【ネタバレ】鎌倉殿の13人第4話~矢のゆくえ

鎌倉殿の13人

2022年1月30日「鎌倉殿の13人」第4話のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第3話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第3話~挙兵は慎重に
2022年1月23日「鎌倉殿の13人」第3話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話            
17.3% 14.7% 16.2% 15.4%            

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第4話あらすじ

治承4年(1180)8月、ついに挙兵を決断した源頼朝(大泉洋)の一党は、伊豆国の目代・山木兼隆を討って初戦を飾るべく戦支度いくさじたくを始める。しかし、頼朝の乳母子である山内首藤経俊(山口馬木也)に助力を断られるなど、強大な平家の威光の前に思うように兵が集まらない。

強気な兄・宗時(片岡愛之助)とは対照的に、自身の浅慮を後悔する北条義時(小栗旬)。あと一日で200人を集められるのか!?

そんな中、対岸の江間館で暮らす八重(新垣結衣)が義時に声をかけ、頼朝が政子とうまくいってないのではないかと勘繰りながら、戦が始まることを知る。八重は父・祐親(浅野和之)に北条が挙兵することを報告する。

北条家の危機感のなさと挙兵の状況をみて「この戦負ける」と義時に弱音をこぼす。戦緒戦当日、24人しか集まらず、頼朝は取りやめる!と宣言する。一か八か、義時は八重に山木の居場所を教えてほしいと頼むが、八重は父を裏切ることはできないと断る。

江間から八重は山木は落馬し館にいることを聞き、北条に矢をはなつ。その意味は「今日出陣せよ!」だと確信する。

そしていざ出陣、そして4年7か月に及ぶ源平合戦が始まる。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第4話感想

戦の前日に13人しか集まってなかったとき、戦なのに本当!?思わず吹いてしまいました。戦するときは1000人ぐらいいるもんだと思っていたので意外でした。

頼朝(大泉洋さん)は兵を結集するために坂東の田舎者たちに「一緒に戦ってほしい」と社交辞令を交えながら交渉するのですが、これは頼朝ではなく大泉洋さんだ・・・と思ってしまいました。

八重と政子の2人のマウント取りもおもしろいですね。八重は全然あきらめてないようです。夫の江間が今日しゃべってましたね。八重の家来って感じでした。

第5話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第5話~兄との約束
2022年2月6日「鎌倉殿の13人」第5話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました