【ネタバレ】ひきこもり先生第4話~陽平はまた11年のひきこもりを!?

ひきこもり先生

7月3日(土)『ひきこもり先生』第4話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、11年間のひきこもり生活を経験した主人公・上嶋陽平は、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」を受け持つことになります。複雑な家庭環境、経済苦、クラスの中での居場所のなさ…一筋縄ではいかない中学生の心に深く分け入り悪戦苦闘! 社会とのつながりを模索する大人と、子どもたちの物語。「生きていける場所」を求める日本人へのメッセージを送ります。

第3話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】ひきこもり先生第3話~陽平が新聞に載ってしまう
6月26日(土)『ひきこもり先生』第3話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、11年間のひきこもり生活を経験した主人公・上嶋陽平は、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」を...

スポンサーリンク

ひきこもり先生第4話あらすじ

同級生にいじめられて登校するのが辛くなった生徒に陽平(佐藤二朗)が言った「無理して学校に来なくていい」という言葉が波紋を呼び、学校を休む生徒が続出。

そんな中、ゆいが陽平を訪ねてきた。だが陽平は何も声をかけらず追いかけることもできなかった。だがゆいに会う決心をする。

伊藤和人がSTEPルームに転入してきた。その代わりに奥山がクラスの生徒にいじめられ、警察沙汰の事件をおこし転校した。

いじめゼロ、不登校ゼロを方針に掲げる榊校長(高橋克典)は、教育委員会の聞き取り調査を受ける陽平に「この学校にはいじめがない」と証言するように迫る。生徒の将来にならないと説得された陽平は、教育委員会にうそをついてしまう。

陽平はゆいとの待ち合わせ場所へ行った。だが学校で嘘をついたことで言いたいことを言えず、翌日から学校に行くことができなかった。

STEPルームの生徒は陽平が学校から嘘をつくように言われ、引きこもりに戻ってしまったことを知る。

スポンサーリンク

陽平が再び引きこもりに・・・

陽平は苦しんでいた。。。一度元に戻ったのに、また引きこもってしまったことに、大きな叫びをあげ苦しんでいた。陽平は、ヨーダ君に助けを求める。ヨーダ君は翌日陽平に会いにきた。だがヨーダ君は余命宣告を受けていたことを告白する。

「ひきこもりが先生なんてすごい。上嶋氏には時間があるじゃない。」

 

深野は、STEPルームの生徒に、上嶋先生は体調壊したのは、「この学校にいじめはない」と言ったから、学校の都合上言わされたと思ってます。自分も学校の都合で言えなかったと謝罪する。

STEPルームの生徒は上嶋の家にみんな集まり全員が上嶋に

「ありがとう、来なくていいよ!先生、ありがとう、ありがとう」

翌日、陽平は学校へ行く。

校長に

「僕は子供たちのために戻ってきました。子供たちが安心できる中学校にしたいんです」

 

スポンサーリンク

ひきこもり先生キャスト

メインキャストの紹介になります。

上嶋陽平(佐藤二朗)

磯崎藍子(鈴木保奈美)

深野祥子(佐久間由衣)

依田浩二(玉置玲央)

堀田奈々(鈴木梨央)

上嶋美津子(白石加代子)

西村順子(室井滋)

榊徹三(高橋克典)

ひきこもり先生第4話感想

生徒たちが、陽平に「ありがとう、ありがとう」と連呼するところは涙腺崩壊しました。ひきこもりになる人は、きっと感度がとても高くて、繊細なんだろうと陽平をみてそう思いました。生徒が苦しんでいるのに嘘をついてしまうのは相当辛かったのだと思います。

佐藤二郎さんの演技は、命削っているじゃないかと思うぐらい芯に迫ってますよね。陽平を演じられるのは佐藤さんしかいないじゃないかって思います。

でも学校が気持ち悪かったら、社会人も会社が気持ち悪かったら、、、やっぱり行かないことで救われるんだと思います。。。

よーだ君、せっかく恋して働こうとしていたのに、余命宣告を受けてしまうなんて。。。辛いですよね。上嶋氏に言った「時間がある」重みが違います。。。

来週は最終回です。陽平はゆいちゃんとちゃんと向き合えるでしょうか。。あらすじはこちらです。

【ネタバレ】ひきこもり先生最終回~陽平は不登校生徒のために卒業式を!
7月10日(土)『ひきこもり先生』最終回のあらすじとネタバレを追加します。 このドラマは、11年間のひきこもり生活を経験した主人公・上嶋陽平は、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒が集まる特別クラス「STEPルーム」...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました