【ネタバレ】当番弁護士梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女

2021年10月4日(月)夜8時からテレビ東京で放送されます「小杉健治サスペンス
当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル ~鬼子母神の女」のあらすじとネタバレになります。

原作は、小杉健治『不遜な被疑者たち』(集英社文庫刊)になります。弁護士会から派遣された当番弁護士として殺人事件の弁護を引き受けた梶原藤子。あいまいな供述を繰り返し、自分を信用しない被疑者を相手に人情派の熱血女性弁護士が事件の謎を解きます。

浅野ゆう子さんが、美容業界のカリスマで出演されます。松下由樹さんと対立!?になるのか、楽しみです。

前回、2020年6月22日に放送されました。あらすじとネタバレはこちらになります。

【当番弁護士梶原藤子の事件ファイル】浅草を舞台に松下由樹さんの人情サスペンス
2020年6月22日(月)夜8時からテレビ東京で放送されます「小杉健治サスペンス 当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル 」のあらすじとネタバレになります。 弁護士の梶原藤子(松下由樹さん)は、ヤメ検で弁護士会から派遣される「当番弁護士」と...

スポンサーリンク

梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女ネタバレ

弁護士の梶原藤子(松下由樹)は、弁護士会から派遣される「当番弁護士」として美容業界のカリスマ・司万里子(浅野ゆう子)の接見を依頼される。

ジャーナリストの菱田十三(大浦龍宇一)を殺害された容疑がかけられていた。菱田は事務長の飯沼和代(真飛聖)と付き合っていた。間もなくして飯沼和代も転落死したーーー。

12年前、司万里子は、郷田エステートの社長・郷田浩一郎と妻・菜穂だった。警備の本多(榎木孝明)との間に娘・菜穂がいた。菜穂は郷田浩一郎に暴漢され、後ろから突き飛ばし、階段から転落死させた。本多に協力してしまい事故死になったが、万里子は娘を守るために、親子の縁を切った。

飯沼和代は、12年前のその事件を目撃していた。それ以降万里子をゆすり続け、さらに菱田は和代からそのことを聞いて万里子を2人して強請っていた。

菱田を殺害したのは万里子であり、警察に捕まった万里子の代わりに、飯沼和代を殺害したのは本多だった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女あらすじ

弁護士の梶原藤子(松下由樹)は、弁護士会から派遣される「当番弁護士」として美容業界のカリスマ・司万里子(浅野ゆう子)の接見を依頼される。万里子にはジャーナリストの菱田十三(大浦龍宇一)を殺した容疑がかけられていた。万里子は菱田に脅されており、事件現場から立ち去る姿が目撃されていた。

しかし藤子はなぜ顧問弁護士に依頼しないのか不思議がり本人に確認するが、理由は言わない。また事件当夜のアリバイもない。菱田に脅されていた事実も言わない中、万里子は藤子を正式に弁護を依頼する。

藤子は、菱田のいきつけのスナックに行くと金づるが見つかったこと、そして忘れ物の書類袋があり、そこには児童養護施設「ひだまり」のパンフレットがあった。

藤子は高林(中村俊介)を連れてTsukasa Beauty houseで内部調査をすると、事務長の飯沼和代(真飛聖)に呼び止められる。

スポンサーリンク

12年前の忌まわしい出来事

菱田は司万里子と飯沼和代の両方を脅していた。和代は母親の病気のために闇金業者からお金を借り会社のお金を横領していた。警備員の本多は和代から事件当日、アリバイを証明してほしいと頼まれたことを証言する。

そんな中、飯沼和代が転落死したーーー。

司万里子は容疑がはれ、釈放される。

ある日、藤子は本多の後をつけていくと、目にしたのは女装した本多だった。藤子は村川検事に、司万里子と飯沼和代の2人の関係を調査するよう依頼していた。

12年前、司万里子は、郷田エステートの社長・郷田浩一郎と妻・菜穂であり、万里子に警備の本多との娘、菜穂がいた。菜穂は郷田浩一郎に暴漢され、後ろから突き飛ばし、転落死させた。帰宅した万里子は菜穂を守るためにそのころ、郷田浩一郎の運転手をしていた本多に助けを求めた。本多は自らの命をかけ崖から転落させ結果、事故死になった。

スポンサーリンク

母娘の縁を切ってまで守りたかった娘の秘密

万里子は娘を守るために、親子の縁を切り、菜穂は養護施設「ひだまり」へ引き取られる。万里子は美容整形し会社を立ち上げる。縁は切ったとはいえ、お揃いのペンダントを身に着けていた。

しかし飯沼和代は、12年前のその事件を目撃していた。それ以降万里子をゆすり続けていた。さらに菱田は和代からそのことを聞いて万里子を強請っていた。

菱田を殺害したのは万里子であり、警察に捕まった万里子の代わりに、飯沼和代を殺害したのは本多だった。藤子を通して本多への伝言に殺害へのGoサインを出していた。

万里子はどうしても飯沼を警察に捕まってほしくなかった。菜穂の秘密を暴かれるからだった。万里子は自分も郷田浩一郎から暴行を受けていた。自分が先に殺害していれば菜穂に被害をおよぶことがなかったのに、、、。

菜穂は、自分は母親に捨てられたと思った。だが、藤子に言われて、自分の秘密を守るための母親の愛情だと気づいた。

本当に大事なものは目には見えない。

藤子は自分に弁護をさせてほしいと願い出る。

スポンサーリンク

梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女・キャスト

梶原藤子…松下由樹
司万里子…浅野ゆう子
高林信介…中村俊介
梶原萬治…田村亮
本多憲一…榎木孝明
村川泰江…南野陽子
飯沼和代…真飛聖
矢代沙織…吉本実憂
大西虹子…松原智恵子
大西純平…橋本じゅん
大西皐月…小林綾子
岡谷文夫…布施博
梶原翼…喜多乃愛

梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女・感想

印象に残ってしまったのは、女装した本多(榎木孝明さん)があまりにもキレイだったことです。熟年の色気がありました笑

浅野ゆう子さんと松下由樹さんの対決!!とても見ごたえありました。大女優の2人です。それにしても司万里子が美容整形までして娘と別れたのに、12年前、飯沼和代に目撃されてずっと強請られるって・・・悪いことは本当にできないって感じですよね。

殺害のきっかけが娘を守るため、親が子を想うがために、、、殺人は絶対にやってはいけないけど、でも心が痛くなりますね。。。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました