【家政婦のミタゾノ傑作選6/12あらすじ・ネタバレ】三田園は幽霊が怖い!

家政婦のミタゾノ

2020年6月5日放送の家政婦のミタゾノは傑作選で、2018年5月11日に放送された再放送です。あらすじとネタバレを紹介します。

この回ではTOKIOのリーダー城島さんが女装でカラオケしていたり、またミタゾノちゃんは幽霊がすごい苦手だと分かってしまうのですね。その怖がりっぷりがすごい楽しかったです。白目むいて気絶してました。

スポンサーリンク

家政婦のミタゾノ・傑作選6/12・あらすじ・ネタバレ

大ヒット商品「もぐもぐソープ」を販売する美容界のカリスマ・山脇美子(黒田福美)からの依頼を受け、山脇家の屋敷を訪れた三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)。しかし到着早々、秘書の沢口真奈美(天野はな)から美子が昨晩亡くなったことを聞かされる。

 美容と健康を訴え続けてきた自分が病気で死んだ、ということを世間に知られたくないという美子の遺志を汲み、家族葬を執り行うことになった山脇家。今回の依頼は、その一切の仕切りを三田園たちに頼みたい、というものだった。

美子が生きていた!

 しかし屋敷に顔を揃えた美子の家族たちは、沢口の存在を快く思っていない様子。しかも長女の千香(遠山景織子)は、精進料理を用意しようとする三田園に「わたしはお肉が食べたいから外で食べてくるから」と身勝手な発言をする。

そんな千香のために、冷凍豆腐をサイコロステーキに見立てた料理を振る舞い、ひとまずその場を収束させた三田園。

幽霊が怖い三田園。その夜、千香たちに代わり線香の番をしていた三田園と麻琴は衝撃の事実を知ることになる!!なんと、死んだはずの美子が棺桶から出て、洗顔…つまり生きていたのだ――!

 

美子のだしたクイズ

美子が死んだふりをしたのは、自分の跡を継ぐのはは誰か見極めるのが目的だった。資産は10億円

ミタゾノは、美子からビデオメッセージをみせる。その様子を棺桶からみる美子。ビデオメッセージから質問「私の一番は宝物はなにか?」

娘千佳:もぐもぐソープ

息子孝太郎:お客様からの手紙

由香里は、美子のコスプレが写っているアルバムを見つけた。

美子は出るになくなってしまった。

子ども2人と孫1人は借金に苦しまれていた

美子は家族の素行を確認すると、孝太郎は借金まみれだった。そして千佳は男に貢いでいた。

由香里は「あのババア、いい金ヅルだったのに」

3人とも母親の前ではいい子にしているが、裏を返せば借金だらけだった。

しかし美子にはもう1人娘がいた。10年前に旅先の事故で亡くなっていた。美子は一番かわいがっていた。

由香里が美子の棺桶を開けると目を開いた美子と目が合ってしまいびっくりして逃げてしまう。ミタゾノは瞼に目を書いてとっさに誤魔化した。

Marple
Marple

家事ネタ①凍ったお豆腐を解凍して炒めるとステーキのよう

 

 

Marple
Marple

家事ネタ②マジックで書いた汚れは口紅を塗って浮かせて引き取る

スポンサーリンク

美子の死んだふりがバレてしまう

 

最後の挨拶で親族がお花をあげようとし、美子はその花に鼻をくすぐられ、くしゃみをしてしまって生きているってバレてしまった。

そんな最中、地検の特捜が入った。時間の問題と思ったけど、そのストレスでお腹が痛かった。

Marple
Marple

家事ネタ③使い古した石鹸を電子レンジにかけると1つにまとまる

生きててよかった・・・

孝太郎と千佳は肌がよわい、それをよくしようとしてお手製で石鹸を作ったのがきっかけだった。

ミタゾノは美子を棺桶に押し込んで火葬場に行く。「どうせやるなら最後までお騙しになったほうがいいと」

火葬場でタイマーが鳴る。係員がきづき棺桶から無事に脱出できた美子

みんな安心する。生きててよかった・・・。

色や形がバラバラだった石鹸がまた1つになる。

 

2020家政婦のミタゾノ・登場人物

 

三田園薫(みたぞの・かおる)……… 松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に、なぜか女装をしている謎多き人物。家事のスキルはプロ級。驚異の身体能力も併せ持つ。
ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

村田光(むらた・ひかる)……… 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

 

霧島舞(きりしま・まい)……… 飯豊まりえ

むすび家政婦紹介所に新しくやってきた家政婦。趣味は人間観察。人間性を見抜くことが得意で、依頼人の“秘密”を覗かずして勘付いてしまう。忖度とか嘘が苦手で、歯に衣着せぬ物言いがトラブルを引き起こすことも…。今までに会ったことのないタイプのミタゾノに興味を示し、その禁断の秘密に迫ろうと…。若い割に人生経験が豊富。

 

 

式根志摩(しきね・しま)……… しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

 

阿部真理亜(あべ・まりあ)……… 平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物である。

 

結頼子(むすび・よりこ)……… 余貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。またしても脱税疑惑をかけられ、業務停止に追い込まれていたが、土日を挟んだだけで営業再開。本当に脱税していたかどうかはグレーゾーン。

家政婦のミタゾノ・傑作選・6/12感想

 

ミタゾノの幽霊が大の苦手だということが分かりました。本当おもろしろかったー。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました