【ネタバレ】顔だけ先生第7話~登校拒否を続ける生徒に遠藤は積極的に救う

顔だけ先生

2021年11月20日(土)23時40分『顔だけ先生』第7話あらすじとネタバレになります。

物語の舞台となる私立菊玲学園高等学校に現れたのは、遠藤一誠(神尾楓珠)。彼は、教師たちの負担を減らすために雇われた非常勤講師…のはずだったが、教師らしい事は一切しない、”顔だけ先生”だった!“好きな事に全集中”という自分の生き方を貫く遠藤は、様々な問題の種を蒔き散らしていく事に―――学年主任の亀高千里(貫地谷しほり)は、ただただトラブル処理に追われていく・・・。一見、出来ない先生物語?と思いますが、非常識教師に超共感できるドラマ!?になるようです。

第6話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】顔だけ先生第6話~教師と生徒の禁断の恋と妊娠
2021年11月13日(土)23時40分『顔だけ先生』第6話あらすじとネタバレになります。 物語の舞台となる私立菊玲学園高等学校に現れたのは、遠藤一誠(神尾楓珠)。彼は、教師たちの負担を減らすために雇われた非常勤講師…のはずだった...

見逃し配信はFODで見ることができます!

FODプレミアム

スポンサーリンク

顔だけ先生第7話あらすじ

飲みながら延々と遠藤(神尾楓珠)の愚痴を言い続ける亀高(貫地谷しほり)。「もう分かったよ。遠藤先生が好きなのは」と言う早坂(三浦涼介)。全力で否定する亀高だったが、3人で撮った写真の小林(若林時英)の前には、なぜか、ラチャ様のアクリルスタンドが置かれ、遠藤と2ショットで撮った写真のようになっていて…。

そんな中、登校拒否を続けている2年B組の佐川希子(岡本莉音)のちょいエロ超能力動画が学校中で話題になる。川相教頭(八嶋智人)の「消させるか退学させるかだ」という発言に被せるように、「退学は待ってください」と声を上げたのは、なぜか遠藤だった。

いつもと様子の違う遠藤を逆に不安に感じ、佐川家について行く亀高。が、希子もなぜか、遠藤としか話したくないと言い、遠藤のみを家の中に入れる。これまで何度通っても話すら出来なかった亀高としては、モヤッとする。

遠藤は開口一番、「あなたは毒舌超能力少女、希ル子さんではないですか?」図星だった。遠藤は僕にもできますか?自分に教えてほしいと頼む。

しかも家から出てきた2人は、「僕はあなたの力になりたいです」「ちゃんと受け止めてね、私を」と、ただならぬ雰囲気を醸し出していた。

しかし肝心な動画は削除できない。父親がリストラで再生回数で収入を得ないといけなかった。

スポンサーリンク

 決められたルールの中で人生楽しむ

そんな中、佐川の動画が炎上してしまう。毒舌超能力少女、希ル子が相談者、山路に「死んじまえ!ったら信じまえ!」娘は、佐川と同級生だった。山路は自殺なんてしてない。

教員全員で遠藤を探す。亀高は、遠藤と佐川がラブホテルに入っていくところをみかけ後をつける。佐川は遠藤に暴行されたと亀高に泣きつくが、遠藤は何もしてない。しかし誰もが遠藤が襲っていると思われるような動画を撮っていて、それをもとに300万円を脅す。

希ル子のネット会社に記事を投稿したのも佐川自身だった6歳のとき「死んじまえ!」と言ってからマスコミに叩かれ人生が終わった。佐川は同じように動画を拡散させ遠藤も終わりにしようとした。

しかし遠藤は「決められたルールの中で僕は楽しむ。佐川さんがずっとついてくる人生でしょ?楽しい。」

山路は翌日佐川の自宅へ行く。「ゆっくり時間をかけて楽しいを見つけていきませんか?」佐川は笑顔になる。 

レッテル貼られたら自分で新しいのを貼ればいい。顔だけ先生に人生変えられた。

遠藤は自分が仕事をやめてホームレスだったとき、希ル子の6歳のときの動画をみて人生が変わっていた。3回廻ってワン!それだけで人生が楽しくなった。遠藤はその恩返しをしたかった。

スポンサーリンク

顔だけ先生・キャスト

メインキャストの紹介です。役どころは公式ホームページからになります。

遠藤一誠(24)…神尾楓珠

非常勤講師。2年B組の副担任。日本史教師。
何より心がワクワクすることに全集中な自分ファーストの男。
自分の時間を守るため、お金をたくさん稼ぐことや、うわべだけの付き合いで無駄な時間を過ごすことは選ばない。自分でも数えきれないほどの趣味を持っていて、その多くは自然を楽しむことに通じ、廃材や身近なもので手作り感あふれる工夫を得意としている。愛用の自転車はたいそう古めかしく、謎に大きなバックを携えている。
自分に正直で嘘がないので、TPO問わず思ったことをすぐ口に出す。時に周囲の混乱を招くその発言は、一見、屁理屈なようで、的を射ていることもしばしばだが、問題をさらに大きくすることがほとんどで――。
生徒の人生観を変える一言を放つのは、計算なのか、それとも…。

亀高千里(33)…貫地谷しほり

生物教師。諸般の事情により2年の学年主任を任されている。
生徒ファーストで、真面目で責任感が強いが故に、他の先生と比べても明らかに抱え込みすぎている。自分の優先順位は低く、家に仕事を持ち帰ることもしばしば。いくら時短生活を実践しても、潤いが足りない生活。遠藤が来たことで仕事量を改善できると期待したが、逆に問題が増えるばかりで……。
亀高の抱えている管理職としての職場ストレス、将来への不安、自分に対する焦りなどは、現代を生きる多くの女性たちが「生きづらい」と感じているものである。遠藤に触れることで、教師として、人として、少しずつ「自然体」を取り戻していく。

スポンサーリンク

顔だけ先生第7話感想

決められたルールの中で楽しむ、楽しんだ者勝ち、考え方ひとつで変わるんだな。。。目から鱗が落ちたような思いです。だけど動画は1回ネットに上がればずっとついて回って、それが元で人生くるった人はたくさんいると聞きます。昭和の時代では考えられなかったけど、こういうことで悩む人が増えていくのも事実です。

前半は、だんだんコメディになってきたような。。でもすごい楽しいです。飽きないです。

とくに家にいるオフの亀高が口が悪くて、早坂と一緒に遠藤に対して恋している、恋してないでムキになるところが本当楽しい。

亀高と遠藤、どちらか告白するのかな。2人お似合いですよね。

第8話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】顔だけ先生第8話~遠藤の占いがあたると評判に・・・
2021年11月27日(土)23時40分『顔だけ先生』第8話あらすじとネタバレになります。 物語の舞台となる私立菊玲学園高等学校に現れたのは、遠藤一誠(神尾楓珠)。彼は、教師たちの負担を減らすために雇われた非常勤講師…のはずだった...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました