【相関図】鎌倉殿の13人

鎌倉殿の13人

2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。

役柄紹介とともにご覧ください。

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第1話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第1話~大いなる小競り合い
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」第1話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続...

スポンサーリンク

相関図:全体像(公式ホームページ引用)

 

鎌倉殿の13人キャスト紹介

公式ページからになります。

北条家

北条義時:小栗旬 

田舎の平凡な武家の次男坊だったが、姉・政子源頼朝の妻となり状況が一変。頼朝の右腕として、一癖も二癖もある坂東武者たちの間を奔走する。

りく(牧の方):宮沢りえ

義時の継母。都で時政に見初められ、伊豆に下って後妻となる。いつか都に戻ることを狙い、頼朝のしゅうととなる時政の出世欲をあおる策略家。

牧 宗親:山崎一

義時の継母・りくの兄。頼朝の躍進に合わせ、京から鎌倉に下って来る。政子たちに都の教養を教えこむ。ある出来事に巻き込まれ、頼朝の怒りを買うことに―。

北条時政:坂東彌十郎 

義時の父。愛すべき平凡な田舎侍。家族思いで武芸にもけ、いざというときには頼りになる。後妻・りくと二人三脚で、天下取りの大勝負に挑む。

北条政子:小池栄子 

突然現れた都出身の源頼朝に一目ぼれ。悩みの尽きない頼朝に寄り添い、弟・義時とともに献身的に支えていく。のちに尼将軍として君臨。

北条実衣:宮澤エマ

義時の妹。源頼朝に転がり込まれて右往左往する兄姉たちを、おもしろがって観察する皮肉屋。北条家が成り上がると、自身の人生も波乱のものに。

大姫:落井 実結子

頼朝と政子の愛娘で義時のめい

くま:田中 なずな

りくの侍女。りくの下で雑務をこなす。

万寿:鳥越 壮真

頼朝の嫡男。のちの源頼家。

金剛:森 優理斗

義時の長男。のちの北条泰時。

北条 時連 (五郎):瀬戸 康史

義時の異母弟。末っ子ながら、やがて義時も政子も頼る大政治家に。のちの北条時房。

鶴丸:佐藤 遙灯

両親を亡くし、孤児となった少年。

義時の異母妹

あき:尾碕 真花

義時の異母妹。稲毛重成の妻。

ちえ:福田 愛依

義時の異母妹。畠山重忠の妻。

稲毛 重成:村上 誠基

北条時政の娘・あきを妻に迎えた武蔵の豪族。

スポンサーリンク

源氏

源 頼朝・・・大泉洋 

源氏のプリンスだったが、一族を平家に滅ぼされ流罪に。伊東家で監視され、長く孤独な生活を送ってきたため、他人には決して本心を明かさない。のちの鎌倉幕府初代将軍。

源 範頼・・・迫田 孝也

頼朝の異母弟。伊豆での挙兵を知り頼朝のもとに駆けつける。源平合戦では義経と並び平家討伐軍の総大将に。坂東武士団とともに汗を流す努力の武将

安達 盛長・・・野添 義弘

源頼朝の愛すべき従者。伊豆で罪人生活を送る頼朝を少年時代から長年支え続けてきた武士。頼朝が心を許す数少ない男。

 

静御前・・・石橋 静河

源義経をとりこにした都随一の白拍子。北条時政に捕まり悲劇の待つ鎌倉へ。

源 行家・・・杉本 哲太

頼朝の叔父。以仁王の反平家クーデターへの参加を呼びかける檄文げきぶんを持って全国を巡る。頼朝・義仲・義経ら、自身のおいたちを操る野心家。

相模

梶原 景時・・・中村獅童

源頼朝を追い詰める謎の敵将。武骨な坂東武者が多い中、和歌を好むなど教養も高い。信心深い一方、リアリストで冷徹な男。

梶原 景季・・・柾木 玲弥

景時の嫡男。弓馬に秀で、父・景時と共に各地を転戦する。

善児・・・梶原 善

伊東祐親に仕える下人。祐親から信頼され、与えられた役割を淡々とやり遂げていく不気味な仕事人。

スポンサーリンク

朝廷

後白河法皇・・・西田敏行

鎌倉勢にとって味方にも敵にもなる。「日本一の大天狗」と異名をとる

丹後局・・・鈴木京香

夫を平家に殺された後、後白河法皇の愛妾あいしょうに。法皇の寵愛ちょうあいを背景に強い影響力を持ち、政子とは女同士でトップとしての政治交渉を行う。

平 知康・・・矢柴 俊博

後白河法皇の側近。鼓の名手である一方、法皇を守り義仲を敵に回す胆力も。戦乱の時代を巧みに泳ぎ渡る。

後鳥羽天皇・・・尾上 凛

後白河法皇の孫。のちに文武に秀でた偉大なる帝王となる。

九条 兼実・・・田中 直樹

源平動乱の時代に公家の頂点に立つ。後白河法皇や源頼朝と腹を探り合う。

武蔵

畠山 重忠・・・中川 大志

義時と同年代の武蔵の若武者。謹厳実直な人柄で、義時とは互いの力量を認め合う仲。知勇兼備で武士のかがみといわれる。畠山家は平家とのつながりが深く、頼朝の挙兵では大いに悩む。

比企 能員・・・佐藤 二朗

武蔵の有力武士。頼朝の乳母である比企尼の養子。頼朝の流人時代を支え続けた比企尼の献身もあり、頼朝の側近となる。のちに北条と火花散る権力闘争を起こす。

道・・・堀内 敬子

比企能員の妻。比企家の安泰を一番に考え、頼朝に甘い比企尼や流されがちな夫・能員に苦言を呈すしたたかな賢妻。

比企尼・・・草笛 光子

源頼朝の乳母。頼朝が流罪となり伊豆へ流されると同じく都から坂東へ下り、以来、援助を続ける頼朝の大恩人。

足立 遠元・・・大野泰広

武蔵の豪族。文武の才にけ、鎌倉入りした頼朝のもとで文官の役割もこなす。

スポンサーリンク

伊豆

仁田 忠常・・・高岸 宏行

北条を支える伊豆の武士。本拠が近い北条家とは仲が良く、たびたびお願いごとをされる。笑顔がトレードマークだが勇猛果敢。

工藤 祐経・・・坪倉 由幸

伊東祐親をうらむ伊豆の武士。伊東家の嫡男であったが後見人であった祐親に裏切られる。妻と離縁させられ土地も奪われたふびんな男。

鎌倉

中原 親能・・・川島潤哉

頼朝の外交官。頼朝の求めに応じて京から下向し、側近となる。朝廷との交渉役としてしばしば上洛する。

大江 広元・・・栗原 英雄

頼朝の外交官。頼朝の求めに応じて京から下向し、側近となる。朝廷との交渉役としてしばしば上洛する。

藤原 行政・・・野中 イサオ

頼朝を支える文官。頼朝の求めに応じて京から下向し、側近となる。のちに二階堂を名乗る。

鎌倉殿の13人相関図まとめ

2021年大河の「青天を衝け」は幕末から明治にかけてですが、鎌倉時代に一気にタイムスリップですよね。鎌倉幕府の服(名前分からずすみません)も楽しみです。

小栗旬さんと大泉洋さん、菅田将暉さん、3人のやりとりは楽しみですし、個人的には西田敏行さんが楽しみです。

順次、公式が発表しましたら、役どころ等、更新していきます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました