【ドラマ・家裁の人5/17ネタバレ・感想】船越英一郎主演最新作

単発スペシャル

2020年5月17日(日)夜9時からテレビ朝日放送予定の『家裁の人』のあらすじ・ネタバレ・感想になります。

とても感動しました。母親を庇う少年の気持ちを家裁の判事・桑田(船越英一郎)は救います。船越さんはいままでいろいろな事件をドラマで演じてきて犯人を捕まえることが印象にありますが、今回のように事件を起こした少年の心を見抜くことを演じるには初めてじゃないでしょうか?でも人間的な大きさを感じました。

このドラマは原作があり、小学館『ビッグコミックオリジナル』で1987年から1996年まで約9年間にわたって連載され、全15巻の単行本が刊行された、『家栽の人』(作・毛利甚八/画・魚戸おさむ)

スポンサーリンク

ドラマ・家裁の人・あらすじ・ネタバレ

東京から新幹線で1時間ほどの群馬県にある前崎家庭裁判所に新任判事としてやってきたのは、東京への転任を断った、つまり“出世の道を蹴った変わり者”という噂の桑田義雄(船越英一郎)だった。

なんと桑田は着任当日、大きな植木を背負って現れ、司法修習生の樋口日向子(足立梨花)や調査員たちの度肝を抜く。桑田によれば、たまたま庭の植木を伐採中だった家の前を通りかかり、木のことがかわいそうに思えて譲り受けてきたという。

さっそく所内にある小さな庭に、その木を植えはじめた桑田に、一同はぼう然。調停中のファイルはすべて前日に読んだとの事。しかも調停では判事らしからぬ発言ばかりを繰り出し、調査員も調停員もペースを乱されていくが、微妙に調停でもめていた案件が良い方向へ解決されていく。

桑田は墓参りにいくのを日向子はあとをついていく。桑田の同期の判事が自分が不処分にした少年が3か月後にレイプ殺人し責任を追及され自殺した。

スポンサーリンク

地元の名士・佐々木建造が殺害され立花晃が自首

そんな中、地元の名士・佐々木建造(西岡德馬)が殺害される事件が起き、19歳の少年・立花晃(望月歩)が自首、前崎家裁に送致されてきた。実は、晃は1年ほど前、暴行事件を起こして家裁で審理が行われたことがあったのだが、戸張調査官(山中崇)が彼の本質を信じ「更生の意思あり」としたため、不処分の決定が出ていた少年だった。

期待を裏切られた思いの戸張は今回こそ厳しく調査すると意気込むが、池上所長(角野卓造)が岡本調査官(佐藤仁美)を指名したため、家裁に不協和音が生まれはじめる。所長は戸張の熱心さを認めるが視野を広げるために決めたことだと伝える。

晃は遊ぶ金ほしさに佐々木の家に押し入り、もみ合った末に殺害したことを認めるが、桑田は“侵入の際、佐々木家の庭にあったビワの木の枝を折った”と証言した。桑田は「何故ビワだと分かったのですか?」と聞とビワの花だったからと答えた。よくビワの花が分かったね?と感心する桑田

桑田は立花晃が誰かを庇っていると推察

桑田が立花晃を連れて現場検証する。侵入口の戸のガラスが内から外へ開けたと言っていたのに庭にガラス破片が飛び散っていた。桑田は、立花が折った木の枝を確認する。

戸張は岡本を立花の母親が入院している病院へ連れていく。母親は意識がなく話せる状況ではなかった。岡本は戸張に何故少年犯罪にのめり込むのか聞いた。戸張の息子は親に犯行して悪い仲間とつるみナイフで刺されて死んでいた。

立花晃の調停がはじまった。桑田は君が折ったびわの木の傷跡をみたが、2月に剪定された傷より古い傷だった。犯行日よりも前についた傷だと伝える。そして立花晃が植物が詳しかったのは母親が花屋だったでしかし実家の花屋はつぶれてしまい母親は子供2人を施設に預けた。

しかし母親の話をすると興奮する晃、あいつのせいで俺の人生は滅茶苦茶だ!

スポンサーリンク

立花晃の母親が死亡し日記が見つかる

立花晃の妹が家裁にくる。お兄ちゃんは犯人じゃない。

2回目の調停が始まる。2か月前だと教えてくれた。3月6日母親は入院していた。容体が変化したのは3月6日で事件があった日だった。君は誰かを庇っているのではないか?

立花君、すぐ病院へ行きなさい。桑田は病院へ行くよう伝えるが、立花は「あの女、やっと死んだか」葬儀にもでなかった。

病院から立花春江の荷物を引き払った岡本、そこには日記があった。桑田は、立花晃に日記を聞かせる。晶はその日記は知らなかった。

佐々木建造との出来事を読み上げる

佐々木建造と母親の関係が書かれていた。宅配便の仕事を始めた際、立花建造に荷物を届けた際、倒れてしまいそこで栄養があるものを食べるようにお金を渡される。

そのことがきっかけで頻繁に会うようになり佐々木の妻の不在時に春江と自宅で会っていた。いつしか噂が広がり晃は工事現場の同僚からそれをからかわれて暴行事件が発生し不起訴処分になった。しかしそれがきっかけで晃と息子の関係は修復できなかった。

春江は血液系の疾患であり、建造との関係は終わった。佐々木から連絡があっても返事しなかった。

晃が家に忍び込んだ理由を尋ねる桑田、晃は俺は妹を助けたかった。妹にはもっとよい世界を見せたい。妹と暮らすためにお金が必要で佐々木家に忍び込んだ。

しかしその時のことも春江の日記に書かれていた。

スポンサーリンク

佐々木建造を殺害したのは母親だった

日記の続きを読み上げる。

晃が見舞いにきてくれた。ビワの花をもってきた。晃は小さい頃から花が好きだった。どこで手に入れたのか聞いたら近くの家から、そして晃の頬に傷があった。正直にそのことを母親に話した。

日記もそこまでだった。春江は一体そのあと何をしたのか?桑田は晃に自分の目をみて本当のことを話すように伝える。

みんな俺のせいだ。母親から電話がきて佐々木自宅へ行くと母親と頭を殴られたて亡くなっている佐々木建造がいた。母親はお金を貸してほしいと建造に頼むが、建造は少し前に泥棒が入って防犯カメラに写っていた写真を見せる。晃だった。春江は写真を返してほしいと伝えるが、断られそしてお金の無心をしたがそれも断られあげくに別れを告げられる。

春江は佐々木建造の頭を仏像で殴ってしまった、お金をとって逃げようとしたけど体が動かず晃を呼びだした。晃は母親を背負って病院へ帰った。

母親を被った晃の気持ちを聞く桑田

桑田は晃に「母親を背負って何を感じましたか?」

お母さんを助けたい、ただそれだけを考えていたんじゃないですか?翌日施設から妹を連れ出し、東京の父親のところへ行くように伝える。そのあと警察に自首したんですね春江さんの罪をかぶるために。

桑田「ありがとう」

最後にお母さんからの手紙を読みます。君宛の手紙を残していたんです。

晃さんへ

わたしは悪い母親でした。あなたを産んだころ若く未熟でした。途方に暮れてたくさんの男の人に頼りました。それをあなたに隠しませんでした。あなたはそのたびにいやな思いしたと思います。東京で2回目の結婚したが家庭を大事にしない夫から逃げて生活は破綻しました。そして2人を施設に預けました。すぐに一緒に暮らしたいけど私が安定した仕事を見つけなければなりません。宅配便の仕事を見つけたがすぐに男の人に頼ってしまった。あなたに嫌われるのは仕方ないと思います。でもこれだけは信じてください。世界で一番幸せだったのはあなたが生まれた朝です。立派な男になってね。お母さんより

この手紙を聞いてお母さんのことをどう思ってますか?

晃「お母さんは俺たちを育てるために精一杯頑張ってくれました。男の事もそうでもしなきゃ生きていけなかった。母さんは俺たちのために。俺たちのために・・」

桑田は判決「少年院へ送致、短期間の処遇が相当(6か月)」

母親の罪を被っただけだったが、桑田は立花が少年院で自分を見つめる時間をつくった。

スポンサーリンク

ドラマ・家裁の人・メイン出演者

桑田義雄(くわた・よしお)・船越英一郎

前崎家庭裁判所に現れた新任判事。最高裁の判事だった父を持ち、自身も将来を嘱望される身でありながら、“家裁”にこだわり、栄転を拒否している。事件を迅速に処理することに重きを置きがちな家裁において、当事者が抱える問題の本質を見極めようと奔走。そんな桑田のことを多くの人たちは変人扱いするが…!? 植物をこよなく愛し、植物の生態に詳しい。

 

 

樋口日向子(ひぐち・ひなこ)・足立梨花

弁護士志望の司法修習生。ルーティーンに職務をこなすだけの家庭裁判所に不満を抱いていたが、桑田の仕事ぶりに光を見出し…!?

 

 

岡本(おかもと)調査官 佐藤仁美

前崎家庭裁判所の調査官。バツイチで小学生の息子を育てている。

スポンサーリンク

石川(いしかわ)調査官 堀井新太 

前崎家庭裁判所の若手調査官。日向湖に好意を抱いており、桑田の存在を疎ましく感じている。

 

戸張(とばり)調査官 山中崇

前崎家庭裁判所の調査官。少年犯罪に強い思い入れを持っている。

 

田之倉(たのくら)書記官・森下能幸

前崎家庭裁判所の書記官。前崎家裁の生き字引のような存在。

 

立花晃(たちばな・あきら)・望月歩

殺人事件を起こし、前崎家裁に送致されてきた少年。桑田の調べにより、事件の背後に彼の家族への深い思いがあることが明らかに…!?

 

立花春江(たちばな・はるえ)・新山千春

晃の母親。シングルマザーとして晃とその妹・桃子を育ててきたが、現在は入院中。

 
 

佐々木建造(ささき・けんぞう)・西岡德馬

事件の被害者で地元の名士。

 
 

池上(いけがみ)所長・角野卓造

前崎家庭裁判所の所長。桑田を信頼し、彼が前崎家裁にもたらす変化に期待している。

ドラマ・家裁の人・感想

植物をこよなく愛している桑田判事、事件でもその植物がヒントになって鋭い着眼点で事件を解決するのは、なるほど・・・っと思いました。

晃役の望月歩さんですが、母親の手紙をよんで桑田がどう思いましたか?に対して泣きながら母親のことを話すのは感動しました。シングルマザーは大変・・・・ドラマの世界ですが、6か月後、出所したら働き口がみつかって妹と一緒に暮らせる日がくるといいですね。

また第二段も放送されることを希望します。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました