【ネタバレ】鎌倉殿の13人第2話~佐殿の腹

鎌倉殿の13人

2022年1月16日「鎌倉殿の13人」第2話のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第1話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第1話~大いなる小競り合い
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」第1話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話                
17.3% 14.7%                

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第2話あらすじ

罪人・源頼朝(大泉洋)を処断しようと兵を率いて迫る伊東祐親(浅野和之)。しかし、北条義時(小栗旬)の父・時政(坂東彌十郎)が頼朝をかばって対立。

両勢力が一触即発の状態となる中、平清盛(松平健)を後ろ盾に相模の武士団を束ねる大庭景親(國村隼)が現れ、伊東と時政の仲介に入り、頼朝を時政に預けるが、八重とは縁を切ることで話がついた。

八重は嫁ぐ前に頼朝に会いたいと願うが、頼朝は会わないと断る。比企の尼(草笛光子)は、八重と頼朝の密会の場を提供するが無駄になってしまい、義時は方々から責められ散々な目にあってしまう。

頼朝と政子(小池栄子)は北条家を出て湯河原へ

政子は八重のところへ、頼朝の気持ちはもうないと伝える。八重は断ち切れるよう努力すると伝えるが。。。

源頼朝は義時に、「自分は挙兵しこの世をあるべき姿に戻す!そのために北条が政子が欠かせないんだ!」義時を自分の弟分だと伝える。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第2話感想

八重があまりにも可哀そうすぎます。自分の父親に千鶴丸を殺害され(まだ本人は知らない)、おそらくですが、その殺害した祐親の家人の妻にさせられるのです。政子には身を引けと言われ、こんな不幸なことはないですよね。。。かわいそう。

でも政子は強すぎる。頼朝のためならなんでもするタイプのように思います。

義時(小栗旬さん)も頼朝をかくまうために、散々な目にあってました。でも頼朝が「挙兵する」と再興を口にした途端、義時も「はっ、はぁ!!」かしずいてましたね。やっぱり権力ある人に尽くすんですね。。

第3話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第3話~挙兵は慎重に
2022年1月23日「鎌倉殿の13人」第3話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました