【ネタバレ】いいね!光源氏くん2第1話~打ち上げ花火と共に戻ってきた!

いいね!光源氏君

2021年6月7日スタートの『いいね!光源氏くん しーずん2』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、源氏物語の世界から次元ジャンプして現代に迷い込んだ光源氏(千葉雄大)と、彼をひとつ屋根の下で養うはめになった自己評価低めのこじらせ系OL沙織(伊藤沙莉)が繰り広げるドキドキ同居ラブコメディーのシーズン2です。し~ずん2では、源氏物語で光が愛でている紫の上までもが現代に次元ジャンプしている疑惑が持ち上がり、沙織は気が気でなくなっていきます。さらにそんな沙織に、アメリカ帰りの同僚が猛アプローチ!?果たして、光と沙織、ふたりを取り巻く面々のその後はどうなるのか?

2人の純粋なラブコメディが楽しみです。

スポンサーリンク

いいね!光源氏くん2第1話あらすじ

打ち上げ花火を1人寂しく見上げる沙織(伊藤沙莉)のもとに、舞い戻ってきた光源氏(千葉雄大)。その日から再び2人のドキドキな同棲(どうせい)が始まる。思い出を忘れるため新居への転居契約を済ませていた沙織だったが、まさか光が戻ってくるとは思ってもみなかったため、以前の物件よりも狭いワンルームマンションで、光との密着度高めの暮らしが始まることに。

中将(桐山漣)やカイン(神尾楓珠)や詩織(入山杏奈)は光の帰還を喜び、引っ越しを手伝ったりしながら、光と沙織の恋の行方を微笑ましく見守っていた。

ところが、沙織の職場で、彼女に好意を寄せるニューヨークから戻ってきた同期の男・一条(一ノ瀬颯)はが現れると、光と沙織の関係はにわかにぎくしゃくし始める。

さらに、安倍課長(小手伸也)が通い始めたという和歌教室には「紫」と名乗る美女講師がいることがわかり、沙織は彼女が光の妻・紫の上なのではないかとあせり始める。

スポンサーリンク

いいね!光源氏くん2キャスト

メインキャストの公式による紹介です。

光源氏(千葉雄大)

紫式部が書いた源氏物語の主人公。架空の人物で、平安時代の皇子の設定。その美しい容姿から世の人に「光の君」と呼ばれ数多の女性と恋愛を謳歌していたが、ある醜聞沙汰で都落ちするはめになり須磨へ向かう途中、現実の令和の世界へ次元ジャンプしてしまう。

藤原沙織(伊藤沙莉)

メーカーの企画営業部に務める真面目なOL。半年ぶりに帰ってきた光源氏との同居生活を再開させるが、恋愛面への自信のなさや、将来への不安が邪魔して関係を発展させる事が出来ない。同期の一条から好意を寄せられていて、突然のモテ期にドギマギしている。

中将(桐山漣)

源氏物語の登場人物で、光の義兄。当初は頭中将だが、のちに三位中将に官位が上がる。周りからちやほやされる光に対抗心を燃やし、光の恋の競争相手になろうとするが良き親友でもある。都落ちした光を励まそうと須磨へむかう途中、異変に遭遇する。 ※「漣」は正しくは「さんずいに連」

藤原詩織(入山杏奈)

沙織の妹で、美貌を生かしてキャバクラでバイトしている大学生。しっかり者の沙織にくらべ一見ちゃらんぽらんに見えるが、実は繊細な面もあり、恋に奥手な沙織を心配して何かと背中を押そうとする。

スポンサーリンク

カイン(神尾楓珠)

詩織の友人で、ホストクラブに勤めている。金持ちのボンボンでハリネズミのペットを飼いながら広い家に住んでいて、沙織の狭いマンションで対処しきれないところを手助けする。

一条融(一ノ瀬颯)

ニューヨーク研修から帰国した沙織の同期。帰国子女であり、感情が高まると英語を口走る癖がある。 大らかかつ自信に満ち溢れた性格で、沙織に対して人目を気にせず猛アプローチしてくる。

紫の上(紺野彩夏)

「源氏物語」のヒロインの一人であり、光源氏が最も大切にした女性。 須磨に都落ちした光源氏の帰りを京で待っているはず、だが……

安倍課長(小手伸也)

沙織の職場の上司。独身で婚活しているのでOLたちの恋愛談議に興味津々だが、中年の照れがあって、なかなか輪の中に入り込めずにいる。

いいね!光源氏くん2第1話感想

安倍課長(小手伸也)と光(千葉雄大)の和歌バトルがすごかったです。沙織の会社同僚の一条は沙織狙いのようですが、沙織は全く気付いてません。光のほうがやきもきしていて、今週末まで持つかな。。。

光君は沙織には手を出せないんですよね。平安時代では何人も女性をとっかえひっかえしてますが沙織には自分の思い通りにいかないでモンモンとしています。しーずん1ではもっと2人でいる時間が増えるといいですね。

第2話のあらすじがはこちらになります。

【ネタバレ】いいね!光源氏くん2第2話~熱をだす光を看病する沙織
2021年6月14日スタートの『いいね!光源氏くん しーずん2』第2話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、源氏物語の世界から次元ジャンプして現代に迷い込んだ光源氏(千葉雄大)と、彼をひとつ屋根の下で養うはめになった自己評価低め...

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました