【ネタバレ】神様のカルテ第1話~栗原一止が命の現場で決断したのは!?

神様のカルテ

2021年2月15日(月)夜8時からテレビ東京系列で放送される『神様のカルテ』第1話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。合計4話の短期間連続ドラマになります。

このドラマは、『心は、きっと救える』――そう信じて患者を救うことと正面から向き合う、1人の若き医師の苦悩と成長を描いた大ベストセラー小説「神様のカルテ」が原作です。シリーズ累計330万部を超える感動のベストセラー小説「神様のカルテ」を初ドラマ化しており、福士蒼汰さんです。

ストーリーは、「24時間、365日対応」の地方病院で働く古風で風変わりな内科医・栗原一止を通して、地域医療の現実、医師や看護師の苦悩や葛藤、患者の想いなどを描きながら、命を見つめるヒューマンストーリーです。

2月15日まで待ち遠しいです。

スポンサーリンク

『神様のカルテ』第1話・ねたばれ

放送後に更新します。

『神様のカルテ』第1話・あらすじ

公式の発表になります。

栗原一止いちと(福士蒼汰)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く内科医。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事で、睡眠が3日取れないこともあるが、 妻・ハルに支えられ日々の診療をなんとかこなしている。そんな一止に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みが増えハルと過ごす時間も増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか?“命”の現場で葛藤しながら生きる栗原が出した答えとは…。

スポンサーリンク

『神様のカルテ』キャスト

栗原一止・・・福士蒼汰

信州の本庄病院に勤務する5年目の内科医。夏目漱石を敬愛し、話し方が古風で、周りからは変人と呼ばれている。

妻ハル・・・・未発表(2020年12月31日現在)

東西直美・・・大島優子

頭がよく優秀で、一止からも信頼が厚い病棟主任看護師

砂山次郎・・・上杉柊平

一止とは医学部時代からの腐れ縁で「怪獣」と呼ばれる

古狐先生(内藤鴨一)・・・イッセー尾形

いつも顔色が青白く薄暗いオーラを放つものの内視鏡の腕はピカイチ

売れない画家・男爵役・・・大倉孝二

一止が住んでいるアパート「御嶽荘」の住人で、年齢不詳

『神様のカルテ』第1話・感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました