【ネタバレ】鎌倉殿の13人第1話~大いなる小競り合い

鎌倉殿の13人

2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」第1話のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

視聴率の推移はこちらです。

第1話                  
17.3%                  

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第1話あらすじ

1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗旬)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。

しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。

兄・宗時はなんと自分の屋敷に頼朝をかくまっていて、小四郎(義時)と引きあわせる。宗時は、平氏を倒すために義時に何も言わず、源氏復興のために小四郎が力を貸すと伝える。

雅子が頼朝にぞっこんな様子。

しかし、義時が盟友の三浦義村(山本耕史)に話したばかりに、爺様(伊東祐親)が北条家へ、頼朝の捜索命令がくだる。

そんな中、頼朝から八重に手紙を渡すよう依頼される義時。直接届けにいくと、八重は頼朝に会いにいくと言うが。。

千鶴丸は殺害されたと義時から聞いた頼朝は、北条家の見張りに祐親を殺害するよう指示する。しかし祐親は兵をあげて北条家へ。

頼朝は女性の着物を着て、義時の馬の後ろに乘り、逃げる。

平清盛が全盛期、だが時代が変わろうとしている。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第1話感想

2022年の大河が始まりましたが、たくさん笑ってしまいました。やはり源頼朝が女装で逃げるのですが、しっかりお化粧もしているところでしょうか。義時の後ろに乘って逃げる様子は爽快でした。

大泉洋さんは、カメレオンのようでしたよ、息子が殺害されたと分かったとき祐親を殺害するよう指示するときの迫力と、政子と遊んでいるときは、とても品が高く崇高な感じがしましたが、しかし女装で逃げるところは源頼朝ではなく大泉洋さんでした(笑)

長澤まさみさんのナレーション、とても良いと思いました。色っぽい声ですけど、優しさがあって、聞き心地がいいです。

佐殿と義時は無事に逃げられるのでしょうか。第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第2話~佐殿の腹
2022年1月16日「鎌倉殿の13人」第2話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました