唯の娘・桃が具合が悪くなってしまい急遽メイと田所は保育園に迎えにいく。

「ナギサさんに会わなかった?」と聞く唯。メイと連絡がとれなかったため、ナギサさんにも頼んでいた。

まるでメイは昔の自分をみているように、田所の家の中はすごい散らかっていた。不器用で家事ができなかった。

田所は、自分には全く余裕がなく、でも周りからできる男と思われていて、本当のことが言えなかった。

そしてメイはナギサさんを呼ぶ。

たった一晩で田所の部屋がキレイに片付いた。

ナギサさんは、誰かの助けが必要な人を支えてくれている。まるでお母さんのように。

私は1人で完璧にやらなきゃって息が詰まるような生活をしていた。しかしナギサさんがいて心が救われたんです。

スポンサーリンク

ナギサさんに異動の話が、、メイはなんと逆プロポーズ

ナギサさんは「田所さんならメイさんんことを受け止めてくれると思います」と伝える。

一方、ナギサさんは唯(趣里)から「ナギサさんに本社への異動の話が出ている、教育部門のマネージャーになってほしいそうです」と聞かされ動揺してしまう。ナギサさんは自分の口からメイに伝えるため黙っててほしいと伝える。

ナギサさんが出勤する日なのに部屋は真っ暗だった。ナギサさんが来てなかった。メイは私が手放してはいけない人はナギサさんだ。。。と気づく。

ナギサさんがきた。

食事を作ったあと、ナギサさんは「大事な話があります、わたしは来月は別の部署へ異動することになりました。わたしがここに来られるのは今日が最後です」

メイは「そんなの困ります。ナギサさんじゃないと、ナギサさんがいない生活なんて考えられない・・・。じゃあ私たち結婚しませんか?」

スポンサーリンク

私の家政夫ナギサさん・相関図・キャスト

相原メイ 多部未華子

製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMRとして働くアラサー女性。自他共に認める負けず嫌いで、仕事では入社3年目からずっと営業成績1位を維持している。隙がないので、周囲からは「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は仕事以外のことはとにかく無頓着で不器用。
家事が大の苦手で、部屋は物で溢れ散らかり放題。家事や恋愛や婚活もしなければと思ってはいるが、全ての時間を仕事に捧げてしまうため結局後回しに。しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。

鴫野 ナギサ 大森南朋

家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」に勤めるエース家政夫。50歳のおじさんという、家政夫としては異色の存在ながら、指名率ナンバーワンを維持している。依頼者の生活をサポートする家政夫という仕事に誇りを持っており、掃除、洗濯、料理といった家事全般を完璧にこなす。また、口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験を併せ持ったナギサの一言は、依頼者の心をスッと楽にしてしまう。ひょんなことからメイに雇われ、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていく。

田所優太 瀬戸康史

外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧でまさに王子様的存在。また、仕事もデキるため製薬業界内では超優秀なMRとしてちょっとした有名人になっている。誠実な人柄で、医師や営業先から絶大な信頼を得ている根っからの人たらし。ライバル会社の社員に対しても垣根なくオープンに情報を交換したり、気さくに接するなど、とにかく懐が広く非の打ち所がない。メイと同じ営業エリアに異動になり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇するうちに急接近していく。そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。

 

私の家政夫ナギサさん第8話感想

ナギサさんは本部へ異動の話があり、メイの家政夫が続けられなくなってしまいます。なんとなく第8話ではメイもナギサさんもお互いとても気になる存在のように感じました。そして肥後先生は振られ、田所は正式に告白しますが、メイは悩んでしまいます。

でも田所の秘密が、メイと同じく、家事ができず家の中がとっ散らかってました。まさか。。。とは思いましたが。。。。田所とメイは似たもの同志。

メイがナギサさんに逆プロポーズしますが、トライアルでやりましょう!ということになるそうです。トライアルで家政夫ではなく、メイは夫としてみることができるのですかね。

次回が最終回です。寂しいですね。。。

【ドラマ・私の家政夫ナギサさん・最終回・ねたばれ感想】メイとナギサさんは結婚!!
2020年9月1日(火)第9話のあらすじと放送後にネタバレを紹介します。 Happy Endで終わりましたーー。ナギサさんもメイに好きですと伝えて照れたところ、メイが走って抱きついたところとか、、、何か美女と野獣のダンスシーンを思い出しま...

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました