【ネタバレ】彼女はキレイだった第8話~愛と宗介の気持ちはつながったが梨沙は?

彼女はキレイだった

2021年8月31日(火)『彼女はキレイだった』第8話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さん)。2人は真逆の成長を遂げたましたが、初恋同士で、同じ編集部「モスト」で働くことになります。

どのような恋の行方になるでしょうか?原作は大ヒット韓国ドラマです。

第7話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】彼女はキレイだった第7話~宗介は梨沙が愛ではないと知る
2021年8月24日(火)『彼女はキレイだった』第7話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さ...

見逃し配信はFODでご覧いただけます!是非見逃された方は(無料期間中に)ご覧ください。

FODプレミアム

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話    
7.6% 7.0% 7.1% 4.8% 6.4% 6.9% 7.2% 7.2%    

スポンサーリンク

彼女はキレイだった第8話ネタバレ

16年間、再会を夢見てきた初恋同志、佐藤愛(小芝風花)と宗介(中島健人)は、お互いの気持ちが通じ合う。しかし愛は梨沙(佐久間由衣)のことが気になり、、梨沙もまた愛を避けて家に帰ってこない。

愛の童話特集が掲載された最新号が発売されるが、やはりライバル誌に追いつくことはできなかった。宗介は岸田(木村祐一)から廃刊までのカウントダウンを宣告されるが、その話をモスト編集部の部員に聞かれ、事実を隠されていたとして、次号の制作を拒否。

愛は梨沙に本音でぶつかり、また梨沙も愛に打ち明けられず辛い思いをつたえ、2人は元の関係に。梨沙は宗介に別れを告げる。

宗介は編集部の部員に謝罪し、MOSTジャパンを守るために一緒に戦ってほしいと依頼し、MOST編集部は皆、元に戻る。しかし社長からモストジャパン廃刊?の記事がネットニュースに載ってしまったことを聞く。

そんな矢先、宗介が横断歩道を渡る途中で倒れてしまう。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった第8話あらすじ

16年間、再会を夢見てきた初恋の相手“佐藤愛(小芝風花)”その人だと知った宗介(中島健人)。お互いの気持ちが通じ合った2人は晴れて再会を果たすが、喜んだのもつかの間、愛は梨沙(佐久間由衣)のことが気になる。帰宅後、ごみ箱に捨てられていた手紙から、梨沙が宗介に本気で恋をしていたことを知った愛は、宗介の恋人になることを躊躇し避けてしまう。

樋口(赤楚衛二)は長期休暇とることに。愛に振られてしまったことがショックだったのか。愛の童話特集が掲載された最新号が発売される。売上は好調だったが、それでもライバル誌に追いつくことはできず、宗介は岸田(木村祐一)から廃刊までのカウントダウンを宣告される。ところが、その会話を偶然、里中(髙橋優斗)が聞いてしまい、廃刊の話は編集部員の知るところに。

事実を隠していた宗介に腹を立てた唯子(片瀬那奈)たちは、廃刊をかけた次号の制作を拒否。孤立した宗介が1人で作ることになってしまう。宗介はその状況を甘んじて受け入れるが、孤軍奮闘する上司を前に、樋口は部員たちの思いを代弁するかのような厳しい忠告をする。
 
愛も、唯子に宗介が皆を頼りにしていたこと、何年も前にボツになった企画案に目を通していたことなどを伝え梯になろうとした。
 

スポンサーリンク

モスト編集部は一丸となる

宗介から、愛にとって大事な人の手は離してはだめだと言われ、愛は梨沙に会いに行く。愛は泣きながら本音をぶつける。梨沙もまた宗介をどんどん好きになっていく自分が辛かった、それよりも愛と喧嘩して、愛に辛いことを言えなかったことが辛かったと打ち明ける。
 
梨沙は宗介に別れを告げ、愛のことをよろしく、宗介のことが好きでしたとメッセージを送る。
 
翌朝、宗介は編集部の皆に、廃刊のことを黙っていたことを謝罪する。皆を信じていたこと、MOSTジャパンを守るために一緒に戦ってもらえないないか、頭を下げる。
MOST編集部は皆、元に戻る。
 
しかし社長からモストジャパン廃刊?の記事がネットニュースに載ってしまったことを聞く。
 
愛は、宗介に自分から今も昔も好きであることを告白する。
 
そんな矢先、宗介が横断歩道を渡る途中で倒れてしまう。
 

スポンサーリンク

彼女はキレイだったキャスト

相関図はこちらです。

 

長谷部宗介・・・中島健人
佐藤愛・・・・小芝風花

樋口拓也・・・赤楚衛二
桐山梨沙・・・佐久間由衣
里中純一・・・髙橋優斗

宇垣美里・・・須田絵里香
池沢蘭子・・・LiLiCo
岸田廉司・・・木村祐一
佐藤豊・・・菅原大吉
宮城文太・・・本多力
岡島唯子・・・片瀬那奈

彼女はキレイだった第8話感想

愛と梨沙が親友に戻れてよかったです。女友達の友情っていいもんだなって思いました。あそこまで仲良くなれるのもめずらしいですよね。

宗介は廃刊になることを黙ってて編集部が解体になりそうになりましたが、素直に謝って助けてほしいと伝えることで元通りになりました。やっぱり何も言ってくれないのは信頼されてないと思って人はスネるものなのかな。頼られると嬉しいですしね。

樋口さんが戻ってきてくれたよかった。この方が文講出版のご子息だと思うんですけどね。モストジャパンの生き残りをかけてどんな巻き返しになるのか楽しみです。

第9話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】彼女はキレイだった第9話~宗介が過労で倒れる
2021年9月7日(火)『彼女はキレイだった』第9話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さん...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました