【ネタバレ】監察医朝顔第18話~2人目の赤ちゃんを懐妊した朝顔は浩之の元へ

監察医朝顔

この記事は、2021年3月15日第18話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生きた証”を見つけ生きている人たちの心まで救っていきます。同時に、母が東日本大震災で被災し、今なお行方が分からないという、悲しみを抱えている朝顔が、刑事の桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)との結婚し娘のつぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていくヒューマンドラマです。

2020年10月からの視聴率の推移はこのようになってます。安定の高視聴率ですね。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
13.8 10.3 12.1 12.4 10.0 11.4 9.5 10.1
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
10.2 12.4 10.2 12.6 11.6 11.8 10.5 11.1
第17話 第18話            
12.4 13.0            

前回第17話のあらすじネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】監察医朝顔第17話~里子(母親)の骨が青森で見つかる!
この記事は、2021年3月8日第17話のあらすじとネタバレになります。朝顔は2人目の赤ちゃんを懐妊しました。おめでたい。 このドラマは、2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお...

監察医朝顔は前シーズンもふくめてFODですべての回をみることができます。少し前に再放送してましたがもし見逃したかたは是非FODで!!私も2週間の無料期間をつかって見ました!そしてすぐに解約しました(笑)また見たいときは入りたいと思います。

FODプレミアム

監察医朝顔2第18話・ネタバレ

 朝顔(上野樹里)は、平(時任三郎)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、祖父・浩之(柄本明)の葬儀に出席する。

そんな折、裏路地で女性の遺体が発見されたという連絡が入る。マンションの屋上には遺書と靴があったことから、飛び降り自殺ではないかと見られていた。だが、野毛山署に興雲大学の社会心理学の松本教授が自分が殺害したと自首してきた。女性は、松本教授の教え子だった。

松本は、麻酔薬とパンクロニムを注射して眠らせてからビルの屋上から突き落としたと自供する。しかし注射器の刺入角度を調べると、本人が注射したことがわかった。自殺を決意した女性は自分自身でパンクロニウムを打ったが、呼吸困難となった後、屋上から飛び降りた。

女性は昨年事故を起こし、相手方に後遺症を負わせる傷を負わせてしまい昨年亡くなってしまったことに責任を感じていた。松本はどうしたら楽に死ねるかを女性と話していた。それは時間稼ぎのためだった。

平の記憶がだいぶ前ひどくなってきた。ある日、桑原君に結婚式挙げろと言い出した。そして「つぐみ」を思い出せなくなっていた。

朝顔は平に結婚式すると伝える。

森本が何者かに刺されてしまった。。。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

監察医朝顔2第18話・あらすじ

 朝顔(上野樹里)は、平(時任三郎)、娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、祖父・浩之(柄本明)の葬儀に出席する。浩之は朝顔の結婚式に来ていくはずだった一張羅をクリーニング店に預けていた。朝顔はそのまま自宅に持って帰る。

 一方、桑原(風間俊介)は、管理官の五十嵐(松角洋平)から、『三田村一家殺人事件』の捜査に関して、平の同期でもある糀谷(肥後克広)と組むよう指示される。

そんな折、朝顔の元に検視官の伊東純(三宅弘城)から、裏路地で女性の遺体が発見されたという連絡が入る。葬儀が落ち着いたところで遺体の発見現場へと向かう朝顔。遺体で発見された女性・新井千秋は、現場の目の前のマンションに住んでおり、マンションの屋上には遺書と靴があったことから、飛び降り自殺ではないかと見られていた。

だが朝顔は、マンションの反対側には開けた駐車場があるにも関わらず、なぜわざわざ狭く入り組んだ裏路地の方へ向かって飛び降りたのか不審を抱く。遺体は興雲大学法医学教室に運ばれ、認定医の資格を取った光子(志田未来)の執刀により解剖が行われる。

しかし女性には注射痕が複数あった。

同じころ、野毛山署にはマンションから飛び降りた女性を殺害したという女性が現れる。それは興雲大学の社会心理学の松本教授だった。

松本教授は無罪だった

松本教授は、麻酔薬とパンクロニムを注射して眠らせてからビルの屋上から突き落としたと自供する。そして、供述通り、血中から麻酔薬とパンクロニウム(筋弛緩剤)が検出された。それは安楽死の手順だった。なぜビルから突き落とす必要があったのか、朝顔は納得がいかなかった。

パンクロニウムの入手先を確認すると2度購入されていたことがわかった。朝顔と茶子はもう一度解剖し、注射痕のまわりの皮膚を採取し、注射器の刺入角度を調べると、本人が注射したことがわかった。自殺を決意した新井は自分自身でパンクロニウムを打ったが、呼吸困難となった後、屋上から飛び降りた。

松本教授は、新井は事故を起こし、相手方に後遺症を負わせる傷を負わせてしまい昨年亡くなってしまった。後遺症が原因だったため、新井は引きこもるようになった。死にたいと言い出したのはつい最近で、松本はどうしたら楽に死ねるかを新井と話していた。

ムネオカオオアリ、めずらしい蟻の巣が駐車場にあった。もしここで自殺したら蟻の巣が壊れてしまうと思ったかもしれない。だからわざと障害物が多いところを選んで飛び降りたかもしれない。

スポンサーリンク

結婚式を挙げることを決意する朝顔

平の記憶がだいぶ前に遡っていた。朝顔がつぐみが生まれるまえの状況に。。。。桑原君に結婚式挙げろと言い出した。そして「つぐみ」を思い出せなくなっていた。

「最近、調子よくなっていたと思っていたのに、もうあまり時間ないかもしれない。」朝顔は辛くて泣いてしまう。桑原君が一つお願いがある。。。

朝顔は平に結婚式すると伝える。

つぐみが帰ってきて平は「つぐみ!」と呼んだ。

森本が刺されてしまった。。。

 

スポンサーリンク

監察医朝顔2の相関図とキャスト紹介

 

  • 万木朝顔・・・・上野樹里

  • 万木平・・・・時任三郎

  • 桑原真也・・・風間俊介

  • 安岡光子・・・志田未来

  • 高橋涼介・・・中尾明慶

  • 森本琢磨・・・森本慎太郎(SixTONES)

  • 沖田宗徳・・・藤原季節

  • 岡島浩司・・・斉藤陽一郎

  • 愛川江梨花・・・坂ノ上茜

  • 熊田祥太・・・田川隼嗣

  • 渡辺英子・・・宮本茉由

  • 富澤・・・辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)

  • 桑原つぐみ・・・加藤柚凪

  • 山倉伸彦・・・戸次重幸

  • 藤堂絵美・・・平岩紙

  • 伊東純・・・三宅弘城

  • 丸屋大作・・・杉本哲太

  • 藤堂雅史・・・板尾創路

  • 夏目茶子・・・山口智子

  • 嶋田浩之・・・柄本明

監察医朝顔2第18話・感想

予告で朝顔のウェディング姿がありましたが、とても綺麗でした。来週楽しみです。認知症がひどくなっていく平が朝顔と真也に結婚式を挙げろというシーン、もうつぐみも生まれて2人目が産まれるのに、結婚前まで遡ってしまい、朝顔が「もう時間が残ってないかもね、、、」と言ったのは、きっと自分のことを忘れてしまうまでにもう時間がないという意味だったと思います。

平さん、まだ若いのに、、、認知症は誰もがいつなるか分からないですもんね。

今回、松本教授が出てきました。教え子が亡くなってしまい、自分が自供するのですが、松本教授とその女性は、2人は恋人同士だったのですかね!?そのあたりは詳しく言及されてなかったのですが、でも先生と生徒という関係で、自首したりなんてしないと思います。うーーん謎。

来週はいよいよ最終回です。とても寂しいですね。。

あらすじはこちらになります。

【ネタバレ】監察医朝顔最終回~朝顔と桑原の結婚式に平は涙
この記事は、2021年3月22日最終回のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(ま...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました