【ネタバレ】鎌倉殿の13人第7話~敵か、あるいは

鎌倉殿の13人

2022年2月20日「鎌倉殿の13人」第7話のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第6話~悪い知らせ
2022年2月13日「鎌倉殿の13人」第6話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラ...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話      
17.3% 14.7% 16.2% 15.4% 13.4% 13.7% 14.4%      

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第7話あらすじ

平家に幽閉された我が身を嘆く後白河法皇(西田敏行)。丹後局(鈴木京香)へ救出に名乗りを上げない源氏への不満をもらす中、平清盛(松平健)から挙兵した源頼朝(大泉洋)が石橋山で大敗したと知らされ悔しさで顔がゆがむ。

その頃、房総半島で再起を図る頼朝は有力豪族を味方に付けようと、千葉常胤(岡本信人)のもとへ安達盛長(野添義弘)を、上総広常(佐藤浩市)のもとへ和田義盛(横田栄司)と北条義時(小栗旬)を送り込む。だが広常は頼朝が直接来ないことに不満を言う。そして「この戦、俺がついた方が勝ちだ。」と言い切ったあと、そこには、大庭の遣いとして梶原 景時(中村獅童)がいた。

広常は双方についたら何が徳なのか?質問すると義時は「坂東武者のために立ち上がった。頼朝は天に守られている。担ぐに足りる人物だ」と説得する。

景時は、石橋山で頼朝を逃がしていた。義時は理由を尋ねると「大庭勢は目と鼻の先にいたが、だれも頼朝に気づかない。天に守られていると思った。」

頼朝は安房で亀(江口のりこ)を気に入り、自分の屋敷に呼ぶ。しかしそのころ、大庭についている常伴の兵が、頼朝の首をとろうとしたが、亀と会っていたため逃げ切った。

広常は参陣し、頼朝と対面するが、頼朝は「帰れ!遅い!」昼前から待っていた。無礼にもほどがあると怒鳴る。

広常遅参したことを謝罪し、身命をおとして頼朝に尽くすと誓う。

奥州では源の義経、頼朝の軍に加わるため出発した。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第7話感想

頼朝の愛人・亀が江口のりこさんが演じるなんて。2人みると思わず笑みがこぼれます。親近感を感じます。申し訳ないですが美男美女というわけではなく。

今までの放送で頼朝は自分勝手で気が小さかったんだなって思っていたのですが、第7話では神がかり的なことがあったり、広常との駆け引きでも2万という兵にこびへつらうわけではなく、帰れ!というあたり、見直しました(笑)

第8話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第8話~いざ、鎌倉
2022年2月27日「鎌倉殿の13人」第8話のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました