【ネタバレ】イチケイのカラス第10話~被告人が『名無しの権兵衛』裁判は?

イチケイのカラス

2021年6月7日『イチケイのカラス』第10話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、常に250件前後の事件を担当するという刑事裁判官は、迅速かつ効率的に事件を処理することが求められますが、そんなことはお構いなしの主人公・入間みちおを演じるのが竹野内豊さんです。『イチケイ』というのは、入間がいる東京地方裁判所第3支部第一刑事部の略称になります。原作は浅見理都さんにより2018年に発刊された人気コミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)です。

入間みちおは、「話を聞きまくって悩み尽くして一番いい答えをきめることが裁判官にとって一番大事」を信条にし徹底的な捜査を実施します。趣味はふるさと納税だそうです(笑)そして同じ刑事裁判官の坂間千鶴を演じるのが黒木華さんです。優秀だけど冗談が通じない堅物役、おそらく入間みちおの正反対の役なのかもしれません。どんな正義を見せてくれるのか楽しみです。

視聴率の推移です。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
13.9% 10.5% 12.7% 12.4% 12.3% 13.4% 13.6% 11.7% 10.5% 12.7%

第9話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】イチケイのカラス第9話~みちおが転倒し頭を打ってしまう
2021年5月31日『イチケイのカラス』第9話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、常に250件前後の事件を担当するという刑事裁判官は、迅速かつ効率的に事件を処理することが求められますが、そんなことはお構いなしの主人公・入間みち...

見逃し配信はFODになります。

FODプレミアム

スポンサーリンク

イチケイのカラス第10話ネタバレ

傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』で名前すら名乗らない。弁護士は、みちおの元同僚、青山(板谷由夏)が引き受けた案件だった。

第1回公判。どこか飄々とした雰囲気を持つ被告人(板尾創路)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良)の胸部を工具で殴打した容疑だが、被害者は嘘をついている。被害者を法廷に呼ぶよう訴える。

職権が発動される!被告人が何者か?何故名前を言えないのか裁判所主導で捜査が行われる。

被告人(名無しの権瓶)は、青山の母親が看護婦していた富山にある医院の医者だった。17年前、自分が説得して子供を産むことを決意した篠塚弥生(17歳)は、赤ちゃんは救ったが、母体は助からず亡くなってしまった。

御手洗は無資格だった。。。無資格の医者が妊婦を死なせてしまったことに責任を感じ失踪する。その時生き残った子供が被害者の朝倉純だった。

純を怪我させたのは同じ不良グループのリーダーだった。いじめにあいたくないために、ホームレスに襲われたと嘘をついていた。

スポンサーリンク

イチケイのカラス第10話あらすじ

 みちお(竹野内豊)は、弁護士時代の同僚でもある青山(板谷由夏)と、彼女の母親の多恵(銀粉蝶)に会いに行く。愛犬みちこの弟妹が生まれたからだった。帰り道、青山は、独立して事務所を立ち上げるにあたって、得意の企業法務だけでなく国選弁護もやっていくつもりだとみちおに告げる。青山は、その国選弁護である案件を担当するため、またイチケイに通うことになる、と続けた。

 あくる日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちおや坂間(黒木華)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人が『名無しの権兵衛』なのだという。青山が弁護人を引き受けた案件だった。

 第1回公判。どこか飄々とした雰囲気を持つ被告人(板尾創路)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺晃良)の胸部を工具で殴打し、ケガをさせたというものだ。この事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年たちの投石事件だった。河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年たちから石を投げつけられた。

少年たちを追いかけた被告人は、純を捕まえて注意をした。すると、そのことに腹を立てた少年たちは再び投石行為に及び、路上生活者のひとりにケガをさせてしまう。純を探し出した被告人は、もみ合いになった際に彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたという。純は肋骨が折れるほどの大ケガだった。

だが、みちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、嘘だと答えた。そして、自分は嘘が嫌いだ、と言い放ち……。

名無しの権瓶は、嘘が嫌いで自身を「ポジティブホームレス」と名乗り、被害者を法廷に呼ぶよう要求する。

スポンサーリンク

名無しの権瓶は医者

職権が発動される!被告人が何者か?何故名前を言えないのか裁判所主導で捜査が行われる。

被告人(名無しの権瓶)は、事件当日、鷹和建設の原口ともう1人が話している会話を聞いていた。この2人が被告人に会ったと証言してくれればアリバイは証明できるが、原口は認めない。鷹和建設には、巨額脱税容疑で地検特捜部が動いている。

みちおと千鶴は青山の実家へ行く。名無しの権瓶は、青山の母親が看護婦していた医院の医者だった。

第3回公判、青山の母親が裁判所に訪れる。そして名無し権瓶に名前を改めて訪ねると「御手洗真一。17年前姿を消した理由は、篠塚弥生(17歳)に産むことを進めたが、母体は助からず、赤ちゃんだけ救った。自分でなければ、、、絶対に助かったに違いない。何故なら・・・自分は無資格医者(医師免許がない)だから」そのウソに加担したのは看護婦だった青山の母親だった。

スポンサーリンク

被害者はかつて自分が助けた子供

今回の被害者・純は17年前、亡くなった母親から助けた子だった。御手洗は純が住んでいる場所だからこそこの地に住み着いた。

一度目の投石事件のとき、純は「1回目に石を投げたとき断り切れずやってしまった。、しかし御手洗と話して後悔した。間違っているって分かっていて嘘をつきました。」証言する。

この法廷からすべての嘘がなくなった。

 

地裁の裁判官は10年、任期満了後、ほとんどの裁判官は更新されるが、お問題がある人が意外。

みちおはちょうど10年経過しようとする。果たして更新されるのか?

スポンサーリンク

イチケイのカラス相関図とキャスト

相関図はこちらです。

主な出演者になります。

  • 入間みちお 竹野内 豊

  • 坂間千鶴 黒木 華

  • 石倉文太 新田 真剣佑

  • 井出伊織 山崎 育三郎

  • 浜谷澪 桜井 ユキ

  • 一ノ瀬糸子 水谷 果穂

  • 川添博司 中村 梅雀

  • 城島怜治 升 毅

  • 日高亜紀 草刈 民代

  • 駒沢義男  小日向 文世

イチケイのカラス第10話感想

無資格の医者が患者をみるというのは、恐ろしいことですが、もし無医村でどうしても具合が悪いとき、頼っちゃうな。今回の被告人は医師免許とろうとしたかもしれませんが、すでに違反な医療行為をしていたから、受けるに受けられなかったのかな。ドラマの世界ですけどそのようなことを思ってしまいました。

みちおと青山はお似合いですよね~、元同僚という関係だけのようですが。

来週はいよいよ最終回です。みちおと千鶴の関係はどうなるのか?も気になります。

【ネタバレ】イチケイのカラス最終回~みちおは千鶴に黒いカラスの絵を託す
2021年6月7日『イチケイのカラス』最終回のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、常に250件前後の事件を担当するという刑事裁判官は、迅速かつ効率的に事件を処理することが求められますが、そんなことはお構いなしの主人公・入間みちお...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました