【ネタバレ】ドラマ警視庁ひきこもり係~《ワケあり》5人が 奇跡を起こす!!

2021年スペシャル

2021年8月5日(木)夜8時テレビ朝日系放送の『警視庁ひきこもり係』のあらすじとネタバレになります。ひさしぶりにコタロー君(コタローはひとりぐらしの主人公)を見ることができました。

このドラマは、 滝藤賢一主演の《かつてない刑事ドラマ》との事、たしかに聞いたことがありません。チーム全員がひきこもり、もしくは、ひきこもり予備軍だそうです。携帯のテレビ電話を活用して、完全リモート捜査で事件の真相に迫っていくそうです。

チーム全員が引きこもりですがキャストが豪華です。山本舞香さんは、元ハッカー、戸塚純貴さんは元陸上の代表選手で怪我によって挫折、富田靖子さんは元科捜研で、介護をきっかけに社会から孤立してしまった、《ワケあり》です。でも引きこもりの方はパワーがあるように思います。

スポンサーリンク

警視庁ひきこもり係あらすじ

武蔵野中央署生活安全課総務2係、人呼んで「ひきこもり係」に新人刑事の草壁栄次(戸塚純貴)が異動してきた。定年して3年経つ元ベテラン刑事の花房等(高田純次)が警視監から依頼されて作った寄せ集め部署で、元ハッカーで基本は漫画喫茶にこもっている百田桜(山本舞香)、元科捜研で今は母親の介護で自宅にこもっている家藤時子(富田靖子)ら、ひきこもりばかりが集まっていた。極めつけは、ひきこもり係のキャップ、引谷太郎(滝藤賢一)の全員5名。
 
そんな中、大手IT企業「マウンテン」代表・山岸凌平が絞殺され、土下座の格好で遺体が発見される。その男は、少し前にひきこもり班が対応した婚約者を探して欲しいと今井純奈(北香那)の彼氏だった。山岸は偽名を使って複数の結婚詐欺を働いていたことがわかった。そして山岸の会社の顧問弁護士だった浅見麻里の遺体も発見される。
 
その2つの殺人事件に町田和也(須賀健太)が近くの防犯カメラで映っていたが、その和也も飛び降り自殺!?和也は今井純奈の兄だった。2人の父親が18年前、山岸と浅見の不当な手段で会社をタダ同然で奪われ自殺していた。さらに純奈は山岸と付き合っているとき盗撮被害にあっていた。和也には動機があった。
 
しかし和也は自殺ではなく、山岸の会社の競合で大手IT企業「福々」の代表・福富豊(正名僕蔵)によって嵌められていた。福冨もまた盗撮で荒稼ぎしていた。町田和也は福冨によって妹の盗撮動画をネットにばらまくと脅され、遺書を書き、飛び降りていた。
だが発見が早く一命を取り留めていた。
 
山岸と浅見を殺害したのは福冨で、完璧なアリバイとされた生配信は録画だった。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

警視庁ひきこもり係あらすじ

かつて代表にも選ばれた陸上の選手で刑事課に所属していた草壁栄次(戸塚純貴)は、事件で負った怪我が原因で戦力外通告を受け、部署を異動。やってきた先は、働き方改革が進められる中、万年人手不足の問題を抱える警察の各部署のサポートのために作られた、武蔵野中央署生活安全課総務2係、人呼んで「ひきこもり係」だった! 
 
そこは、定年して3年経つ元ベテラン刑事の花房等(高田純次)が警視監から依頼されて作った寄せ集め部署で、元ハッカーで基本は漫画喫茶にこもっている百田桜(山本舞香)、元科捜研で今は母親の介護で自宅にこもっている家藤時子(富田靖子)ら、ひきこもりばかりが集まっていた。極めつけは、ひきこもり係のキャップ、引谷太郎(滝藤賢一)。いつからか署に住みつき、部屋にひきこもり続け…署内でも謎の存在となっている。
 そんなひきこもり係に、行方不明になった婚約者を探して欲しいと今井純奈(北香那)がやってくる。時を同じくして、大手IT企業「マウンテン」代表・山岸凌平が絞殺され、土下座の格好で遺体が発見される事件が発生。刑事課強行犯係の高瀬美幸(野波麻帆)らが追っていたこの事件に、花房の手回しでひきこもり係も捜査で加わることに。引谷と草壁は、捜査資料にあった山岸の写真を見て驚く。名前は違うが、純奈が探していた婚約者だったのだ! 山岸は偽名を使って複数の結婚詐欺を働いていたことがわかった。
 

スポンサーリンク

水の配達業者の町田和也が被疑者に

そんな中、事件当日の現場付近に停まっていた車のドライブレコーダーから、山岸の殺害現場の公園から慌てて出てくる男を見つける。男の左手首のヴィンテージブレスレットを見た引谷たちは、純奈が働く保育園に出入りしている水の配達業者の町田和也(須賀健太)が付けていたものと同じものだと気づく。
草壁は美幸ら強行犯係と共に和也の勤め先に向かうが、和也は昔の知り合いの悪徳弁護士に会いに行くと言ったまま、行方が分からなくなっていた。
 
その矢先、山岸の会社の顧問弁護士だった浅見麻里の遺体が発見される。山岸同様に麻里の遺体も土下座の格好をしており…。防犯カメラから、麻里は亡くなる直前にバーで和也と接触していたことが判明。美幸は容疑が濃厚となった和也を追うが、引谷は和也の犯人説に引っかかり、もう一度防犯カメラの映像を見直す。すると時子がガラスに写る顔を見つけ解析したところ、山岸の会社の競合で大手IT企業「福々」の代表・福富豊(正名僕蔵)だった。
 
だが、福富は山岸や麻里の殺害を否定、山岸の殺害時刻には会社説明会の生配信を行っていたアリバイも証明する。さらに福富は、和也が山岸を恨んでいたと思わせる過去の関係を話し始める。和也の父親が18年前、山岸と浅見の不当な手段で会社をタダ同然で奪われ自殺していた。
 

スポンサーリンク

町田と純名は兄妹だった

町田和也の居場所が分かったが、ひきこもり班は、桜も時子も草壁もそれぞれの事情で現場にいくことができなかった。
最悪にも町田和也の遺体が見つかった。父親の復讐で2人(山岸と浅見)を殺害したのは自分で、責任をとって飛び降りると書いた遺書もみつかった。
 
町田は自殺する前、大崎南署に、草壁に会いにきていた。それは草壁が見栄で渡した名刺で結局会えなかった。引谷は町田は草壁に何かを預けようとしていたのではないか?草壁は町田の遺体発見場所あたりを探すと町田のブレスレットがみつかった。
 
町田は、亡くなる前、盗撮動画のことで浅見と話していたことがわかった。純名は山岸によって盗撮されており、それが闇サイトで販売されていた。盗撮されている側は気づきづらい。この盗撮動画には福富も同じく荒稼ぎしていた。
町田和也の妹が、今井純奈だった。
純名は福富を次に狙っている可能性がある。
 
福富は、ビジネスがうまくいっておらず、盗撮ビジネスで稼いだお金で補填していた。妹の盗撮動画を削除する代わりに、和也は遺書を書いて飛び降り自殺をしていたが、ブレスレットの盗聴を残した。
 
町田和也は生きていた!飛び降りた後、かすかに息があり一命を取り留めており意識を取り戻した。
福富は逮捕された。
 

スポンサーリンク

警視庁ひきこもり係キャスト

公式ページから参照しています。

引谷太郎(ひきたに・たろう) 滝藤賢一

武蔵野中央署生活安全課総務2係、通称「ひきこもり係」のキャップ。元公安部の警察官。いつの頃か署に住み着き、私物化した部屋にずっとひきこもっている。捜査でも一歩も部屋から出ることなく、すべて携帯のテレビ電話越し。だが、冷静沈着で洞察力が鋭く、その実力は確か。

百田桜(ももた・さくら) 山本舞香

武蔵野中央署ひきこもり係所属。元ハッカー。IQが高く、SNSで100個以上のアカウントを使いこなし、全フォロワーを足したらその数1億人。パソコンやSNSを駆使し、並外れたリサーチ力を持つ。不愛想で、基本は漫画喫茶にこもってリモート。

草壁栄次(くさかべ・えいじ) 戸塚純貴

武蔵野中央署ひきこもり係所属。かつては代表にも選ばれた陸上の選手で刑事課に所属していたが、事件で負った怪我が原因で、リハビリの甲斐なく入庁5年で戦力外通告を受ける。ひきこもり予備軍ではあるものの、唯一外に出て捜査を行える貴重な存在。

家藤時子(いえふじ・ときこ) 富田靖子

武蔵野中央署ひきこもり係所属。元科捜研。寝たきりの母の介護のため休職し、いつしか介護中心の生活となってひきこもるようになっていた。現在も基本は自宅からリモートで、たまに署に来た際も常に帰宅時間を気にしてばかりだが、その解析力は確か。

花房等(はなふさ・ひとし) 高田純次

武蔵野中央署ひきこもり係の嘱託署員。現役時代は数々の難事件を解決したベテラン刑事で、3年前に定年退職。警視監から依頼され、ひきこもり係のワケありメンバーを集めた張本人。一人ひとりをよく理解しており、見守る。フットワーク軽く、他部署から捜査資料を調達してくることも。

警視庁ひきこもり係感想

引谷の息子は、コタロー君ですよね!『コタローは一人暮らし』でもコタローの父親は滝藤賢一さんだったのですよ。相変わらずコタロー君はかわいかったな。。。(違う役柄だけど)

ひきこもり係の4人は、とても繊細でやさしい方達でした。行き急ぐ世の中で、立ち止まってゆっくり生きていくことも大事だなって思います。

でも盗撮か、、、若い子たちは気を付けてほしいです。どこに罠があるかわからないし、盗撮だから撮られている本人は気づいてないってひどすぎる、今回のドラマのように気を許した彼氏によって盗撮されるなんて、なんて嫌な世の中だろう。

また『警視庁ひきこもり係』第2弾待ってます!!とても面白いと思いました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました