【ネタバレ】鎌倉殿の13人第14話~都の義仲

鎌倉殿の13人

2022年4月10日「鎌倉殿の13人」第14話「都の義仲」のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】鎌倉殿の13人
2022年1月9日夜8時からスタートの「鎌倉殿の13人」の公式ページにある相関図になります。 役柄紹介とともにご覧ください。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く三作目、大河ドラマの第61作になります。

源頼朝の義弟で、後に鎌倉幕府の実権を握る北条義時の目線で、源平合戦、鎌倉幕府の成立から御家人たちの平定、武家社会の始まり、朝廷との権力抗争などが群像劇として描かれます。

『13人』とは、鎌倉幕府では「十三人の合議制」という指導体制を導入しました。その13人であり小栗旬さん演じる北条義時は一番最年少です。

一介の田舎武士だった義時の成長&サクセスストーリーですが、三谷幸喜さんの脚本が楽しみです。ナレーションは長澤まさみさんです。どんな語りになるのか楽しみです。

第13話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第13話~幼なじみの絆
2022年4月3日「鎌倉殿の13人」第13話「幼なじみの絆」のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年』に続く...

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
17.3% 14.7% 16.2% 15.4% 13.4% 13.7% 14.4% 13.7% 14.0% 13.6%
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
13.5% 13.1%                

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第14話あらすじ

嫡男・義高(市川染五郎)を鎌倉へと送った木曽義仲(青木崇高)は、平家の追討軍を撃退して上洛。

敗れた平宗盛(小泉孝太郎)は、帝と三種の神器とともに都を落ち延びる。義仲の活躍に焦る源頼朝(大泉洋)。後白河法皇(西田敏行)は三種の神器なく、後鳥羽法皇を奉る。

備中で苦戦を強いられていた義仲は京を離れた。後白河法皇は、頼朝上洛のお膳立てを行う。

義仲は完全に後白河法皇に嫌われてしまい、平家と内通していたとの噂を立てられ、頼朝は出陣しようとするが、利益のない戦に御家人たちが不満を募らせる。

頼朝は弟・義経(菅田将暉)を大将とし派兵する。

義高は義経の身を案じていた。戦で勝つのは父・義仲だと信じていた。

そのころ御家人たちに不穏な動きがあった。義時は上総之介広常(佐藤浩市)に御家人たちの話に乘るように伝える。

そしてこのとき、源氏が2つに割れた。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人第14話感想

義仲は何も悪い事してないのに、後白河天皇(西田敏行さん)恐るべしです。息子の義高が心配になりましたが、政子が大姫のために守ると言い切ってましたので期待してます。

源氏が2つに割れましたが、それをお膳立てしたのが義時(小栗旬さん)ですよね。義時は頼朝を裏切ったのでしょうか。それとも目的は別にあったのか。。。

第15話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】鎌倉殿の13人第15話~足固めの儀式
2022年4月17日「鎌倉殿の13人」第15話「足固めの儀式」のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図はこちらになります。 「鎌倉殿の13人」は、脚本は三谷幸喜さんです。とても評判がよい『新選組!2004年』『真田丸2016年...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました