【ネタバレ】人生最高の贈りもの~余命の半分を使って父親に思い出プレゼント

2021年スペシャル

2021年1月4日夜8時放送の『人生最高の贈りもの』のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、余命わずかだという宣告を受けた田渕ゆり子(石原さとみ)が、残された時間を父・亮介(寺尾聰)と過ごすため東京の実家に帰省し、自分の体調は父に隠し、少しぎこちないながらも2人で穏やかな時間を過ごす。一方事情を知るゆり子の夫・繁行(向井理)はひとり長野でゆり子の意向を尊重していた。。。。という家族の物語です。

石原さとみさんといえば、2020年はアンサングシンデレラなど、特別なスキルを持った役が多かったですが、今回はごく一般的で私たちの身近にいる女性を演じるところが見ものだと思います。いつも心に響くセリフが多いのも石原さとみさん主演のドラマの特徴ですよね。2021年新春ドラマできっと心が元気になるドラマになると思います。

スポンサーリンク

人生最高の贈りもの・ネタバレ

元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾聰)は妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなす。ある日、1人娘のゆり子(石原さとみ)が、家に帰ってくる。長野県安曇野で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行(向井理)と暮らしていた。

ゆり子はガンで余命宣告されていた。父親に思い出をプレゼントしたくて余命のうち半分を父親と過ごすことをきめたゆり子は、毎日父親とごはんを作ったり、翻訳したり、ゆったりと充実した日々を過ごした。

父親との思い出を作り、ゆり子は安曇野に帰ってきた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

人生最高の贈りもの・あらすじ

東京・豊島区。鬼子母神堂の裏手に佇む小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾聰)は暮らしている。妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。

〆切を守らない亮介に、担当編集者・野村(勝地涼)はいつも隣で頭を抱えていた。さらに近所に住む原口光代(キムラ緑子)は、亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日勝手に家に上がり込んでいる。

一方、亮介の一人娘・ゆり子(石原さとみ)は、長野県安曇野ののどかな町で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行(向井理)と暮らしていた。

ある日、ゆり子は夫の学校に迎えにいき、泣きながら何かを依頼した。その後、ゆり子は祖師谷の父のもとに帰ってくる。

連絡もなく突然の帰省に驚く亮介は理由を尋ねるが、ゆり子は一切語ろうとしない。わかったのは家にいる期間を決めていないということだけだった。これまで「父と娘」の会話をろくにしてこなかったため、二人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。

ゆり子は部屋の中がきれに片づけられていて何か感じ悪い・・・キッチンにいくと「いやらしい」女性の気配がした。しかし父・亮介は自分が毎日つくっていることを伝えると、ゆり子は吹き出してしまう。そしてごはんを作ってもらう。

スポンサーリンク

お墓で号泣するゆり子

エプロンする亮介に笑い転げるゆり子。料理を黙々とたべるかと思いきや、美味しくても笑い転げるゆり子。(家のことが何もできなかった父が家事をしているのが滑稽だったのか。)

亮介は光代に何で娘が戻ってきたのか、代わりに聞いてほしいと頼むが。しばらくいるんじゃない?と一蹴される。

ゆり子は父がつくる料理を美味しそうに食べる。2人で散歩したり食事したり、ゆったりとした時間を過ごすが、亮介は何もいわないゆり子が心配でならない。

亮介はある日、お墓で泣いているゆり子をみてしまう。

理由を聞くために夫・繁行がいる長野にいく。

亮介はゆり子がガンだと知る

繁行は何故、亮介がここにきたのか分かっている。亮介はなぜゆり子が戻ってきたのか、事情を教えてほしいと頼む。

しかし繁行は何もないと否定するが、亮介は引き下がらない。でも繁行は言わない、、、かったが、家に呼び、ゆり子に変わらず接することを条件に話し出す。

「ゆり子さんはガンで、残りの命は限られている。」

亮介は目を閉じて聞く。「そんな・・・・・・」

ゆり子は残された命の半分をお父さんと過ごしたい。お母さんとはたくさん過ごすことができた。だけどお父さんとは思い出がない。お父さんに思い出をプレゼントしたい。

自分の体のことは言わずに父親と過ごすことが願いだった。2人で喧嘩したり、つまらないことをしたり、ごはん食べたりしたい。

繁行は、ゆり子の心を尊重したい。それを決めた後、ゆり子はとても元気だった。元気が限界になったらここに戻ってくると思う。不妊治療を始めようとしたときにガンがみつかった。

ゆり子の部屋には父が翻訳した本がすべてあった。そこにはゆり子の感想が書いたメモも挟まっており。

スポンサーリンク

亮介はゆり子との思い出をつくる

繁行から、ゆり子はファザコンであり、父親にだと聞かされる亮介

繁行がゆり子から聞いていた子どものころの思い出をまったく覚えてない亮介

自分のところにあとどれぐらいいられるのか?あまり長い時間ではないと答える繁行

そして東京に戻る亮介、妻の墓前でいい娘に育ててくれてありがとうとお礼を伝えると同時にこれからどうしたらいいか。

ぎこちない時間が過ぎるが、一緒にご飯を作ったり、うなぎを食べに行ったりする。

ゆり子は繁行にお父さん来なかった?と電話するが、繁行は否定するが嘘だと分かってしまう。

若い女性作家の短編集、昔訳したことのある女性作家の娘でデビュー作をゆり子に読ませる。ゆり子は「笹井亮介の訳で読んでみたい」、亮介はゆり子に家事や翻訳などを手伝わせる。

充実した日々が過ぎていった。ゆり子は父親が見えないところで体の痛みに耐えていた。

そして短編集ができた。2人はハイタッチする。

ゆり子、頑張れ!

ゆり子は繁行に電話し、そろそろ帰ることを伝える。繁行は死期が近づいていると感じ涙する。

そしてゆり子は、光代に父のことを託す。

ゆり子は亮介に明日帰ることを伝える。亮介は明日、落語いこうと誘う。

2人で最後の晩さん、ゆり子は、母親がよく作ってくれた白和え、煮物を作る。

そして落語を観にいき、2人で涙をながしながら笑う。

亮介は「ゆり子、大丈夫だ。大丈夫だ。ゆり子ならできる。頑張れ」幼い頃言ってもらえなかった言葉だった。

ゆり子は「はい、頑張ります」そして安曇野に戻ってきた。

最後の日々を過ごすゆり子

スポンサーリンク

人生最高の贈りもの・キャスト

田渕ゆり子・・・石原さとみ

亮介の一人娘。
長野県安曇野ののどかな町で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行と暮らしていたが、突然父のもとに帰ってくる。

笹井亮介・・・寺尾聰

ゆり子の父親で元大学講師の翻訳。

田渕繁行・・・向井理

笹井亮介の元教え子で、英語教師のゆり子の夫。

野村・・・勝地涼

亮介の担当編集者で〆切を守らない亮介に頭を抱える。

原口光代・・・キムラ緑子

亮介の亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日のように勝手に笹井家に上がり込んでいるご近所さん。

田辺正一・・・角野卓造 

亮介が本音を吐露できる古くからの友人。

人生最高の贈りもの・感想

親にとっては子供に先立たれるのが一番辛いと聞きますよね。余命宣告されたあと、父親に思い出をプレゼントしたいと考えるゆり子、、、心が洗われます。

石原さとみさん、口紅がいつも明るい感じだけど、やっぱり余命が少ないから、顔色が悪い口紅使ってましたね。女性は口紅一本で顔色が変わる。。。でもすごい大きな声で笑ってました。

余命が宣告されたら自分だったらどうするかな~。でもあまり、誰にも知られたくないかも。心配されるのもきついけど、励まされるのも辛いかな。不謹慎だけど、ポックリ死にたい。。

ゆり子は父親からガンバレ!と言われて嬉しそうだったな、あれはあれでジーンときました。

石原さとみさんの新作を、新年早々みれて満足でしたー。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました