【ネタバレ】ドラマスペシャル管理官キング~主演:沢村一樹

2022年1月6日(木)夜8時から沢村一樹さん主演のドラマスペシャル『管理官キング』あらすじとネタバレになります。
 
沢村一樹さんが出演されている刑事ドラマは『刑事ゼロ』『未解決の女 警視庁文書捜査官』『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』など、クオリティーが高いドラマばかりですが、現場の刑事役が多いですよね。でも今回は警視庁捜査一課の管理官・王賀統一(おうが・とういち)を演じます。王賀は、洞察力が高いうえに頭の回転も速く、バツグンの捜査力を誇る一方で、協調性がなく、周囲の意見に耳を貸さず我を押し通すことから、警視庁内では《キング》と揶揄されているようです。
 
でも沢村一樹さん、刑事ドラマに関しては「キング」っぽい雰囲気あります。圧倒的な存在感なんですよね。新しいシリーズ楽しみです。

スポンサーリンク

ドラマスペシャル管理者キング~あらすじ

海沿いのレストランに有名高校ゴルフ部のOBが集まり、定年を迎える顧問の送別会を開催する中、出席者のひとりで研修医・平山優太(岡田健史)がテラスから海に転落してしまう…。
通報を受け、警視庁捜査一課2係の刑事・二瓶次郎(大倉孝二)と美山千秋(成海璃子)が転落現場に臨場すると、優太は一緒に送別会に出席していた医者の友人の的確な処置で一命をとりとめたものの意識不明の重体だということがわかる。
 
出席者の証言や防犯カメラの映像から事件性がなく事故という結論になり、捜査員が引き上げて行く中、遅れて現れたのは管理官・王賀統一(沢村一樹)。黙々と現場を観察した王賀は、これは事故ではないと密かに確信する。捜査員たちの間に転落事故で事件は幕引き…という空気が流れる中、王賀は殺人未遂の可能性を視野に独断で捜査を開始。
 
上司の指示に逆らった王賀が、二瓶と千秋を道連れに捜査を続ける中、優太の意識が戻る。あくまで「酔っ払って自分で海に落ちた」と言い張る優太だが、なぜか腑に落ちない王賀は、鑑識の七瀬香織(国仲涼子)を呼び出し、現場を再検証。すると外れた柵が故意的に外された可能性があった。指紋から同級生の福沢修二と一致した。
 
優太は修二に襲われたのは事実だが、修二もまた誰かに脅されている可能性があると思って言えなかったとキング(王賀)に話す。
 

スポンサーリンク

キングは犯人を逮捕

高校時代、優しくていつも穏やかな優太が唯一もめていたという女子生徒・奥村葵(川島鈴遥)の存在が急浮上。王賀は千秋に葵のことを調べるよう指示する。
葵は、売春で高校中退していたことが分かるが、奥村葵は白骨死体になっていた。
 
そんな中、キングの息子・宝生瑛人(中村蒼)が何者かに突き飛ばされ救急に運ばれる。怪我は大したことはなかったが。。。犯人は福沢修二だったが山荘で殺害されていた。
 
奥村葵にはいつも一緒にいた高校生がいた。千秋はそれが平山優太だと分かり、訪ねるが、何者かにスタンガンで襲われてしまう。襲ったのは優太の父・誠だった。
高校生のとき、奥村葵は、優太が動物を殺害するのを見てしまう。優太の残虐性が人に向けられないために病院へ連れていこうとした。それを逆恨みし、優太は奥村葵が売春している噂を流す。
 
葵は優太の同級生3人に殺害された。その3人も殺害されてしまったと・・・優太は言ったが、それはフェイクニュースだった。3人のうち2人は生きていた。
 
優太は自分の邪魔をする人達を次々に殺害していた。
 

スポンサーリンク

ドラマスペシャル管理者キング~キャスト紹介

公式ページからになります。

王賀統一(おうが・とういち) 沢村一樹

警視庁捜査一課・管理官。
洞察力が高く、頭の回転が速い一方で、同調性が欠如している。周囲に何を言われても我を貫き通すため、警視庁内では『キング』と揶揄されている。しかし、確固たる信念をもち、忖度なしに事件解決に臨む姿勢で、密かに部下たちから一目置かれてもいる。
普段は冷静にあらゆる人物の心理や弱点を見極めるが、ひとり息子・瑛人の気持ちだけは理解しきれず、父親としてどう接していいのかわからない…。
唯一の趣味はトランプのカードマジックで、暇さえあれば練習に励んでいる。

二瓶次郎(にへい・じろう) 大倉孝二

警視庁捜査一課・2係主任。
王賀の右腕的存在で、上司に媚びを売るのが得意なお調子者。最近は徳川埋蔵金に興味津々。
無理難題を振ってくる王賀を疎ましく思う反面、その洞察力やどんな事件にもフラットに向き合う姿勢を尊敬しており、なんだかんだと言うことを聞いてしまう。警視庁内では王賀の過去を知る唯一の人物で、傍若無人に見える裏に優しさや不器用な一面が隠れていることも理解している。
鑑識官の香織とは現在別居中だが、なんとか元の夫婦関係に戻りたいと願っている。

美山千秋(みやま・ちあき) 成海璃子

警視庁捜査一課・2係の刑事で、二瓶の部下。
亡き父の夢を受け継いで刑事になったものの、警察組織が想像以上に男社会であるという現実や、体力的にも限界を感じていて、なんとしてでも早く結婚したいと考えている。
行きつけのバーで出会った瑛人と交際中だが、彼が王賀の息子だということには気づいていない。また、自分が刑事だとバレたら引かれるかもしれないと危惧して、週刊誌の記者だとウソをついている。

宝生瑛人(ほうしょう・えいと) 中村 蒼

王賀の息子で、法律事務所に勤務する新人弁護士。
尊敬していた母が病気で他界して以来、母方の名字を名乗っている。一方、仕事最優先で母に苦労ばかりかけてきた王賀に対しては複雑な思いを抱いており、まともに口もきかない日々を送っている。
千秋と交際しているが、週刊誌の記者だと信じ込んでおり、まさか父の部下で刑事だとは夢にも思っていない。千秋が“上司”に指示されたという人捜しを手伝ううちに、何者かに狙われることになり…?
 

スポンサーリンク

七瀬香織(ななせ・かおり) 国仲涼子

警視庁鑑識課に所属する鑑識官。
鑑識課で最も優秀と王賀からも信頼されている。王賀に《キング》というあだ名をつけた張本人だが、彼の洞察力や事件に臨む姿勢を認めており、無茶な呼び出しにも応じて現場に駆け付ける。
実は二瓶の妻…だが、現在別居中。

須藤英雄(すどう・ひでお) 小日向文世

靴磨き職人。
捜査で歩き回り、くたびれた靴を磨きにやってくる王賀の過去を知る理解者。弁護士だった王賀の亡き妻に世話になった恩を忘れておらず、長年彼と瑛人との関係に気をもんでいる。
靴を磨いている間、飽きもせずにトランプマジックの練習をする王賀には若干あきれ顔…。

平山優太(ひらやま・ゆうた) 岡田健史

都内随一の大学病院の超エリート研修医。
母親を病気で亡くして以来、医者を志すようになった。友人たちからも評判の穏やかな性格の持ち主。
高校時代の恩師の送別会でテラスから海に転落し、重体に陥る。意識が戻って退院すると、殺人未遂を疑って捜査を続ける王賀に、「酔っ払って自分でテラスから落ちた」と言い張るのだが…!?

平山 誠(ひらやま・まこと) 浅野和之

定食店を営む優太の父。
男手一つで優太を育ててきた。妻が亡くなって以来、いつも勉強ばかりしている優太とは、まともに会話をしていない。王賀から優太は転落事故ではなく襲われた可能性が高いと言われ、激しく動揺する。
 

管理者キング~感想

「人はみかけによらない」という言葉がぴったりでした。何かがきっかけで壊れてしまう人っているんだな。ちょっと怖かったです。岡田健史さん、爽やかな役が多いですけど動物虐待役なんてイメージが壊れてしまう。

王賀は周りの意見に一切耳を貸さず我を押し通すため、陰で『キング』と揶揄されている変わり者と呼ばれていましたが、信念を押し通すことができる人ってすごいです。

管理者キングはシリーズ化しそうですよね。来年また第2弾お待ちしています。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました