【ネタバレ】遺留捜査2021第6話~天才奏者の死と4つのリードの意味とは?

遺留捜査

2021年2月18日(木)『遺留捜査』第6話のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%) 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
11.6 11.0 12.9 12.4 12.2 11.6    

遺留捜査は、糸村聡(上川隆也)が、事件現場に残された『気になる物』に寄り添い徹底的に調べる。そして「僕に3分間時間をいただけますか?」からの事件が起きるに至った関係者の思いを包み込むように語る様子には温かさがいつもあります。毎回じーーんとくるドラマです。科学捜査研究所の村木繁(甲本雅裕)との噛み合わないやりとりもおもしろさの一つです。

すでに『遺留捜査』は2021年で誕生10周年を迎えます。連続ドラマで5回、スペシャルが10作放送されており、今回が連続ドラマ6シリーズ目であり、必見です。

主題歌は、小田 和正さんの『風を待って』ですが、明るい感じですが、やっぱり心に沁みてくる楽曲でやっぱり遺留捜査の感動のエンディングは小田和正さんの歌で締めるのが最高です。

第5話のあらすじ、ネタバレはこちらです。

【ネタバレ】遺留捜査2021第5話~組みひもに込められた秘密とは!?
2021年2月11日(木)『遺留捜査』第5話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 11.6 ...

スポンサーリンク

遺留捜査2021第6話ねたばれ

ジャズサックス界のトッププレイヤー・新庄リュウ(葛山信吾)が演奏中に毒殺される。サックスの部品に毒が塗られていたのだ。新庄のポケットにはマウスピースにつける”リード”が4つあって、そのうちの一つがだいぶ前の5月のものだった。

付き人の拓斗がプロデビューを持ちかけられていたが、それを新庄は阻止したため逆恨みによる犯行か?と思われたが、殺害したのは同じバンド仲間のベースの荒木だった。荒木は自分がバンドから外されると思い、出来心で殺害してしまった。。。。

糸村はリードの葦が、琵琶湖周辺だとわかり聞き込みし、香澄という女性とあう。新庄は難聴を患っており、離れた病院で診察してもらうため琵琶湖にきていたが、両方の耳が聞こえなくなると診断をうけており自殺しようとしていた。香澄から拓斗がサックスプレイヤーだと知り、演奏を聞き、再度サックスプレイヤーとして復活する決心をした。新庄は拓斗を自分の代わりにニューヨーク公演に行かせようとしていた・・・

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

遺留捜査2021第6話あらすじ

ジャズサックス界のトッププレイヤー・新庄リュウ(葛山信吾)がステージで演奏中、突如、苦悶し絶命する事件が起きた。死因は毒物による中毒死と判明するが、どこに毒が仕込まれていたのかすぐには特定できず、鑑定の結果待ちの状況だった。

そんな中、糸村聡(上川隆也)は遺体のポケットから、小さなケースに入った人差し指大の薄い板を4枚見つける。それはサックスを吹くときにマウスピースにつける”リード”のようだったが、『2/10』『2/11』『2/15』『5/3』という謎の数字がそれぞれ記入されていた。

 新庄の付き人で、自身もサックスを吹くという満島拓斗(小野塚勇人)に聞いたところ、その数字はリードを使いはじめた日付だとわかる。リードは消耗品で寿命が限られているため、新庄は期限の目安にと、常に使用開始日を書き込んでいたらしい。となると、最近――つまり2月に使いはじめた3枚のほかに、5月に下ろしたリードが混じっていることになる。なぜ新庄は半年以上も前の古いリードを持っていたのか、糸村は疑問に思う。

また、拓斗によると、新庄は次のニューヨーク公演でバンドメンバーをひとり入れ替えると宣言していたという。外されるメンバーが、憎しみから犯行に及んだのだろうか…。バンド内の人間関係を調べたところ、ピアノ奏者の棚橋詠美(小橋めぐみ)が新庄と恋人関係にあったと判明。さらに、拓斗がプロデビューのチャンスを新庄に潰された事実も浮上する。

スポンサーリンク

犯人は同じバンド仲間のベース荒木

新庄は、阿久津という元メンバーのところによく行っていた。詠美だけはニューヨーク公演に外すことはない、彼女の家は資産家で金銭的援助があったからだ。

5月のリードは2年前のもので、琵琶湖周辺の葦から造られた手作りだと分かった。新庄は2年前、失踪していて、戻ってきてすぐに使用したリードだと分かった。

拓斗は新庄と2年前に知り合い、付き人にならないか?声を掛けられたが、何も教えてくれなかった。拓斗は両親が事業に失敗し、その借金を背負っていた。そのためプロデビューは借金を返すチャンスだった。

詠美は、バンドを解散し、拓斗と新しいバンドを組もうとしていた。

毒物の摂取経路は、口ではなく、鼻からで、25個のタンポ(サックスの部品)に付着していた毒を吸い込んだことだと分かった。前日の夜、新庄は拓斗と言い争いをし、サックスを階段から落としてしまいタンポがバラバラになっていた。ということは当日ライブ前に修理した者による犯行だ。

その修理は阿久津が行っていたが、荒木が保管庫からメッキ液を取り出し、少し懲らしめようと思ったが、まさか死ぬなんて思ってなかった・・・・

スポンサーリンク

糸村の3分間は、拓斗へ

琵琶湖周辺を聞き込みしていた糸村は、香澄という女性と会った。香澄は拓斗と幼馴染で、香澄こそが拓斗と新庄を引き合わせていた。

新庄は重度の難聴を患っていた。少し離れた病院で診察したところ、そのうち両耳が聞こえなくなると診断されていた。死のうとしていたところを香澄は声をかけられた。香澄は新庄が著名なサックスプレイヤーとは知らなかった。

やがて新庄は琵琶湖の葦でリードを作ることで自分と向き合っていた。そのとき香澄から拓斗のことを聞き、演奏を聞きにいく。そしてまたサックスをふく力が沸き、たとえ耳が聞こえなくてもジャズマンとして生きていこうと決めた。

ニューヨーク公演に向けてメンバーを外すのは自分自身だった。拓斗を行かせようとしていた。新庄が亡くなる前、拓斗にハンドサインを出していた。

「次はお前のソロだ・・・・」

新庄は亡くなる前、香澄をもう一度訪ね、5月のリードをいつか拓斗に渡し、感謝の気持ちを伝えようとしていた。

スポンサーリンク

遺留捜査2021・キャスト

糸村聡(いとむら・さとし)・・・上川隆也

神崎莉緒(かんざき・りお)・・・栗山千明

雨宮宏(あまみや・ひろし)・・・永井大

沖田悟(おきた・さとる)・・・戸塚純貴

滝沢綾子(たきざわ・あやこ)・・・宮﨑香蓮

岩田信之(いわた・のぶゆき)・・・梶原善

村木繁(むらき・しげる)・・・甲本雅裕

佐倉路花(さくら・みちか)・・・戸田恵子

遺留捜査2021第6話・感想

今回も余韻が残る、良い話でした。てっきり新庄の隠し子が拓斗??と途中まで想像していたのですが、そういう訳ではなかったです(笑)なんとなく目のあたりとか似ていたように思えて。

リードって葦というのから造られるんですね。知らなかったです。でも音楽をする人が耳が聞こえなくなることの恐怖というか、絶望感は計り知れないですよね。でもあることがきっかけで立ち直るというのは人それぞれで、、、やっぱり人から救われるんだなって思いました。

一生懸命何かやっている人って感動与えるのかもしれないですね。(知ったかぶりです笑)

次回第7話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】遺留捜査2021第7話~暴力団幹部が持ち歩く石ころの秘密は何?
2021年2月25日(木)『遺留捜査』第7話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%)  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 11.6 ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました