【ネタバレ】家政夫のミタゾノ2022年第1話~さらに進化したミタゾノ

家政婦のミタゾノ

2022年4月22日夜11時15分スタートの家政夫のミタゾノ第1話あらすじとネタバレ、感想です。

このドラマは女装した大柄な家政夫・三田園 薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていくドラマです。

松岡昌宏さん主演のドラマとして2016年10月クールにスタート。1年半後の2018年4月クールに第2シリーズ、翌2019年4月には第3シリーズ、そして2020年4月に第4シリーズを放送し、今回が第5シリーズになります。

全シリーズみてますが、本当に面白いです。金曜日の夜ということで平日の仕事の疲れが笑いで吹き飛ばされるような、元気がでるドラマですよ。松岡さんのミタゾノ最高です。

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ2022年第1話あらすじ

特攻服に身を包んだ古風なグループで頭を張る本仮屋素子(山本舞香)は、通りすがりの家政夫・三田園薫(松岡昌宏)に助けられすっかり惚れ込んだ素子は、その後を追うように『むすび家政婦紹介所』へ…。新人家政婦として三田園を「姐さん」と慕い、働き始める。

さっそく三田園と素子、そして村田光(伊野尾慧)の3人が向かったのは、理事長のセクハラ問題に揺れる私立栄林学園副理事長・林田正美(観月ありさ)の自宅。正美の父で理事長の壮一(大河内浩)、夫の義則(田中聡元)、PTA会長の久村たか子(七瀬なつみ)らが顔を揃え、今まさに今後の学園運営についての話し合いが行われようとしていた。

学園の古い体質を見直すよう文部科学省から通達を受けていた正美は、アメリカ帰りの弁護士・清守修(笠原秀幸)を“ルールコンサルタント”として招き、古い校則を廃して新しいものを作ろうと画策。「校則違反者は半年間理事長と交換日記をする」「体育祭のフォークダンスは全力でやる」といった古めかしい校則ばかりの学園の体質にうんざりしていた正美は、これを機に壮一を理事長の座から退かせ、自分が理事長に就任しようと考えていたのだ。そのあかつきには清守を副理事長に、と密約を交わしていた頃、義則とたか子も密かにある約束を…。

スポンサーリンク

使い古されたものこそ・・・

ミタゾノは内情を探り始めると、床のキシミが気になり、、、そこに正美がやってきて、「あなた何者?」ミタゾノは得意の家事情報で誤魔化す。

翌日、校則の見直しの続きを行うと、オレンジ工務店がやってきて、床下の工事を行う。(ミタゾノの仕業)床下から通帳が見つかる。振込先にはたか子への振り込み履歴もあって、これは裏口入学のお金を振り込んだのか?

そして理事長が女子生徒の隠し撮りがバレてしまい(ミタゾノの仕業)。正美は理事長と校長を外し、自分が兼務し、副理事長は清守を任命する。

するとミタゾノは清守の経歴詐称、および偽弁護士であることを暴く。高校生のとき、正美が担任だったのに正美は覚えてなかった。

ミタゾノはインクが出なくなったマーカーの復活方法を教える。

正美は使い古されたからといって、新しくすればいいものではない。と気づく。

 

本日の家事情報~

  • リンゴを一度凍らせて、自然解凍すると甘みが増す。
  • ラップを少し長めに切って二重に、マットの下に置くと滑り止めになる。
  • マーカーが書けなくなるときは先端が固くなったとき、そのときマーカーの蓋に除光液をつけて詰まりを消すことができる

 

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ2022年キャスト

三田園薫(みたぞの・かおる)……… 松岡昌宏

むすび家政婦紹介所に所属する家政夫。寡黙で神出鬼没、何を考えているかわからない上に、なぜか女装をしている謎多き人物。家事のスキルはプロ級。驚異の身体能力も併せ持つ。
ひとたび、派遣先の家庭が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。

 

村田光(むらた・ひかる)……… 伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)

むすび家政婦紹介所の家政夫。所長の頼子の甥っ子で、現在はアイドルを目指して休日はダンスレッスンをしながら(腰掛けで)家政夫をしている。人を信じやすく、ピュアな性格は相変わらずで、先輩家政婦たちからも可愛がられているが、家事スキルは一向に上がらず。

 

本仮屋素子(もとかりや・もとこ)………山本舞香

むすび家政婦紹介所に新しくやってきた家政婦。ヤンキー同士の抗争の場で“たまたま”出会ったミタゾノさんに惚れ込み、「姐さん」と慕って家政婦紹介所にやってくる。ヤンキーらしく、仁義を重んじる素子は、何があってもミタゾノさんに“地獄の果てまで”ついていくという熱い正義感と情熱を持つ一方で、一人称は「あたい」服装も個性的なもので揃え…と、言葉の端々、行動の端々にこれまたヤンキーらしい香りを隠すことができない。

 

式根志摩(しきね・しま)……… しゅはまはるみ

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。噂好きで特に男女関係のスキャンダルは大好物。褒められてしまうと何でも言うことを聞いてしまう弱点もある。

スポンサーリンク

阿部真理亜(あべ・まりあ)……… 平田敦子

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。長年の家政婦経験により、膨大な情報量と幅広い人脈を持っていて、あらゆるジャンルの最新のトレンド情報にも長けている。おやつを間食することとスキャンダルが大好物である。

結頼子(むすび・よりこ)……… 余貴美子

三田園たちが所属する、むすび家政婦紹介所の所長。三田園が毎度依頼人の秘密を暴いてくることにハラハラしながらも、その秘密を聞くのを楽しみにしている部分も…。三田園の事情を知り、家政夫として雇っている。またしても脱税疑惑をかけられ、業務停止に追い込まれていたが、土日を挟んだだけで営業再開。本当に脱税していたかどうかはグレーゾーン。

家政夫のミタゾノ2022年第1話感想

やっぱり最高に面白いです。何回も爆笑してしまい、見終わったあとは元気になっているのは、このドラマぐらいです。ミタゾノ薫さん、最強ですよね。

ミタゾノ走りも最初にほうにあったのですが、ムササビのようなあの走り方を2年ぶりにみれて大満足です。元ヤンの山本舞香さんのヤンキー言葉がかわいくて憎めません。村田光(伊野尾慧さん)はなんだかおとなしい感じが。。。

ドラマの最後に「教えてミタゾノさん」というコーナーがあって読者からの質問に回答するのですが、手抜き料理に対しては、手を抜くぐらいなら作らないほうがいいでしょう。そして夫婦円満の秘訣は?「一緒にいないことでしょう」笑笑、だけど核心ついてますよね。いつも新鮮な気持ちでいられるのではないでしょうかね。まっ夫婦それぞれ価値観違うと思いますが。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】家政夫のミタゾノ2022年第2話~時効直前の金の返却を依頼
2022年5月6日家政夫のミタゾノ2022年第2話のあらすじとネタバレ、感想になります。 このドラマは女装した大柄な家政夫・三田園 薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました