【ネタバレ】鎌倉殿の13人第13話~幼なじみの絆

鎌倉殿の13人

2022年4月3日「鎌倉殿の13人」第13話「幼なじみの絆」のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第12話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第12話~亀の前事件
2022年3月27日「鎌倉殿の13人」第12話「亀の前事件」のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
17.3% 14.7% 16.2% 15.4% 13.4% 13.7% 14.4% 13.7% 14.0% 13.6%
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
13.5% 13.1%                

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第13話あらすじ

政子(小池栄子)が男児を出産し源頼朝(大泉洋)の嫡男誕生に沸く鎌倉であったが、頼朝の浮気が大騒動に発展。激怒した北条時政(坂東彌十郎)は伊豆へと戻り、これを比企家の好機と捉えた能員(佐藤二朗)は源義経(菅田将暉)らに近づく。

そんな中、義時(小栗旬)は八重(新垣結衣)のことを一途いちずに思い、鎌倉と江間を往復する日々を送っていた。一方、平家に敗北し再起を図る源行家(杉本哲太)は頼朝から鎌倉出入り禁止を言い渡され、木曽義仲(青木崇高)を頼る。義仲は頼朝と同じ兵力を持っていた。

義時は、源範頼、三浦 義村 (山本耕史)と共に木曽へ向かう。平家と通じている噂について義時は頼朝から人質を差し出すように言われていると打ち明ける。

義仲は息子・義高(市川染五郎)を差し出す。

木曽から戻ってきた義時は八重のもとへ。義時の一途な想いにようやく八重は応え、「お帰りなさいませ。お勤めお疲れさまでした」

義時は泣きながら喜ぶ。

スポンサーリンク

 

鎌倉殿の13人第13話感想

義時の八重に対する一途な想いを伝えるシーンが何度もあって、八重は幸せ者ですね。笑顔を見ているだけで幸せ。純愛でしたね。八重は義時と再婚しそうです。

義仲の嫡男・義高役の市川染五郎さん、美男子ですね。8代目市川染五郎を襲名したんですね。人質として頼朝の元へいくわけですが、どんな活躍をするのか楽しみです。

第14話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第14話~都の義仲
2022年4月10日「鎌倉殿の13人」第14話「都の義仲」のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました