【ネタバレ】鎌倉殿の13人第11話~許されざる嘘

鎌倉殿の13人

2022年3月20日「鎌倉殿の13人」第11話「許されざる嘘」のあらすじとネタバレ、感想になります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第10話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第10話~根拠なき自信
2022年3月13日「鎌倉殿の13人」第10話「根拠なき自信」のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
17.3% 14.7% 16.2% 15.4% 13.4% 13.7% 14.4% 13.7% 14.0% 13.6%
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
13.5%                  

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第11話あらすじ

鎌倉では、源頼朝(大泉洋)の新たな御所が完成。坂東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられ、北条義時(小栗旬)も慌ただしい日々を送っていた。

だが、りく(宮沢りえ)は、頼朝のしゅうとである夫・時政(坂東彌十郎)の処遇の低さに不満を募らせる。

一方、都では平清盛(松平健)が敵対勢力の掃討に乗り出し、その苛烈さに人々が恐れおののく。そんな中、平家討伐を焦る義経(菅田将暉)は集った兄たちの前で頼朝に盾をつく。しかし御家人たちが坂東を離れたがらない。

そんな最中、平清盛が没落、頼朝の首をとるよう息子・宗盛(小泉孝太郎)に言い残しながら息を引き取った。後白河法皇に政権を明け渡すが、宗盛は頼朝討伐はあきらめない。

源行家(杉本哲太)は、義円を連れて平家倒幕に出陣する。義円は頼朝宛に文を書いたが、義経が破り捨てた。だがその破り捨てた手紙を景時(中村獅童)が拾いつなぎ合わせ頼朝に報告していた。

政子が2人目を懐妊した。男の子が産まれるよう、伊東祐親と祐清が一旦恩赦にしたが、千鶴丸の成仏をするためには、伊東祐親の死が必要であり、そうしなければ世継ぎの男の子は生まれないと全成(新納慎也)に言われた頼朝は2人の殺害を命ずる。

しかし全成は政子の胎内にいる子は長生きしない、まだ千鶴丸が成仏してない。殺した男(善児)が生きている限り。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第11話感想

伊東祐親と祐清がようやく釈放されるはずが、一転して殺害されてしまうなんて。頼朝は八重との間に産まれた息子・千鶴丸を殺害された恨みなのか、政子に男が産まれるために決断したのか、どっちだったんだろう。千鶴丸が一番可哀そう。。。

義経が義円が書いた頼朝宛の手紙を破り捨てるなんて、兄弟でも競い合っていたってことですよね。義経が一番不気味です。

景時(中村獅童)が、千鶴丸を殺害した善児を自分の傍に置きましたが、善児をつかって何をするつもりなんだろうか。

第12話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第12話~亀の前事件
2022年3月27日「鎌倉殿の13人」第12話「亀の前事件」のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました