【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕第2話~予備校の先生を殺害したのは生徒!?

樋口顕

2021年1月22日『警視庁強行犯係 樋口顕』第2話「蹉跌」のあらすじとネタバレになります。蹉跌とは、物事がうまく進まず、しくじること。の意味です。

この刑事ドラマは、警視庁捜査一課強行犯係の樋口顕(内藤剛志)を中心に、樋口の盟友で生活安全部少年事件課の氏家(佐野史郎)と、樋口の上司・天童(榎木孝明)が真摯に事件と向きあい事件を解決していきます。いままでこのシリーズは単発だったのですが、初めての連続ドラマになります。内藤剛志さんは「捜査一課長」のイメージも固まってきましたが、正義の固まりのような役です。

「刑事は、ヒーロじゃない。」というキャッチコピーには、樋口顕を演じる内藤剛志本人が思う“樋口像”を反映し、「どこにでもいる男であり、刑事だからといって絶対的なヒーローではない」からきています。

第1話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕第1話~刑事はヒーローじゃない!
2021年1月15日夜8時スタートの『警視庁強行犯係 樋口顕』第1話「正義」のあらすじとネタバレになります。 この刑事ドラマは、警視庁捜査一課強行犯係の樋口顕(内藤剛志)を中心に、樋口の盟友で生活安全部少年事件課の氏家(佐野史郎)と、樋口...

『警視庁強行犯係 樋口顕』の見逃し配信はU-NEXTです。31日間は無料ですのでもし見逃したかたは、こちらから見ることができますよ。

U-NEXT

スポンサーリンク

強行犯係・樋口顕第2話ねたばれ

進学塾講師・杉山(若林久弥)が殺害された。事前に言い争いしていた元教え子の村上颯太(今井悠貴)が目撃されていた。颯太は塾の講師を手伝っていた。そこの生徒が親が裏口入学させるために300万円支払っていたことを相談していた。

颯太は杉山を追い詰めると黒幕は、颯太が最も慕っていた予備校講師の笠井(忍成修吾)だった。中学受験に失敗し志望する大学の合格圏内にいる生徒を狙って11軒の詐欺をしていた。笠井が仲間割れで杉山を殺害していた。

颯太は自分自身も知らない間に裏口入学していた経験があり被害にあった生徒をほうっておけなかった。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

強行犯係・樋口顕第2話あらすじ

廃ビルから、進学塾講師・杉山(若林久弥)の刺殺体が見つかる。杉山は近くの路上で若い男と口論の末、刺されていた。樋口(内藤剛志)班の調べで、加害者は村上颯太(今井悠貴)という杉山の元教え子だと判明。樋口は生活安全課の氏家(佐野史郎)と捜査を開始。

杉山が村上におって刺された後、2人ともその場を立ち去っていた。颯太は、1年前文科省の収賄容疑がかかった局長の息子だった。そのことを同級生からからかわれ、殴ってしまい大学を退学していた。

村上が慕っていた予備校講師・笠井裕一(忍成修吾)に話を聞くと、村上は杉山を怖がっていたと打ち明ける。成績が悪い生徒にむかって「おまえは失敗作だ!」とか平気で言う先生だった。

そこに東洋新聞記者・遠藤貴子(矢田亜希子)に出くわす。貴子もまた予備校がらみの事件を調べていた。

スポンサーリンク

殺害された杉山は裏口入学の詐欺

殺害された杉山は闇金業者に500万円の借金をしていた。闇金に確認すると杉山は最近金回りがよかった。杉山の携帯の着信履歴をみたところ、昔予備校にかよっていた青沼雄介と西岡圭太の名前が

青沼と颯太が道中で言い争いをしていた。藤本達が出くわすが逃げられてしまう。青沼の自宅に家宅捜査すると杉山が勤める北青山ゼミナール進学塾の生徒たちの成績表や受験結果が記載されたリストがあった。

颯太は中学受験を失敗した生徒が集まる高村塾で塾長の高村 周(春風亭昇太)の講師の手伝いをしていた。颯太は自分の失敗の経験を生かし生徒たちの悩みを率先し聞いていた。浅野という生徒が颯太に何やら相談していたことがわかった。「俺の二の舞にさせない」と颯太は言っていた。

樋口と氏家は浅野君と母親に話を聞くと、達郎が志望する大学の理事から裏口入学を持ちかけられていた。その男が青沼であり詐欺だった。

殺害された杉山は、青沼達とグルになり、中学受験に失敗し、その後北青山ゼミナールに通っていた生徒の親を狙っていた。それも生徒たちは全員合格圏内にいるためバレるわけない。

颯太が慕っていた笠井が犯人

青沼の部屋からは、時間割表があった。1つは杉山の青山ゼミナールの時間割り、もう一つは大学予備校の時間割だった。

樋口は、東洋新聞記者・遠藤から、裏口入学の話が持ちかけられたのは全員、北青山ゼミナールの池袋校だった。

颯太は慕っていた笠井に会う。杉山を襲ったときに黒幕は笠井だと聞いていた。青沼からもそのように聞いていた。颯太は被害者の方達にお金を返してほしいと懇願するが、嘲笑う。ナイフで颯太を襲うが、そこに樋口達がきて逮捕

杉山を殺害したのは笠井だった。笠井が黒幕で11軒、3,300万円の詐欺を働いていた。

樋口と氏家は颯太の事情聴収をする。颯太は自分の実力で大学に入学できたと思ったが父親から自分も裏口入学していたときく。

信頼する氏家に裏切られていた颯太に樋口は、「君は失敗作なんかじゃない、君は人を思いやることができる優しい人間だ。罪をつぐなったら高村塾に戻ってこい、またやり直せる」

スポンサーリンク

強行犯係・樋口顕・キャスト

樋口 顕・・・内藤剛志 

遠藤貴子・・・矢田亜希子 

樋口照美・・・逢沢りな 

菊池和馬・・・佐野岳 

藤本由美・・・片山萌美 

中田裕之・・・小松利昌 

吉崎 衛・・・斉藤暁 

樋口恵子・・・川上麻衣子

天童隆一・・・榎木孝明 

氏家 譲・・・佐野史郎

強行犯係・樋口顕第2話感想

中学受験を失敗し、高校受験で頑張ろうとしている生徒の親に裏口入学を持ちかけるなんて、ドラマの中の話ですけど、子供のことを考える親からするとやっぱりお金出しちゃうのかな。。。お金なければ出せないと思うけど。

いまの詐欺はだんだん巧妙になっていて、人の善意を裏手に取って、人間不振になりますよね。お金を支払うときは十分気を付けましょう。

颯太は殺害された塾の先生に「おまえは失敗作だ!」と言われ傷ついて中学受験を失敗したというシーンがあったのですが、超パワハラ!樋口が最後に、それを全否定して颯太を認めていて激しく同意しました(笑)ドラマの世界ですけどやっぱり人に言ってはいけない言葉がありますよね。

次回第3話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕第3話~乃利子(壇蜜)の不倫相手が殺害!? | 刑事ドラマWalkers (arafifblues.com)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました