【ネタバレ】鎌倉殿の13人第15話~足固めの儀式

鎌倉殿の13人

2022年4月17日「鎌倉殿の13人」第15話「足固めの儀式」のあらすじとネタバレ、感想になります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第14話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第14話~都の義仲
2022年4月10日「鎌倉殿の13人」第14話「都の義仲」のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三...

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第15話あらすじ

源義経(菅田将暉)率いる一軍が迫っていると知った木曽義仲(青木崇高)は、後白河法皇(西田敏行)を捕らえて京に籠もる。

八重(新垣結衣)は正式に義時(小栗旬)の妻となる。

一方、鎌倉では御家人たちが謀反を計画。上総広常(佐藤浩市)も加わり、義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を旗頭とし、都ばかりに目を向ける源頼朝(大泉洋)の失脚をたくらむ。梶原(中村獅童)は頼朝側についたため閉じ込められてしまう。

万寿が産まれて500日目、「足固めの儀式」を利用し、謀反を企てていた。万寿を人質にとり頼朝の失脚を狙う。

義時(小栗旬)は御家人たちの計画を潰すため大江広元(栗原英雄)らと連携するともとに、上総之介がスパイとして入り込んでいることを伝える。頼朝はいま軍を引けばなかったことにすると約束する。

スポンサーリンク

頼朝は広常に見せしめ処刑を命ずる

そして儀式当日、万寿を去らおうとしたが、義高が止めに入り、義時が必死に止め、畠山(中川大志)を味方につけ謀反は失敗に終わった。

広常は頼朝にお前の好きなように動けばいい。頼朝もまた、「お前がいるから俺がいる」お互いの信頼を強固のものにした・・・・・と思ったが。。。

義時は今回謀反で裏切った御家人に対して、平家を討った暁には所領をわけることを提案する。しかしこれでは示しがつかぬと、広元が、「広常を見せしめに殺害する」と提案すると、頼朝はすべて知っていた。広元と事前に企てていた。義時は猛反対するが、聞く耳をもたない。

頼朝が上総之介を殺害するよう梶原に指示する。

梶原は双六をはじめ、、、そして梶原に殺害される。上総之介は「小四郎、小四郎!」と叫ぶが義時は下を向いたまま、、、涙を流し、頼朝の前にひざまづく。

頼朝「わしに逆らうものは何人も許さない、肝に命じよ」

義時に長男が生まれる。のちの北条泰時

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第15話感想

ひどい・・・・。義時が頼朝を守るために広常にわざと御家人の味方するよう依頼したのに、最後は「謀反人」として殺害されてしまった。信じていた人に裏切られる、、よくあることですけど、これは人の心を持った人がすることでしょうか。悲しかったです。

でも佐藤浩市さんの演技すばらしかったです。今回の第15話が今までの中で一番印象に残りました。

第16話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第16話~伝説の幕開け
2022年4月24日「鎌倉殿の13人」第16話「伝説の幕開け」のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました