【ネタバレ感想】彼女はキレイだった第5話~宗介は愛をクビにする!?

彼女はキレイだった

2021年8月10日(火)『彼女はキレイだった』第5話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さん)。2人は真逆の成長を遂げたましたが、初恋同士で、同じ編集部「モスト」で働くことになります。

どのような恋の行方になるでしょうか?原作は大ヒット韓国ドラマです。

第4話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ感想】彼女はキレイだった第4話~宗介と愛は1泊2日の出張で接近!?
2021年7月27日(火)『彼女はキレイだった』第4話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さ...

見逃し配信はFODでご覧いただけます!是非見逃された方は(無料期間中に)ご覧ください。

FODプレミアム

第1話 第2話 第3話 第4話            
7.6% 7.0% 7.1% 4.8%            

スポンサーリンク

彼女はキレイだった第5話ネタバレ

宗介(中島健人)の健闘もむなしく、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく溝を開けられ、廃刊の危機は変わらない。
 
宗介が起死回生を狙い、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われるが、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛だが、一瞬、その場から離れてしまい、戻ると、大事なドレスが破損していた。
 
愛は、自ら退職する旨を伝え、撮影は続行されることになったが、破損したのはイタリアのアシスタントだった。宗介は愛に謝罪し、モストの立て直しに力を貸してほしいと伝える。
自分に自信が持てない愛だが、家族に「自分のこと好きでいてくれよ」と励まされ、綺麗に変身してモスト編集部に復活する。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった第5話あらすじ

愛(小芝風花)のアイディアが採用された特集記事『手紙が書きたくなる一人旅』の掲載誌が完成した。届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も載っていて、愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして、うれしくてたまらない。しかし喜んだのもつかの間、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく溝を開けられ、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされる。
一方、出張がきっかけで愛と宗介の距離が縮まったことに気をもむ樋口(赤楚衛二)は、愛が副編集長に自分が「幼馴染の佐藤愛」だと告白しようとしていたことを知り、梨沙(佐久間由衣)に自分が愛と宗介の同僚であることを明かす。そして、親友を傷つけないためにも、宗介と会っていることを今のうちに愛に打ち明けるべきだとアドバイスする。

そんなある日、宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われる。決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。ところが、駐車場にある車をすぐに移動するよう警備員から指示され愛はドレスのそばを離れる。その隙に、大事なドレスが破損してしまった。

撮影は続行不可能となり、怒ったデザイナーは、挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介に、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう告げる。
 

スポンサーリンク

愛の超変身

愛は自ら退職する旨を伝え、撮影は続行されることになった。家に戻り、梨沙に今日の失敗と会社を退職すること伝え大泣き。
 
ドレスを破損したのはイタリア側のアシスタントのミスだとわかる。モスト編集部は愛が解雇されたことに納得がいかず副編集長に詰め寄るが、、、宗介はモスト廃刊を阻止することを必死に考えていた。
 
次号の企画会議で、樋口は愛がこっそり作っていたネタ帳から発表する。
『脇役も主役になれる』
樋口は宗介に愛に好意を持っていることを伝える。
 
そんな中、宗介は愛に会いに行く。あの時君を守るべきだったと謝罪し、モストの立て直しに力を貸してほしいと伝えるが、愛はお礼を言ってその場を立ち去る。
自分に自信が持てない愛だが、家族に「自分のこと好きでいてくれよ」と励まされる。
 
そして、ストレートパーマをかけ、綺麗にお化粧し、愛がモスト編集部に戻ってきた!
 

スポンサーリンク

彼女はキレイだったキャスト

相関図はこちらです。

 

長谷部宗介・・・中島健人
佐藤愛・・・・小芝風花

樋口拓也・・・赤楚衛二
桐山梨沙・・・佐久間由衣
里中純一・・・髙橋優斗

宇垣美里・・・須田絵里香
池沢蘭子・・・LiLiCo
岸田廉司・・・木村祐一
佐藤豊・・・菅原大吉
宮城文太・・・本多力
岡島唯子・・・片瀬那奈

彼女はキレイだった第5話感想

最後のほうに、爆発していた愛の髪の毛は、縮毛矯正され、お化粧はオレンジ色が効いて、とても綺麗になって編集部に戻ってきました。やっぱり女性(男性も)自分にお金をかければ綺麗になるんですよね。宗介は幼馴染の愛だと気づくのでしょうか。

それにしても宗介はクールにきめてますけど、愛に会いに来て公園で滑り台でずっこけるところ、顔はクールなままがおもしろいですよね(笑)愛の前では、なかなかキメられない宗介がとても良いと思います。

梨沙も樋口もせつない片思いですね。。四角関係の突入に入りました。でも宗介も完全に愛に惚れてます(笑)

6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】彼女はキレイだった第6話~宗介は愛を抱きしめる!
2021年8月17日(火)『彼女はキレイだった』第6話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、太っちょ少年から洗練されたエリートに成長したのが、長谷部宗介(中島健人さん)、美少女からダサいアラサーに成長したのが、佐藤愛(小芝風花さ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました